bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

和食の配膳はご飯が左で汁物は右。和食のマナーを考える

和食の配膳はご飯が左、お味噌汁は右

和食の配膳はご飯が左手前、汁物が右手前、左奥に副菜が来て右奥には・・・というマナーがあります。

なぜそう言われるのか、理由を説明していきます。

和食配膳のマナー

和食の配膳には次の位置関係があります。

  • 箸先は左側に向ける
  • お茶碗は左側
  • 汁物は右側
  • 香の物・和え物(副々菜)は真ん中
  • 煮物(副菜)は奥の左側
  • 刺身(主菜)は奥の右側

なぜそう言われるのか

なぜご飯が左で汁物が右なのか。

それには左上位の考えや、陰と陽の関係からだといわれることもあります。

また仏善ではご飯と汁物の位置が逆になることから、仏様にお供えするときだけだ、といわれることもあります。

ちなみに、霊配膳でもご飯は左で汁物は右です。

その他は宗派によって違ってくるようですね。

平安時代に形ができていた

時代を遡れば平安時代には、配膳の形ができていたそうです。

ご飯と汁物以外は宗派によって配膳の仕方が異なります。

ですが基本の位置くらいは覚えておいた方が良いかもしれません。

 和食はマナーにうるさい

実際に和食のマナーを調べてみると、ものすごく細かく決められていることが分かります。

驚かないでください。

なんと和室に入るところから、ふすまの開け方からマナーが決まっています。

すごく面倒くさいですが、仕会食が和食であれば覚えるしかありませんよね。

和食のマナーを覚えるのなら、こちらのサイトが参考になります。

和食のマナー | Premium Reservation

筆者のざれごと

そもそも江戸時代頃までは高さの低い食卓(膳や衝重など)で食事をしていたそうです。

 膳は今でも見かけますから高さの想像もつくと思いますが、衝重の高さは約30センチ。

現代のテーブルと比べるとかなり低いのがわかります。

歴史の食卓の絵を見ても、低い位置に配膳されているのがわかりますよね。

だから汁物が右にあっても、食事の邪魔にはならなかったんです。

そもそも左上位とか汁物は陰、ご飯は陽とか知りませんし、なんでご飯が陽なのかもわからない。

食事の最大のマナーは美味しく全部いただくこと! のはずです。

 

今はテーブルの高さが胸の位置まであるものも多く、右側に汁物がおいてあると邪魔なんです。

だから絶対汁物は左、ご飯が右が食べやすい。

汁物を左に置けば、うっかりひっかけてこぼすこともなくなります。

ついでにいうと、相手と向かいあって座る場合、相手の配膳を自分の左側にご飯が来るように配膳すれば、左上位になるからいい(相手に対して敬意をはらうという意味で)という人も。

つまり食べる人(相手)から見るとご飯が右側に来ることになります。

こうなると「もうどっちでもいいじゃん!」ってなりますね。

 

とはいえ自分から見てご飯が左、汁物が右が和食の配膳のマナー。

自宅で好きに並べ替えるのは問題ないと思いますが、そもそもの位置を忘れてしまって、大切な食事で恥をかかないように気を付けてください。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi