読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

集団的自衛権について考えてみた。やっぱり平和が一番だよね。

雑記-ニュースで思うこと 雑記

f:id:ranmaru-24mensou:20150719011927p:plain

そもそも、集団的自衛権とは何なのか?

安保法案は「戦争法案だ」とも言われていますが、なぜそう言われるのか?

 

集団的自衛権とは、国連の基本文章である「国連憲章」に定められた国連加盟国の固有の権利にあたるものです。

個別的自衛権も「国連憲章」で定められています。

個別的自衛権は他国から攻撃を受けた場合に自衛する権利。正当防衛におなじです。

集団的自衛権は同盟国が攻撃されてそれを放っておいたら自分たちも攻撃されるとなった時に、同盟国と協力して武力で阻止する権利を言います。

ただ、日本での解釈は少し違っていて、「自国と密接な関係にある外国が攻撃を受けた場合、自国が攻撃されていないにも関わらず武力でそしする権利」としています。

 

□□□□□

 

なぜここにきて集団的自衛権行使容認を含んだ安保法案を可決する必要があったのか。

どうも背景には「集団的自衛権のを容認しないと、何かあった時にアメリカが助けてくれなくて困る」という思いがあるようです。

そしてこのアメリカ追従の気持ちが「戦争法案」と呼ばれる理由のように思えます。

安倍さんが掲げている「日本を取り戻す」「戦後レジームからの脱却」を考えれば、アメリカに依存することをやめると言う意味だと考えられます。そのための集団的自衛権の行使容認であれば「なるほどな」と思えるのですが。

アメリカに追従するような体制のまま集団的自衛権の行使を容認すれば、確かに「戦争法案」と呼ばれても仕方が無い気がします。

アメリカが「やる」と言えば、「では我々も」と主体性もなく追従しそうな気がするからです。

これはすごく危ない。

集団的自衛権自体は、国連加盟国が持っている権利ですから行使を容認出来る体制にするのは問題ないかと思います。抑止力の面、脱アメリカ依存の意味でも。

ですが、実際の行使は慎重に行わないと色々な危険が付いて回るでしょう。

テロもそうでしょうし、他国との関係においても、主体性と国益、世界情勢など外交面も加味する必要があります。

それだけにすごく難しい決断が必要になる。いままでのように、PKOだから後方支援だからと安易に自衛隊を派遣していてはいつか戦争に巻き込まれます。

そうなってから後悔してもおそい。

そういった意味合いでは第9条を盾にして集団的自衛権は認められないという従来の立場を貫くほうが、平和だった気もします。

 

□□□□□

 

僕は、日本は本当に平和で良い国だな~と思います。

毎日おなか一杯ご飯が食べれて、電車の中でも平気で眠れて、まぁ、何をするにもお金が必要な国ではあるけれど、やりたいと思っていることが自由にできる本当に良い国だなと。

平和ですよね。

この平和も、何か悪いことをしたら対応してくれる警察がいて、もめごとが起こったら解決してくれる司法があって、他国から守ってくれる自衛隊がいるから成り立っているんだと思います。

警察がいなければ、悪さをする人が増え、おちおち電車で居眠りなんてできませんし。

裁判所が無ければ、問題が泥沼化して人を疑うことが当たり前になるかもしれない。

自衛隊がいなければ、他国からの侵略におびえないといけないかもしれない。

そんな事を考え、感謝しながら、こんな平和がずっと続けばいいと思っています。

 

□□□□□

 

7月16日に安保法案が強行採決されました。

日本のあり方を180度変える法案を強行採決した与党もどうかと思いますが、プラカードを持ってテレビ向けのアピールをし、採決を欠席した野党もどうかと思います。

野党の議員が「自民党感じ悪いよね」そんなプラカードを持っている姿も見えましたが、それは安保法案に対する意見なんでしょうか?何の意味があってそんなものを持っているのか。国会の外でやる抗議活動とは違う、直接意見を言える場所にいるに。。。

野党に投票した人はそんな姿を望んでいたのでしょうか?

欠席すると言うことは反対でも賛成でもないということではありませんか?

反対なら反対と採決に参加してほしい。

そう思うのは僕だけでしょうか。

 

そもそも強行採決だったのか?と言う記事も。

diamond.jp

 

□□□□□

 

僕は専門家ではないので思ったことを書いているだけですが、集団的自衛権を権利として持つのは問題ないと考えています。

ですが、今の国会の姿を見ていると、この人たちがその権利、権力を持って大丈夫なんだろうか?とも思います。

はさみや包丁でさえ、使う人によっては便利な道具にもなり、人を傷つける凶器にもなります。

集団的自衛権も使い方によっては国を守る力にもなり、戦争に巻き込まれる原因にもなると考えています。

平和のために戦争になることも多くあり、その結果泥沼になっていることもあります。

色々な戦争の結果を見ると、やっぱり日本は戦わない事、第9条を守り、平和国家として進むのが良い気がします。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi