読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

預金口座にもマイナンバーが任意適用になりました。いずれは義務化に・・・・・・。プライバシーはいつかなくなるかもしれませんね。

雑記 雑記-マイナンバー

f:id:ranmaru-24mensou:20150811192610p:plain

2018年から銀行などの預金口座にも任意で番号を適用する改正マイナンバー法が可決、成立しました。対象となる個人口座は3月末時点で8億もあるということ。

今のところ任意ですが、いずれは義務化になっていくと思います。

個人の資産を把握して税金や社会保険の徴収に役立てると言う話ですが、口座にマイナンバーが適用されることによる弊害も予想されます。

収入が把握される事で副業がばれる!?

会社員として働いている人にとっては口座にマイナンバーが適用され、収入が把握されることで副業の収入も勤め先に把握される事になります。副業禁止の会社だとこれはかなり危険な事ですよね。

なぜばれてしまうのか?

理由は住民税です。住民税には給料以外の所得があればその部分も含まれて計算されます。当然会社は支払っている給料を把握していますので、この住民税の金額が給料と矛盾するような金額だと疑問に感じるでしょう。

おそらく本人に問い合わせがくると思います。その時ごまかそうとしても金額として出てしまってはごまかすことも出来ないはず。すると当たり前ですが、副業もばれる事になります。

そうなると、副業を続けることができませんよね。これは副業をしている会社員にとってかなり辛い事だと思います。

副業がばれることで影響が大きいのはホステス

昼間はOL、夜はホステスをやっている方って結構いるんですね。さらに税金を納めないといけないことを知らない人も多いみたいです。

さっきも書いたように、マイナンバーと口座が結びつけられる事で副業がばれますから、当然副業としてホステスを続けることが出来なくなります。

するとどうなるか。

専業でホステスをやっている人は少ないでしょうから、当然夜飲みに行ってもホステスがいない店があったり、少ない店が多くなるでしょう。となると、お店に通ってくる男性の数も激減するでしょうから当然売り上げが落ちます。繁華街の活気が無くなり、タクシーを利用する人も、〆にラーメンを食べる人も減っていきます。

経済的にかなり痛手がありそうな気がしますが。副業でホステスをされている方は、突然の税金や副業がばれるリスクがありますので、注意が必要かもしれません。

セキュリティが不安

年金情報を大量に流出させているのに、マイナンバー制度を始めて大丈夫なんだろうか・・・・・・

年金情報流出の問題で一度は審議中断されましたけど、基礎年金番号とマイナンバー制度を結びつけつる時期を延期したようですね。

だからといって大丈夫だとはとても思えない。日本年金機構と結び付けなければ大丈夫だとでも言うんでしょうか。

個人口座と結び付けたのは、公正な形で税制度を作り直していくのが目的だと言っていますが、ほんとかなぁ。

今のところ預金口座への適用は利用者の任意になっていますが、政府は21年度以降は義務化したいと考えているそう。

そんなところまで管理する必要があるんですかね。心配で心配で仕方が無い。

任意である限り僕は口座に適用する気はないです。ほとんどの人がしないんじゃないかな。それに現状の行政手続きで何か不満がある人がいるんでしょうか。国の都合を押し付けられているだけの気がしてならない。

最後に

もう決まったことなので、10月から通知カードが配られ、来年1月から税や社会保障分野に適用されます。

政府はさらに戸籍や証券にも適用範囲を拡大するつもりだとか。あまりにも色々なものに適用されるとプライバシーも何もなくなりそうですね。生まれた場所から学歴、職歴、収入まで全部把握されたりして。

今のところ税金をきちんと取ることが目的みたいですが、大きすぎる力を持つととんでもないことをやりだす人がいるからな。

預金を吸い上げて国の借金をゼロに!

なんてことを突然やったりして。あるいは所得の低い人をターゲットに高収入をうたって危険な仕事をやらせるとか。それにいつ、どんな病気にかかったかとかも分かっちゃいますもんね。

番号管理はどうしても薄気味悪いものを連想させます。国民の情報すべて集めて政府はいったい何をしたいんでしょうか。そもそもマイナンバーって本当に必要?行政手続きの効率化って言うけど、誰が望んだの?

取ってつけた理由にしか見えないのは僕だけでしょうか?


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi