読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

小布施を散策。スラックラインを体験したり、美味しいジェラートを食べてきたよ。

雑記-長野のこと 雑記

f:id:ranmaru-24mensou:20150809202828p:plain

今日は小布施の散策。暑いからと家の中にこもっているのも退屈ですし、せっかくの夏休み、どこにも出かけないのもさみしいじゃないですか。

行ってみて思ったのは、観光スポットが小布施駅からちょっと遠いってこと。散歩よりもバスかタクシー、自転車での移動がいいかもしれません。一度中心と言うか、町営駐車場当たりか、フローラルガーデン小布施に出てしまえば、散策を兼ねて徒歩でも移動できます。ただ、暑いですけど。僕は車で移動しました。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20150809191941p:plain

 

最初に行ったのは、岩松院(がんしょういん)。葛飾北斎、高井鴻山(たかいこうざん)、小林一茶ゆかりの古寺です。

ここでの見どころは何と言っても「八方睨み鳳凰図」

その大きさ6.3m×5.5m。迫力のある赤・青・緑の羽根に鋭い眼光、何よりその大きさに驚きます。なんでも12分割された巨大なパレットに絵を描いた後、天井に取り付けたとか。

写真撮影禁止だったので画像はありません。見たい方は直接行くか「岩松院」で検索すれば画像が見られますよ。

実物は本当に素晴らしいです。大きさと迫力、そして美しさに圧倒されます。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20150809192928p:plain

f:id:ranmaru-24mensou:20150809192940p:plain

 

入口を守っている仁王像。なんか顔がかわいい。なんて言ったら怒られちゃうかな?

すごく愛嬌のある仁王像です。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20150809193114p:plain

 

小林一茶の有名な俳句「やせ蛙まけるな一茶これにあり」が詠まれた池。

この池では、カエルのメスが産卵するのをオスが手伝うんですが、メスが少ないので奪い合いになって合戦が始まる。1年のうち約5日間、昼夜の区別なくその合戦は繰り広げられるそうです。一茶はその様子を見て上の句を詠みました。

 病弱な初児、千太郎へ向けた応援の句。その願いも届かず千太郎は1カ月たらずで他界してしまいます。一茶が54歳の時です。

 

□□□□□

 

f:id:ranmaru-24mensou:20150809194004p:plain

 

次に向かったのが条光寺。岩松院から車で5分くらいのところにあります。

なんでもパワースポットで有名だとか!

そして7不思議があるみたいです。行く前に調べとけばよかった。。。

7不思議とは

 其の一、 薬師堂建立の起源 北信濃・小布施の地に天平の昔施薬院が置かれ、薬師堂が建立されたことがそもそも不思議です。

其の二、 妻ごい薬師のゆえん 「雁田のお薬師さんは縁結びのお薬師さん」と言われ、「人々の病気をなおし、寿命を延ばす」ことを本願とするお薬師さんが縁結びのお薬師さんになったことも不思議。

其の三、 浄光寺本尊観音菩薩の霊験 浄光寺本堂は昔から何回も火災に遭っていますが、木造の観音さまは難を逃れ、無事でいらっしゃいます。

其の四、 参道の石段 お薬師さんへ登る参道の石段は自然石で一見雑然としていますが、下の方から体を低くして見上げると、石段の鼻先が一直線に揃っているのがわかります。しかも何百年も崩れたことがありません。

其の五、 紅白の仁王 土中から掘り出された仁王門の仁王様は少々変わっています。それは二人の仏師によって彫られたためで、色も縁起の良い赤と白に塗られています。

其の六、 涸れない霊泉 浄光寺庭先に流れ落ちる清水は水量は変わっても涸れたことがありません。水源はお薬師さんの下と言われ、霊泉とされています。全国からお水くみの方々がいらっしゃいます。

其の七、 段差がある霊泉の池 霊泉の落ちるところに大小二つの池があります。石垣の下で通じていると思われるのに水位が違います。この水がどこに流れるのか、その先がわかりません。

 

www.jyokoji.jp

 

あぁ、7不思議があるなんて知らなかったから、中途半端に見てきてしまった。やっぱり行く前の下調べは大切ですね。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20150809194658p:plain

 

途中の石段はものすごく急、そして長いです。サンダルで来ていた妻は登るのをあきらめてしまいました。

ここで体験し、思った以上に楽しかったのが、「スラックライン」

暑くてやりたくなかったんですけど、娘の説得に負けて体験してみることに。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20150809194905p:plain

 

スラックラインにのり、バランスをととって頑張っているのが次女。やっぱり子供はなれるのが早い。

しばらくしたら普通に綱渡りを楽しんでいました。

スラックラインとは

スラックライン(英: slacklining)とは、ベルト状のラインを利用したスポーツの一種で、簡単に言うと、綱渡りである。 スラックライン専用のラインが市販されており、幅2.5〜5cmで長さ20m前後のタイプが多く、テンションを張ったラインの上でバランス感覚や集中力などを鍛えることができる。 用途によって種目が異なり、主にジャンプや宙返りなどのトリックを行う種目を【トリックライン】と呼び、近代スラックラインの代表的なスタイルである。 その他、従来の綱渡りのように純粋にライン上を歩くスタイルで距離を競うものを【ロングライン】。

Wikipediaより引用

簡単に言うと綱渡りだそうです。

僕もやってみましたがかなり難しい。ラインの上で5秒耐えるだけでも難しい。バランスを崩してあっという間に落ちてしまいます。何とかバランスは取れるようになりましたが、普段使わない筋肉を使ったせいかものすごく疲れました。

上達するとラインの上で跳ねたり跳んだり、すごくかっこいいパフォーマンスが出来るみたいですが。。。気持ちがあっても体がついてこない。

 

www.obuseslack.com

 

国内最大級のスラックインパークだったみたいです。

調べないで行くとこんな面白い体験に出会うこともあるんですね。

リンク先では動画も掲載されてます。面白いからぜひ見てください。パフォーマンスがかっこいいですよ!

 

□□□□□

 

この後テンホウでラーメンを食べて「フローラルガーデンおぶせ」へ。

「テンホウ」って長野発のラーメンチェーン店です。すごく良心的な価格でお財布にやさしい。お昼時と言うこともあり、とても込んでいました。

キッズメニューのソフトクリームが大きくてびっくり。

 

tenhoo.jp

 

さて、「フローラルガーデンおぶせ」ですが、すごくきれいな花公園とでも言えばいいでしょうか。うーん、説明が難しいので写真をご覧ください。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20150809201404p:plain

f:id:ranmaru-24mensou:20150809201426p:plain

f:id:ranmaru-24mensou:20150809201439p:plain

f:id:ranmaru-24mensou:20150809201451p:plain

f:id:ranmaru-24mensou:20150809201507p:plain

 

素敵なところでしょう。

中に喫茶店もあって、ケーキなどを食べながら景色を楽しめます。

気持ちがすごく和む空間です。季節ごとに咲く花も違うだろうし、また行きたいな。

 

□□□□□

 

小布施ミュージアムに移動して絵画鑑賞。なんか、入口に緑が多くて、どこに行っても美しい。小布施の人はきれい好きなんでしょうか。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20150809201737p:plain

 

当然ながら撮影出来ないので画像なし。

久しぶりに絵を見たら、自分でも書きたくなってきた。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20150809202016p:plain

 

中庭にあったナイフ。すごく巨大なナイフ。巨人用だと思う。

 

□□□□□

 

そして今日一番感動したのがこれ!

 

f:id:ranmaru-24mensou:20150809202205p:plain

 

「トゥエル(Twel)」のジェラート。

甘すぎず、柔らかすぎず、食べごたえもしっかりあってすごく美味しかった。

駐車場で大勢の人が食べていて、店内は20人も並んでいました。

駐車場は常に一杯。相当人気のあるお店だったんですね。

隣にお昼を食べたラーメン屋さん「テンホウ」があります。

小布施に来たらぜひ寄ってください。本当においしいですよ!

 

□□□□□

 

いつも行き当たりばったりで行動していますが、家族と行くと楽しいですね。

次はどこに行こうかなー。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi