読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

週休3日、1日の労働時間が10時間。でも根強く残る副業禁止。

働き方コラム 働き方コラム-副業禁止

f:id:ranmaru-24mensou:20150812153357p:plain

労働契約は出勤義務日数に完全に働くことが前提らしいので、週5日1日8時間勤務を、総労働時間を変えずに週4日勤務にすれば、確かに1日10時間の週休3日になります。

週休3日か週休2日を選べて労働時間の差別をなくす、と言う事なんでしょうけどなんかスッキリとしない。

 

週休3日、1日10時間労働は結構魅力的

何の話かと言うと、ユニクロを展開するファーストリテイリングが発表した、地域限定正社員を対象に希望者に対して週休3日を可能とする制度の事。

希望者に対してだから、やっぱり他の社員と比べて差が出ないように配慮したんでしょう。

それに1日10時間普通に働く人も多いだろうから、1日の労働時間を長くして3連休を取ると言うのも選択肢としては面白い。

毎週3日も休みがあれば、趣味も楽しめるし小旅行にも行けそう。

ちょっと頑張れば他の仕事することもできそうだし、従業員の可能性が広がる良い制度じゃないでしょうか。

ただ、労働契約で決められてるとは言え、毎月176時間(8時間×22日)を頑張って守らなくてもいいのになー、とも思う。

176時間働くことを前提に月給が決められているのであれば、それは時給制なのかな?

実際所定労働時間働かなければ減給になるので、やっぱり時給制なんだろうな。

 

週休3日副業可なら最高

3日制はすごく魅力的。副業を認めてくれたらさらに魅力的。

 

1つの企業で働き続けると、その道のプロになれるかもしれないけれど、視野が極端に狭くなってしまう可能性もありますよね。

柔軟性に富んだ考え方をもった社員を育てるには副業は良い経験になります。

 

なのに日本の企業は副業禁止と言う看板を掲げて社員を縛るでしょう。

それも対して高くない給料で。

 

副業禁止で社員を縛るならもうちょっと給料を上げてくれても良いのにな。

 

ちょっと調べましたが、サラリーマンの生涯収入は高卒で約2億円、大卒で2億5千万円だそうです。

総額でね。

 

で、生涯独身で生活にかかる費用が1億9千万円。

 

このデータだと全然お金が足りていないと言う事だけが分かります。

総額ですから、色々引かれて手元に残るのは高卒で1億5千万円くらい。

大卒でも1億8千万。家を買うお金も入っているので、それを除けば・・・・・・家賃がかかるから除けませんね。

それなのに副業は禁止、毎月176時間は働けじゃつらいですよ。

せめてベースアップと昇給が毎年あれば違ってくると思いますが、それも景気に左右されますから。

 

少しずつ変わる働き方

少しずつ在宅勤務が増えたりして、働き方も変わってきています。

でもまずは副業を認めてほしい。

職業選択の自由があるから憲法では認められています。

なので副業の是非で会社と争った場合、勝てる可能性が高い。

高いとしても、その後同じ会社には居づらいでしょう。

副業を認められて本業が無くなったら何の意味もありませんし。

 

副業を認めてほしいのは、家庭を持って子供がいると思いきった行動がとりにくいと言うのが一番大きい。

なんだかんだ言っても毎月もらえる給料には助けられていますから。

それでも自分の将来を今の会社で働くだけで終わりにしたいとは思わない。

もっともっと出来ることがあると思っています。

そんな可能性を開く方法として副業をしたいと思う。

もっと言うなら生活を豊かにするために副業をしたいと思う。

切実な思いとして子供の進学や親の老後のために副業をしたいと思っている。

 

社員を縛るだけの副業禁止はもうやめませんか。

 

労働基準法は1日10時間労働を禁止している

労働基準法は原則として「週40時間、1日8時間まで」と決められています。

 

なので1日8時間働いたら週5日しか出社できません。

出来ませんと言ったら出来ません。

 

でも現実は、そんな決まり完全無視。絵に描いた餅のような物です。

 

週3日確実に休めて1日10時間なら、何の文句もありませんよ。

これがもし毎日10時間の休み無しなら、文句しかありません。

 

実際にはサブロク協定で時間外労働を無制限にやらせることも出来ますし、なかなか労働基準法違反に該当するのは難しいところ。

 

それでも最近はブラック企業が話題になったことで、少しずつ、本当に少しずつですが、働く環境はよくなってきています。

 

ちなみに・・・

労働基準法では、休憩時間も決められています。

 

もしかしたら違反してるかも。

 

そう思ったら一度調べてみたらどうでしょう?

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi