読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

ブログに書くことがない!から書けない理由を考えてみた。

雑記

ブログに書くことがない

ブログに書くことがない!

さて今日は何を書こうかなとパソコンに向かっても、なーんにも思いつかない。びっくりするくらい書くことが無い!

それならばいっそのこと「書くことがない!」ことを書いてしまおうと思った次第。

まずは書くことが無い理由を考えてみる。

 

ブログに書くことがない理由

仕事が始まると家と会社の往復だけになってしまい、情報の量が減る

でもな、朝は新聞を読み、出勤は車だからインプットすることが出来ないけど、昼休憩はスマホでスマートニュースや好きなブログを見ているから少しは時間があるんだよな。情報を集める方法が間違っているのかもしれないのかな。もっと興味を持てる内容に絞るようにしてみよう。

 

ブログの書き方を紹介した記事の影響を受けすぎ

これは間違いなくなると思う。ブログの書き方を紹介している記事に「人の役に立つことを書こう」とか「2000文字以上は書こう」とか色々書いてあるし、その紹介されている書き方に影響を受けすぎているかもしれない。本当は何書いてもいいはずなんだけどな。

 

いい記事を書こうと力が入りすぎている

これもある! やっぱり読んでもらいたいし「いい記事だね」って言ってもらいたい。だから書きだすまでに時間がかかるのかもしれない。書いてみないといい記事か悪い記事かなんて分からないし、どんな記事でも読んでくれる人もいれば読んでくれない人もいるのにね。読んでくれている人が見えないから、自分の想像だけで勝手にハードルを上げている気がする。

 

どんな反応が返ってくるか分からないから怖い

いい反応ばかりじゃなくて、やっぱり悪い反応もあるんだろうな。まだ対して読まれていないブログだから目に見えた反応は無いけれど、「これは書いたらまずいかな?」とか「表現がなー」とか、色々なことを考えてしまうことがある。冷静になって考えると自意識過剰でしかないんだけど。

 

アクセス数が気になる

簡単にアクセスやページビューが分かるから、すごく気になる。いい記事が書けた! と思ったらアクセスが減ったり、2つも記事を書いたのに増えなかったりすると落ち込むことも。だから「こんなこと書いてもだめかも」と思ってしまうことがある。アクセスは気にしないといけない数字なんだろうけど、書かないと増えないから、邪魔になるなら気にし過ぎても仕方が無い。

 

「です。」「ます。」や言い切りで書くことに疲れた

なかなかなじめない。途中で「ですます」を「~だ」とか言い切りに変えたりして書いてみたけど、疲れる。別にこだわる必要もないんじゃないかと最近思えてきた。

 

書けない本当の理由は?

六つの理由が見つかったところで原因を考えてみると、「いい記事を書こうと力が入りすぎている」からかもしれない。

いい記事ってなに?

そう聞かれても答えは無いんですが・・・・・・

 

後は紹介されている記事の書き方に影響を受けすぎている気がする。

ハウツーを書く。

読んだ人のためになることを書く。

ターゲットを想定する。

キーワードを・・・・・・などなど

冷静になって考えてみると、こういった考え方って「アクセスを集め読んでもらうための記事の書き方」なんですよね。

実際これらの書き方は、書くことが無くなった時に読み返すと結構ハードルが高い。

書くことが無い! 何書こう! 

そう思っているのに「ハウツー」なんて無理。

読んだ人のためになること? ブログが書けない僕のためになる記事をください。

なんて、どんどん悪循環に。

 

この辺が結構書くことが無くなることに関係しているかもしれない。

 

一番の原因はインプットする量が少ないこと

インプットが無ければアウトプットもない。そんなの当たり前。

そして時間には限りがある。これも当たり前。

朝起きてからの時間は新聞を読みたいし、昼休憩の時間に好きなブログと興味が持てる記事に絞り込んでみようかな。

インプットする内容を興味が持てる物に絞り込めば、書くことが無いと言うことは無くなるかもしれない。

 

本当にブログに書くことが無くなったら、書かないのも一つの手

書きたくなるまで書かずにいれば、突然書きたくなる! 事はあんまりなさそうな気がするけど。

そもそもブログって書いている人の考えや出来ごとを一方通行で伝える物だろうし。本当に書くことが好きじゃないと続かないんじゃないかな。

それに書き続けるのってかなり大変。毎日書いていれば書くことが無くなっても全然不思議じゃないと思う。

どうしても書くことが無かったら、日記を書こうかな。

 

日記:8月20日

今日も朝ごはんはいつもと変わり映えがしない。

食卓には真っ白なお米にわかめと豆腐のお味噌汁。それにゆでたウインナーとみずみずしいレタスが並んでいる。

時間は6時40分。テレビをつけ、ZIPのさいころころころを横目で見ながら新聞に目を通す。

相変わらず第1面は安保法案に関することが書かれている。

安保法案と言えば安部総理が6月頃吐血したらしい。やっぱり総理ともなれば精神的なプレッシャーも相当なものなんだろう。

アメリカに責められ、国民に責められ、国会で責められ・・・。ひょっとしたら安部総理はMなのかもしれないな。

新聞を読みながらそんなつまらないことを想像して一人にやけていると。

「さっさと食べてよ! 片付かないでしょ!」

いつまでも食べ始めない僕にしびれを切らしたのか、妻が大きな声でどなった。

「大体新聞読みながらご飯を食べるってどういうことよ!」

朝からご機嫌斜めだ。そう言えば昨日も......

 

なんて日記を書いたら、読んでくれますか?


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi