bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

5分前には席に付くべき理由

仕事が始まる5分前に

仕事が始まる20分前には会社に行き、作業着に着替えて5分前には席についている。

というのはぼくが社会に出た当時、もう20年以上まえの常識でした。

ですが今は長時間労働やサービス残業が話題になったことで、5分前に出社することは「残業」だと認識されています。
なので始業時間ギリギリでも問題ない、というのが常識になりました。

この記事ではその風潮に逆らって、なぜ5分前に席に付くべきなのかについて説明しています。

労働基準法では1分単位で残業がつく

労働基準法では、実労働時間が8時間を超えた場合、1分単位で残業を計算することになっています。
つまり残業は夕方と夜だけに適応されるわけではなく、朝早く出社してもトータルで8時間を超えれば残業になります。

始業時間前の出勤を考えるときは、このことを念頭に置いておかなければいけません。

出勤時間を強制すれば残業になる

労働基準法で考えても、席に付くのは始業時間ギリギリで問題ありません。

もし会社が「5分前には出社し、席についていること」を強制すると、その5分間は勤務時間になります。
10分前でも、15分前でも、「会社が強制すれば」勤務時間となり、その日の実労働時間が8時間を超えれば残業になります。

制服への着替えは勤務時間なのか

始業時間5分前に席に付くことで、問題になりやすいのが制服に着替える時間です。

これは、制服の着用が会社で義務付けられている場合は、勤務時間になります。
逆に言えば、着用を義務付けていなければ、勤務時間にはならないのです。

たとえば店員さんは、制服を統一していていることがほとんどですよね。
また制服姿で出退勤することは、お店のイメージもありますから禁止されています。
つまり「制服の着用を義務付け」「着替える場所を指定」しているので、制服に着替える時間は勤務時間となります。

ですが事務職の女性社員が出社後に、私服からスーツへ着替えるのは勤務時間になりません。
なぜならスーツは個人の好みで選び、着用しているもので、会社が制服として義務付けているわけではないからです。
また自宅からスーツで出社する社員もいますから、着替える場所も指定されていません。
つまり会社の管理下に置かれていないので、勤務時間にはならないのです。

5分前には席に付くべき理由

さて始業時間5分前には席に付く理由ですが、これは「心構え」の問題です。

5分前に席に付くのは社会人としてのマナー

まず言えることは、5分前に席に付き仕事の準備をするのは、社会人として最低限のマナーであり、心構えでもあります。

実際に始業時間ピッタリに席に付き、すぐに仕事を始められる人はいません。
少なくともPCの電源を入れる、筆記用具を取り出す、書類を取り出すなど、なんらかの準備が必要です。

また会議や営業の場を考えてみても、遅くても5分前には席についていないと、失礼に当たります。
普段から時間ギリギリで行動している方が、その時だけ5分前に行動できるとはとても思えません。

昔から5分前行動と言われますが、社会人としての最低限のマナーとして実践するべきことだと言えます。

時間給労働者から抜け出せなくなる

5分前の行動を労働時間だと主張し、賃金を要求していると、時間給労働者の考え方から抜け出せなくなります。

たった5分と思われるかもしれませんが、5分あればメールを2・3件送ることができます。
もちろん仕事の準備を整え、始業時間から全力で作業をすることも可能です。
ほかにも、資料に目を通す・見積もりを作成する・電話をする・一日の作業を確認するなど、5分あれば本当にたくさんのことができます。

つまり5分間の賃金では得られないほど、大きな経験をすることができるのです。

その経験をみすみす逃し「5分なら〇〇円だ」という計算をしているようでは、時給労働者の考え方から抜け出せなくなります。
つまり「今日は〇時間働いたからいくら」という考え方が、体に染みついてしまうのです。

多くの管理職は年棒制

年収1000万円を超える管理職の多くは年棒制です。
仕事の成果がそのまま年収に結びつく、実力主義の世界になります。

そこには「5分働いたから〇〇円」という考え方をする人はいません。
なぜなら目標をクリアしなければ収入が減るため、「5分前に出社すると損だ」とは考えないからです。

また「今日は〇時間働いたからいくら」という考え方もしません。
「今使える時間で最大の利益をだす」ことを考えます。

つまり目的に対して今取るべき行動を決め、時間単位ではなくトータルで成果を考えているのです。

時給で給与を計算している限り、稼げる金額はたかが知れています。
時給を貰えるということはそれ以上に稼いでいる人、つまり社長や管理職のような人がいるということ。

少しでも多く稼ぎたいのなら、時給ではなく「成果」で報酬が貰える立場を目指すべきです。

まとめ

5分前行動の話から、成果給の話まで飛躍しました。
「大げさだ」と思う方もいるかもしれません。

ですが決して大げさではなく、世の中には週2時間の仕事で月収100万円を稼ぐ方もいます。
時給計算すれば1000万円を超える方もいるのです。

5分を労働時間だと主張する方は、「お金を稼ぎたい」と考えているはず。
それならば、時給ではなく成果で稼ぐことを目標にするべきです。

そのために大切なことは、時給で考えることを辞めること。
5分速く行動すると「損」ではなく、その5分でどれだけの利益が出せるのかを考えてください。

社員であれば5分間でメールのチェックをする、資料を見直す、仕事の準備をするなど、様々なことができますよね。
そういった細かい積み重ねが、将来収入の差となって表れてきます。

だからこそ、5分前に席に付くのは社会人と最低限のマナーであり、心構えなのです。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi