読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

「今すぐ仕事を辞めたい人」で検索した人が取るべき行動

セクハラや人間関係、仕事でのミスなど様々な理由で「今すぐ仕事を辞めたい」と思うことはあります。ですがその感情は一時的なものかもしれません。 もし辛いことがあって今だけ辞めたいと思っているのなら、衝動に駆られて行動することは辞めるべきです。 …

仕事を辞めてから転職活動をするメリット・デメリット

転職活動は仕事を辞めてから活動する方法と、仕事を続けながら活動する方法の2種類があります。この記事では、仕事を辞めてから転職活動をするときのコツと注意点を紹介します

出張が多い営業は辛い。色々な意味でとにかく辛い

出張が多い営業は辛い、特に既婚者で子供がいると精神的な辛さが出てきます。 さらに、子供が産まれたばかりだと奥さんも一人で子供を見ないといけなくなり、お互いに辛くなってしまうことさえあるのです。 本当は出張のない仕事に転職したいけれども、生活…

「人間関係が嫌で仕事辞めたい」と退職するのは逃げなのか

「人間関係が嫌で仕事を辞めたい」そう思うほど人間関係が辛いのなら、すぐにでも退職するべきです。 一度こじれた人間関係を改善するのは容易ではありませんし、ひどいケースだと相手に改善する気が全くないこともあります。 また、人間関係が問題になるの…

転職してすぐ辞めたいと思うのは無責任?試用期間中に退職すると職歴になるのか

前職の経験が生かせると思い転職をしたけれど、思っていた仕事内容と違っていた。入社してみたら人間関係が劣悪でとても耐えられない。サービス残業が当たり前だった。など、転職してすぐに辞めたいと思うのは、どうしても我慢できない理由があるからです。 …

職場で感じる人間関係のストレスを軽減する2つの考え方

職場の人間関係で悩んでいる人は大勢います。その証拠に職場で感じるストレスの第1位が「同僚との人間関係」第2位が「上司が口うるさい」です。 なので、自分だけが悩んでいるとは思わないでください。心理学者が「世の中の悩みは突き詰めれば全て人間関係に…

35歳以上の転職で大切な5つのこと

50代に入り役職定年を迎えると、課長や部長と言った肩書が外され給与が大幅に下がります。企業によっては75%~50%にまで下がるところもあるようです。 今は65歳まで継続雇用されるようになりましたが、それでも60歳を超えると定年を迎え「嘱託」として再雇…

10代で仕事を辞めたい人が知っておくべき4つのこと

社会人になったばかりのころは、学生のころとは違う先輩や上司との人間関係が嫌になることもあります。特に入社して1年目は、慣れない環境に仕事を辞めたいと思うものです。そして追い打ちをかけるのが、同居している親の言葉「甘えないで仕事に行け」です。

未経験で営業から経理に転職するには。簿記1級を取得する意味はあるのか

ノルマがきつい、社内でも調整、社外でも調整をしないといけない、仕事の量が多く残業続きで辛い、と言った理由で営業を退職し、違う職種へ転職したいと考える営業は大勢います。 そのほとんどが「次はノルマが無く定時で帰れる仕事」に就きたいと考えますが…

転職して半年で辞めたくなるのはなぜ?辞める前に考えてほしいこと

勤め始めて3ヶ月、半年たつと仕事を辞めたいと思う人が多くなります。3の倍数で退職者が増えるというのは、よく聞く話です。 実は一番辞める人が多いのは入社して3ヶ月です。丁度試用期間が終わって仕事の内容が変化する時期なので、変化に馴染めず辞めてし…

契約期間内だけど派遣の仕事が難しいから辞めたい!退職理由は?

派遣社員は正社員と違い「期間の定めがある」雇用契約になっています。 そのため「契約期間が満了するまで」仕事を続けるのがルールです。 でも中には、最初に聞いていた仕事と違ったり、想像していたよりも仕事が難しかったり、職場に馴染めなかったり、と…

工場の夜勤は辛い。向いていないのなら辞めた方が良い

夜9時から朝6時まで、本来なら寝ている時間に起きて仕事をする夜勤は本当につらく、きついです。 面接のときは「そのうち体が慣れる」と言われてやる気になっていたけれど、いざ働きだしたら眠くて仕方がない。 そういった理由から辞めたくなるのはよくある…

36歳を超えても転職は無理じゃない!仕事探しのコツを紹介

一昔前まで言われていた「35歳の壁」はすでに崩壊しました。 法改正で求人に年齢の上限を設けることが原則出来なくなり、30歳以上の転職希望者と求人企業の接する機会が多くなったのも理由の一つです。 また、大手企業では能力が高く仕事のできる人でも、55…

のんびりした性格に向いている仕事。仕事の適性を調べる方法。

のんびりした性格に向いている仕事を聞くと、結構面白い仕事を紹介されますよね。 例えば、暇な駐車場の管理人とか、暇なお店、暇な工場、暇な公務員、暇な…。と、頭に「暇」を付けた普通の仕事。 これって「のんびりした性格」に向いている仕事じゃなくて、…

どうしても仕事を辞めたい時に。引き留められにくい退職理由

「ノルマのプレッシャーがきつい」「給与が歩合制で最低ラインでは生活できない」「毎日の帰宅時間が遅い」「土日も仕事で休むことが出来ない」「頑張っているのに成果が出ない」と言ったストレスが2つ以上重なると、どうしても仕事を辞めたいと思ってしまう…

サラリーマンはリスクが低い?今はサラリーマンも安心できないハイリスクな時代

高校や大学を卒業すると、約97%の人が就職し、サラリーマンやOL、キャリアウーマンとして働き始めます。 97%もの人が就職するってすごいと思いませんか? 恐らく大した疑問も持たずに就職することを選んでいるはずです。 両親も兄弟もみんな就職して働いて…

コピー機の営業を辞めたい。OA機器業界の離職率が高い原因は飛込み営業

OA機器業界の営業は離職率が高いことで知られています。 特にコピー機の販売は、新規開拓のために飛込み営業をすることが多いようです。 今は会社訪問のセキュリティが強化されていることも多く、嘘か真かコピー機を売るために受話器に手を縛り付けてアポ取…

異動が辛くて仕事を辞めたい人の前にある「3つの選択肢」

日本では、社員をどの部署で働かせるかを会社が決めます。 たとえ「経理」や「総務」がやりたいと思い転職しても、適性なしと判断されれば「営業」に回されることもあるのです。 その理由は、古くからある「男は外で、女はうちで」の考え方に根付いています…

いきなり会社を辞める!?やむを得ない理由が無いなら、いきなり辞めるべきではない

上司から理不尽に怒られたり、仕事が面白くなくて今すぐにでも仕事が辞めたいと思うことがあります。 ぼく自身、会社に行くことが辛く毎日辞めたいと思っていた時期がありました。 いきなり会社を辞めるのは迷惑がかかるから難しい、そう思うかもしれません…

「あと1年で仕事を辞める」と決めてからやるべきこと

長時間労働、安い賃金、評価されない仕事。 そんな現実を目の当たりにし、今の仕事に可能性を見いだせなくて転職を考えていたとしても、中々行動に移せないもの。 そんな時は、「あと1年で仕事を辞めて転職する」と期限を区切ることで、自分の意思を固めるこ…

仕事でストレスが限界!もう辞めたい!と思ったときの対処法

仕事でストレスを感じる原因の多くは、上司や同僚との人間関係にあります。 また、長すぎる残業や休日出勤、その結果プライベートの時間が無くなることもストレスの原因となっています。 仕事のストレスが原因で今すぐにでも解放されたいと考えるのなら、転…

仕事が長続きしない理由と4つの働き方

仕事が長続きしないのには理由のほとんどは、職場の人間関係・仕事内容・本人の性格の3つに分けられます。 意地悪な上司がいる、仕事が面白くない、飽きっぽいなどですね。 当然解決策としては、「長続きしない」から「長続きさせる方法」を考えるべきですが…

仕事が辛くて辞めたいなら、自分に合った仕事見つけて環境を変えよう

自分では努力し頑張っているつもりなのに、上司からの叱責が絶えず同僚からも馬鹿にされている気がする。そんな職場で働いていたら仕事が辛くて辞めたくなりますよね。 状況を改善するには仕事で結果を出し、周りを見返すのが一番ですが、努力し頑張っている…

新卒は3年以内で3人に1人は退職する!?3年勤めれば市場価値が高くなる事実

売り手市場が続いていますよね。 ニュースでも「売り手市場で余裕」と言う言葉が見られることもあり、うらやましいと思うのが本音です。 さて、興味本位で新卒者の離職率を調べてみたのですが、大学卒の新入社員の内3人に1人は、入社後3年以内に退職している…

営業が辛いと感じる理由。適性が無いなら転職も考えよう

営業は肉体的にも精神的にも辛い職業。 新卒者の9割が「営業にはなりたくない」と言っているほどですから、そのイメージもきっと辛いものなのでしょう。 さて、営業は辛いと言いますが、具体的にどんなことが辛いのでしょうか。

「営業は嫌だ!」と思われる3つの理由

営業職はきついイメージが浸透しているようで、なんと大卒者の9割が「営業は嫌だ!」と考えているそうです。 実際の営業はと言うと、想像からそれほど遠くない環境がほとんど。 ノルマはきつく残業も多い、断られることは当たり前で頭も下げてばかりです。 …

ノルマなしの営業でも目標はある。目標さえない会社に転職するのは危険。

ノルマなしの営業は存在します。 ぼくの職場がそうでした。 営業個人のノルマは一切なし。 営業部署でもノルマは一切なし。 たとえ売上が未達でも咎められることさえありません。

求人の募集条件を満たしていなくても諦める必要はない

求人の募集条件を見て、応募するのを諦めたことありませんか? 例えば経理なら、日商簿記2級以上、経験3年以上を求める求人が多くありますし、エンジニアならCAD経験者、金型設計経験者などがあります。 それ以外にも、びっくりするほど細かい条件が書かれて…

今の会社で出世できるかを確認する方法。客観的に自分を見ることが大切

今の会社で出世できるかどうかを確認するには、自分を客観的に見る必要があります。 また、想像力を膨らませて、10年後20年後の自分がどうなっていそうかを考えることも大切なことです。

好きな仕事を求めて転職するのは20代まで

好きな仕事がやりたい、やりがいのある仕事に就きたいと、目的を「好きな仕事をやること」として転職する人がいます。 この考え方、ぼくは大好きです

転職の面接は複数の会社を平行して進めよう

在職中に転職活動を進めるとき、ネックになってくるのが面接ですよね。 まだ退職していませんから、面接に行く時間を確保するのもなかなか大変です。 つい今の仕事を優先して、1社ずつ面接を受ける人も多いのではないでしょうか。

退職すれば今の仕事は関係ない?転職したら頑張るはNG。今の仕事も全力でやろう。

「明日から本気出すから」 と、まるで「今の自分は全力じゃない、中途半端に仕事をしているから結果が出ないんだ」そう言いたいかのように話す人がいます。 同じように、退職したら今の仕事の結果は関係ないからと、あからさまに手を抜く人もいます。

仕事を続けるか転職するか、判断するには営業利益と経常利益を見よう

キャリアアップするために転職を考える人は大勢います。 確かに転職はキャリアアップをするのに有効な手段ですが、当然リスクもありますよね。 転職した結果、キャリアップ出来ないかもしれませんし、思っていた以上に収入が下がってしまうこともあります。

残業する理由が生活費なのは大問題だ。

エンジニア向け「fabcross for エンジニア」が3月2日、残業に関するアンケート調査の結果を発表しました。 政府が働き方改革を掲げ、長時間労働是正に動いていますが、実際に働いている人たちの意識は少し違うようです。

部下の育成は上司の仕事?部長が言った一言で思うこと

部長として転職してきた方がこんなことを言っていました。 「前職で俺は何度も上司に進言したんだ。俺の代わりを育てないと大変なことになる。とな」

有効求人倍率は高いときはキャリアアップ転職のチャンス

有効求人倍率が1.43倍とかなり高い数値になっていますよね。 正社員の有効求人倍率は0.92倍で前月と同水準らしいです。 この有効求人倍率をみると、正社員が1倍を下回っているということは、それほど人材の不足感は無いようにも思えます。

頑張っても評価されないのは当たり前。会社が必要とする人材とは

部長と人事評価の話をしていて感じたことがあります。 部長はこう言いました。 「結果が出ていない人でも、頑張っている過程を評価してあげないといけない」 頑張っている過程を評価してくれるなんて、部下としては嬉しい限りです。 売上が未達でも、利益が…

一般事務は今も昔も人気職。売り手市場でも事務職の有効求人倍率は低い

今は求職者が有利に立てる売り手市場です。 有効求人倍率も1倍を超え、人手不足も深刻化しています。 でも、相も変わらず人気の高い事務職は、むしろ人手が余っているそうです。

転職したけど仕事が合わない!?転職のやり直しは出来るのか。

転職に失敗してやり直したいという話は意外と多いようですね。 ぼくも初めての転職で失敗し、数か月で会社を辞めました。 入社したのはいいけれど考えが甘く、仕事をやらせてもらえなかったのです。

仕事の悩み、誰に相談する?上司?同僚?それとも友人?

仕事の悩み、誰に相談しますか? 業務上の悩みや人間関係の悩み、仕事の進めかたなど、人に相談したい!そう思うことは沢山ありますよね。 なのに、男性は誰にも相談せず、自分の胸にしまってしまう人が多いみたいです。

仕事のやる気が出ないから辞めたい!?でも辞められないよね

仕事のやる気が出ないこと、ありますよね。 昨日までは普通に働いていたのに、ちょっとしたことでやる気が無くなってしまう。 例えば、上司の評価に納得が出来ない、やりたい仕事をやらせてもらえないとか。

30代の転職、面接のコツは出来る人を演じること

今働いている会社でどんな面接を行っているか知っていますか? 面接に立ち会ったことが無くても、誰が面接を行っているのかは知っている人が多いはずです。 ぼくの勤め先では人事が面接に出ることはほとんどありません。

未経験職種への転職は年齢が重要。未経験の転職を成功させるには?

営業をやっていると違う職種に転職したいって思いませんか? ぼくの友人にみなし残業で営業をやっている人がいますが、働いても一定額しか残業代が付かなくて辛いと言っていました。

転職のステップダウンとは

転職する理由で多いものに「人間関係への不満」と「給与・待遇への不満」があります。 上司と上手くいかなかったり、正当な評価をしてもらえなかったり、といった不満です。

業務の効率化とコーチング

コーチングは部下の育成について調べたときに良く見られる言葉です。 コーチングと対をなす言葉にティーチングがあります。 簡単に説明すると、コーチングは相手の内側から答えを導き、ティーチングは答えを直接教える方法のこと。

ブラック企業の求人を見破る方法

ブラック企業の求人を見破る方法です。 自分の身を守るためにも求人票は必ずチェックしましょう。

35歳の壁が崩壊しミドル層も転職しやすい時代に

今まで都市伝説のように言われてきた35歳の壁が崩壊しています。 転職者は年間100万人いると言われていますが、そのうちの2割が35歳以上になったのが2013年のこと。

泣くほど仕事が辛い人へ。本当に辛いときは耐えずに逃げてください。

会社に行くのが辛い、仕事に行くのが辛くて仕方がない。 入口までは行けるけど中に入るのが怖い、本当に仕事が辛い。 家に帰ると1人で泣いている。 なんてことありませんか?

通勤時間は片道60分が限界。求人に応募をする前に通勤時間をチェックしよう

通勤時間は短いほうが良い、これは間違いありません。 ぼくとしては片道15分か20分程度の距離がちょうどいいですね。 自動車で移動して大体10㎞~15㎞ほどの距離。

営業からの転職。未経験職種で転職できる職種は限られている

営業はその種類も豊富も様々、それだけにとても面白い職種です。 ちなみに、個人営業・法人営業・店員を経験し、最後の法人営業では無形商品を販売していました。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi