読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

片側しかしか見えない情報にだまされるな!

雑記-ニュースで思うこと 雑記

情報は片側しか見えない。安保法案の法案を例に説明します。

f:id:ranmaru-24mensou:20150712101230j:plain

マスコミは記事の説得力、信憑性を高くするために情報の片側しか書きません。それぞれ担いでいる政党や立場がある中で書かれた記事ですから、片側しか見えないのは当たり前です。

今はインターネットが発達したおかげで、知りたい情報を知りたい時に手に入れることが出来ます。情報が氾濫しているともいえますね。

だからこと、真実を知るには自分で調べる必要がある。いつも読んでいるからと情報を盲信すると、事実とは違うことを事実だと信じてしまう可能性があります。

 

安保法案の報道が紙面をにぎわしていた

安保法案反対!

そんな見出しが毎日のように紙面に載っています。

全国の地方議会から安保法案の意見書が469件提出されました。

そのうち463件が「反対」か「慎重審議」を求める内容になっています。

賛成は3件だけ。

また、憲法賢者が「違憲」と指摘、全国すべての弁護士会も「法案反対」を表明しています。

審議を尽くすべき。

国民無視。

などなどなど。

けちょんけちょんに言われていますが、与党は7月16日の衆院本会議での可決・通過を考えています。

この状態で強行採決を行うなら、反対意見を無視していると言われても仕方が無い内容です。

 

そもそも安保法案とはどういうものなのか

分かりやすくまとめてあるサイトがありました。

 

kyopin-navi.jp

 

紙面には載らない情報がある

情報として不足しているのは、「なぜ法案を変えないといけないのか?」という点。

なぜ現行の法案ではだめで、何のために法整備をするのかといった部分が全く見えてこない。

安部さんが説明下手なのか、報道が反対につながる面しか書かないのか。

そもそも、国民は安保法案に本当に反対なのでしょうか?

識者の意見が書かれているのは多くありますが、国民の意見は?

 

集団的自衛権行使への判断を「賛成か反対か」の二者択一で聞くと、「反対」が多数となる。これに対して、「全面的に認めるべきだ・限定的に認めるべきだ・認めるべきではない」の三者択一で問うと、今度は「限定的に認める」が多数を占め、「全面的に」と合わせた「容認(賛成)派」が過半数を占める

BLOGOSから引用

 

ここに書いてあるように、聞き方一つでその結果が大きく変わりますよね。

つまり、「どう質問するかでその結果を操作することも出来る」と言うこと。

国民の多くの意見は「きちんと説明してくれ」ではないでしょうか?

 

blogos.com

 

報道される情報は一部だけ

情報を集める上で知っておきたいのは、「報道されているのは一部分だけ」だと言う事実。

TVや新聞、雑誌、インターネットなどで流されている情報を「それがすべて」だと盲信してしまうのが一番怖い。

とくにTVや新聞、雑誌には「人を盲信させるだけの力」があると思っています。

それに、複雑な内容をすべて詳しく説明するのはページや文字数などの制約もあるでしょうからかなり難しい。

安保法案に関する報道を見ていると、安部さんが独裁者のように暴走している印象を受けますが、それが事実かどうか疑問をもって調べるべきです。

新聞の一部記事のように何年もたってから訂正されることもありますし。

今はインターネットがありますから、色々な情報をすごく簡単に集めることが出来ますよね。

 

整理するのは自分自身

情報を受け取る側としては、見たり聞いたりした内容をうのみにするのではなく、疑問を持ち、違う面からも考えてみることが必要です。

 

安保法案を例に挙げれば。

これだけ反対意見が出ているのに意地でも成立させようとするのはなぜか?

日本を戦争に導くため?

日本を守るため?

アメリカと約束したから?

安部さんは本当に独裁者なの?

日本の現状と法案の背景には何があるの?

日米安全保障条約があれば大丈夫じゃないの?

 

などなど、疑問に思うことはたくさんあります。

少しでも疑問に思うのなら、調べてみれば意外なことがわかると思いますよ。

 

片側しか見えない情報にだまされるな!

TVや新聞、雑誌、インターネットの情報を盲信すると怖いことになります。

もっと怖いのは「皆が右だと言ってるから私も右」と考えることを拒否することです。

「右へならえの精神」と言う人もいますが要は「人と同じでありたいと思う気持ち」です。

この考え方に染まると、たとえ間違っていたとしても「皆が言うなら」と間違った方向へ歩き出します。

少しでも疑問に思う、心が「チクリ」と痛むなら立ち止まって調べてみる、考えてみることがお勧め。

そうすることで自分なりの考えや意見が持てて、皆が右だと言っている時に左を向く勇気が産まれると思うんです。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi