読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

人の数だけ人生がある。そんな当たり前のことをしみじみと感じた日。

雑記

人の数だけ人生がある

当たり前の事なんですけどね。

人の数だけ人生があるなんて。

でも、そうなんだよな~としみじみ思ったんです。

 

親戚の結構式に行ってきた

結婚式だと新郎新婦の幼い頃の写真から、学生時代、出会いを経て結婚までをアルバムのように音楽に乗せて紹介することが多いと思います。

その写真の流れになんとなーく思ったんですよ。

あぁ、この2人は今まで違う道を歩いてきて、明日からは同じ道を歩いて行くんだな~と。

そんなことを今日仕事中、お昼ごはんを食べながら思いだしたんです。

 

結婚した新婦のお父さんが、式の一月前に病気で亡くなっているんですね。

一月前ですよ。結婚式の。

 

2人が準備をしている時は誰も教えてくれなかったみたいで。

その事実を知ったのはお父さんが無くなる少し前。

それでもこんなに早く別れることになるとは思っていなかったようです。

披露宴の初めに新婦のお兄さんがそう言っていました。

式を延期しようかとも考えた。

でも、お父さんも本当に楽しみにしていたから、延期しないで式を挙げることにした、と。

その決断がどれほどのものかはわかりませんが、一月という短い間に、最愛の人との別れ、そして最愛の人と結ばれる。

人生で一番幸せな瞬間を迎えたのに、そこにいてほしかった人がいない。

うれしいんだけど、きっとすごくさみしいんだろうなと。

そんなことをふと、思いました。

そんな困難を乗り越えて一緒になる2人は、きっと強い絆で結ばれていくんだろうなと。

 

結婚式を祝ってくれた子供たち 

話は変わりますけど式を挙げた新郎に双子の弟と妹がいるんです。

この双子、今から15年の私と嫁の結婚式で花束を贈呈してくれたんですね。

それから一度も会っていなかったんですが、いや久しぶり過ぎてあっても誰だかわからない。

すっかり立派な大人になっていて、びっくりしました。

仕事と子育てに追われあっという間に過ぎた15年でしたけど、この子たちどんな毎日を過ごしてきたのか気にもなりました。

何しろひざまでしかなかった子供が、久しぶりに会ったら大人になっているんですから。

大人になると時間が経つのが早いです。

15年なんてあっという間!

それだけに衝撃的でした。

この2人があの双子かと。

話を聞けば芸能界にスカウトされたこともあるとか何とか。

15年もたつと全く別人ですね。

久しぶり!

なんて言えなくて。

こんにちは。覚えていますか?

そうあいさつしました。

 

人と人のつながり

人生が線だとすると、人と人のつながりって点でしょうか。

結婚式の日に双子の兄弟に会い、花束贈呈と言う素敵な思い出をもらいました。

これが最初の点で、15年後の再開で離れていた線がまた点でつながったんです。

そんな風に思います。

誰かと一緒に過ごす時間が長ければ長いほど点が線に近くなっていって、家族になれば離れる時もあるけれど線としてつながっている時間が長くなる。

そんな気がします。

親子でも線が重なっている時間は短くて、しばらくすれば離れるときは絶対にきて、1年に1回とか2回だけ点でつながるようになる。

一緒に生活している家族なら朝起きて、おはようってあいさつをして。

行ってきます。ただいま。おやすみなさい。

そんな当たり前のあいさつをする相手がいることがすごく大切で。

いつか離れる日が来るんだから、当たり前なんだけど当たり前じゃない、そう思うんです。

 

子どもの人生 

子供が産まれて、だんだん大きくなって。

保育園へ行って、友達が出来て。

先生に色々教えてもらって、友達ともいっぱい遊んで。

学校に行って、新しい友達が出来て。

難しい勉強や、楽しいお祭りや。

泊まりに行ったり、旅行にいったり。

楽しいことも、悲しいこともいっぱいあって。

言葉にするとすごく簡単に聞こえるけど。

一緒に遊んだ友達も、行った場所も。

毎日のご飯も、寝る布団も。

学校に通った道も、友達と遊んだ公園も。

親に反抗した時も、注意される言葉も。

やっぱり人それぞれ違っていて。

違っているのが当たり前なんだけど。

なんかすごく不思議で。

そんな違う価値観を持っている人と、話をして分かりあえて、笑いあえるなんて素敵なことですよね。

 

親には親の、子供には子供の人生がある

一緒に生活している家族でさえ、昼間何をしているかなんてわからない。

親には親の人生が、子供には子供の人生があって当たり前ですよね。

今一緒にいられるこの瞬間がどれほど幸せな時間なのか。

毎日のあいさつも。

友達や家族と交わす言葉も。

当たり前のように思えるけど、当たり前じゃない。

そう思うと、一つ一つの出来ごとに感謝出来そうな気がします。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi