bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

仕事の選び方

経験不問求人は未経験者より経験者が優位。未経験者は自己アピールが重要

未経験の職種や業界に転職しようと思ったら、「未経験可」や「経験不問」と書かれている求人を探しますよね。 ところが、経験不問の求人に申し込んだのに「即戦力を求めている」と言われ断られる方がいるのも事実。求人に書かれている「経験不問」とはいった…

転職を繰り返すと再就職が厳しくなる理由

転職を繰り返すと再就職が難しくなるというのは、昔から当たり前のように言われてきたことです。 なぜ転職を繰り返すと再就職が厳しくなるのは、そこには「何年勤めたのか」と言う見えない要素があります。 ただ転職を繰り返しただけで再就職が厳しくなるこ…

転職年齢限界説とは。年齢で転職が厳しくなる理由

「年齢と共に転職が厳しくなる」 これは昔から言われていることです。 今では25歳、27歳、35歳と転職の限界だと言われる年齢が都市伝説のように語られています。

のんびりした性格に向いている仕事。仕事の適性を調べる方法。

のんびりした性格に向いている仕事を聞くと、結構面白い仕事を紹介されますよね。 例えば、暇な駐車場の管理人とか、暇なお店、暇な工場、暇な公務員、暇な…。と、頭に「暇」を付けた普通の仕事。 これって「のんびりした性格」に向いている仕事じゃなくて、…

仕事が長続きしない理由と4つの働き方

仕事が長続きしないのには理由のほとんどは、職場の人間関係・仕事内容・本人の性格の3つに分けられます。意地悪な上司がいる、仕事が面白くない、飽きっぽいなどですね。 解決策としては「長続きしない」のですから「長続きさせる方法」を考えるべきですが…

「営業は嫌だ!」と思われる3つの理由

営業職はきついイメージが浸透しているようで、なんと大卒者の9割が「営業は嫌だ!」と考えているそうです。 実際の営業はと言うと、想像からそれほど遠くない環境がほとんど。 ノルマはきつく残業も多い、断られることは当たり前で頭も下げてばかりです。 …

一般事務は今も昔も人気職。売り手市場でも事務職の有効求人倍率は低い

今は求職者が有利に立てる売り手市場です。 有効求人倍率も1倍を超え、人手不足も深刻化しています。 でも、相も変わらず人気の高い事務職は、むしろ人手が余っているそうです。

ハローワークでホワイト求人を探すコツ。ブラック求人に引っかからないために

転職を考えたとき、相談先として真っ先に思い浮かぶのがハローワーク、職業安定所ではないでしょうか。 ブラック企業が話題になったとき、ハローワークの求人にも問題があると言われてきました。

仕事選びの基準。仕事を選ぶ上で大切なのは将来をイメージすること。

今の社会は何か仕事をしてお金を稼がないと、生活をしていくことができません。 だから仕事選びの基準はとても大切ななのです。

ライフスタイルで選ぶ働き方

個人の生活スタイルが多様化したことで、働き方もライフスタイルに合わせて選ぶ方が増えてきました。 正社員、契約社員、パート・アルバイト、派遣社員と、様々な働き方がありますが、ライフスタイルに合わせて仕事を選ぶには、雇用形態によるメリット・デメ…

人気上昇中!?Uターン就職、Iターン転職が増加中

東京・大阪など大都市に進学した学生の半数は、地元に戻って就職すると言います。騒がしい都会ではなく、静かで落ち着いた田舎が良いと言う思いは、少しずつ広がりを見せています。

正社員と派遣社員の違い

最近55歳の派遣社員が入社しました。 なぜその年で派遣社員になったのか。前は何の仕事をしていたのか。色々と聞きたいことはありますが、話しかけられないでいます。

会社員として働く事の不思議。「文句があるなら辞めろ」という考え方

正社員として入社すると色々な不思議に出会います。 業務範囲や配属先、転勤や職場の責任などなど。 職場の「なぜ?」を完全自分目線で語ります。

働く理由と仕事の目的

働く理由を考えました。

年齢別平均収入と生涯賃金。平均を知れば自分の位置がわかる

平均の年収や生涯賃金の平均はどんどん下がっています。 平均年収を知れば、自分がどのくらい稼げているのかを知ることが出来ますよね。 知らない方がいいのかもしれませんが...。 年齢別平均年収と生涯賃金を考えたことがありますか?

転職を思いとどまる条件TOP10。その願いはきっと叶わないから転職しよう。

転職を思いとどまる条件TOP10がR25に掲載されていました。見てみると、あぁなるほど、確かにその条件なら思いとどまるかなと言うものばかり。

週休1日制と週休2日制と完全週休2日制。どの制度も土日休みじゃないんだよ。

接客業などのシフト制で働く仕事をしていると平日休みが多いですよね。 平日休みの多い仕事で働いていると、ライフステージの変化に伴って土日休みの仕事に転職したくなることがあります。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi