読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

自分を変えたいと思った時、感じる壁の事。

雑記

f:id:ranmaru-24mensou:20150901223922p:plain

壁が目の前にある気がします。

それもすごく高くて、とても越えられそうもない。だけど叩けば壊れそうな気もするけどたたき壊す勇気もない。

そう、目の前にあるのは中途半端に生きてきた結果出来上がった、本当の自分を隠すためにある壁です。

壊したいんだけど壊せない。超えたいんだけど超えられない。

分かってはいるんですよね。この壁を壊した向こう側に自分自身がいるってことが。

でも壁があると便利なんです。

ほら、言い訳になるでしょ。怒られてもけなされても嫌われても、あぁこれは本当の自分じゃないんだからいいんだって。

40歳間近になって何言ってんだと思われるかもしれませんけど。

僕自身は割と自分を出してきたつもりでいるんですよ。

でもやっぱり、ぎりぎりのところで壁が出てくる。それも自分で「あぁ、壁があるな」って分かっている。

さっさと壊せばいいのに、どうしても壊せない。

そんなことを何度も何度も感じています。自分で分かるのが嫌ですね。「あ、また一歩引いた」って分かるんです。もう一歩踏み出せばきっと変わるのにね。

 

僕自身は曲がったことが嫌いで、バカにされるのも嫌い。軽く見られるのも嫌。出来ることなら気の合う人と一緒にバカ騒ぎをしていたい。家は、人が多く出入りするのがいいと思っている。

何かに集中している時は話しかけられたくないし、ネガティブなことばかりを言う人とは一緒にいたくない。

人の悪口は聞きたくないと思っているし、できるだけ言わないようにしているつもり。

出来るだけ人の話も聞くから、出来れば僕の話も聞いてほしいと思っている。

そんな結構変わった普通の人です。

 

昔からよく言われます。何を考えているのか分からない、心を開いてくれないと。クールだと言われた時期もあります。クールって冷たいってことですよね。

きっと心を開いてくれないっていうのは、自分の事を話さないからかもしれませんね。話す必要もないと思っていますし。

何を考えているのか分からないって言われると、あんたに考えていることを読まれたくないと思ってしまいます。だって、何考えているのか分かっちゃうなんて怖くないですか。

クール(冷たい)って言われるとそうかもしれないな。と、思うところが結構あります。

まず、他人に興味がありません。ネガティブな事を聞くのは嫌ですし、甘えられるのも嫌です。

人には優しくしているつもりですけど、優しくすると甘えてくる人がいるじゃないですか。あれがすごく嫌です。手のひらを返したように冷たくしてしまいます。

だからクール(冷たい)って言われるんでしょうね。人との交流も苦手ですね。常に一人は嫌ですが、意外と一人でも平気かもしれません。

ついでに言うとものすごく短気です。自分でも怖いくらいに。表にはだしませんけど。

 

まぁ、こんな性格なんで壁を作ってしまったんでしょう。社会に出て人と一緒に生活するには自分らしくない自分が必要だったのかもしれません。何かあるたびに怒るわけにもいきませんし。

 

でも一番は転職を重ねた事が原因だと思っています。環境が変わるとそこに馴染むためにおとなしくするじゃないですか。それを何度も経験して、これでもか!って叩きつぶされて、生きていく知恵として壁を作ってしまったのかも。

 

壁が出来てもとくに意識はしていませんでしたが、最近その壁をやたらと近くで感じることが多くなりました。

「あー、この壁を壊せば世界が変わるんだろうな」

そう思うことが沢山あります。ひょっとしたらただ言い訳をつくっているだけかもしれませんが。

壊せる物なら壊したい、でも怖くて壊せない。そう感じています。

 

自分の中の自分と向き合う。宗教みたいですがそんな時間がそろそろ必要かも。

きっともっと先に進みたいんだと思います。こんな中途半端なところでウロウロしているんじゃなくて、もっともっと先へ進みたい。

 

たぶんこの壁の壊し方は僕しか知らないんでしょう。だから一歩下がるとすごく高くて壊せない壁のように見てる。

 

壊し方を思い出すまで精一杯もがこうとおもいます。もっともっと上に行きたいから。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi