読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

給料が少ない!仕事を辞めたい! 給料は会社と従業員をつなぐ唯一の物

雑記

給料が安い!辞めたい!

給料って何だと思いますか?

労働の対価として貰うもの?

その通りです。給料は労働の対価として従業員に支払われるもの。

もし給料が1円も支払われないのに、今と同じ仕事をしてくれと言われても働く人はほとんどいないでしょう。

 

給料は労働力と交換で支払われるもの

会社は給料を支払うことで労働力を買っています。逆に言えば給料を支払わずに得られる労働力はないってことです。

つまり会社と従業員をつないでいるものは給料になります。信頼でも依存でもなく、給料が会社と従業員をつないでいます。

ボランティアじゃないんですから、給料ゼロでも会社に奉仕するつもりで働いている人はほとんどいないでしょう?

 

働いたら働いた分に見合った給料がほしい。

 

そう思うのは当たり前ですよね。

 

給料が安すぎると人がいなくなる

給料をきちんと支払わなければ、人がどんどんいなくなります。

経費削減だなんだと言いながら人件費をカットする会社がすごく多くありますが、あれは間違っていると思いませんか?

給料をもらうために働いているのに、その給料が減ってしまう。

それなら別の会社を探そうと思いますよね。

 

「そんなこと言われても次の仕事を見つける自信がない」

 

そう思われる方も多いと思いますが、退職まで行かなくても、今までと同じ仕事をしようとは思わなくなります。

何しろ仕事量は変わらないのに給料だけが減るんですから。

 

もし給料が正しく支払われないとしたら、優秀な人から会社を辞めていきます。給料がきちんと支払われると言うことは、会社と従業員との契約であり、約束だからです。

約束されていることが手違いやミスで正しく処理されないとなれば、当然信用を失います。

嫌な言い方をすれば、会社と従業員は給料でしかつながっていません。

そして会社を成長させるためには、仕事に対して給料がきちんと支払われる事が絶対に必要です。

 

給料に差があると不満につながる

ある程度大きな会社になると給料テーブルが設定され、業績に応じて昇給額やボーナスを査定するようになります。ですが、会社によっては査定方法がすごく曖昧なことがあります。

隣の席の人の給料を知っている人は少ないと思いますが、もし、隣の席の人が大した仕事もしていないのに自分より給料が多かったら・・・・・・やる気がなくなりますよね。

 

良い仕事をしているのに給料が少ないとか、毎日適当に過ごしているのに給料が多いとか。

そういう事例を耳にした人も大勢いると思います。

そうなると「あいつはたいして仕事をしていないのに、なんで俺より給料が多いんだ?」と言った不満が出始めます。

 

こうなると働いている人達が嫌な思いをしますよね。

頑張っても無駄なんだなと思い始め、最悪の場合何年もかけてようやく戦力になった人が辞めていってしまいます。

会社にとってはすごく大きな損失です。

辞めた人の転職先がライバルメーカーだったらもっと最悪です。

ライバルのために費用をかけて人を育てたようなものですから。

 

給料は会社と従業員をつなぐもの

給料は会社と従業員をつなぐ唯一の物です。

 

「そんなことはない! 」

 

と思う方も居ると思いますが、そんなきれいごとに興味はありません。お金がないと生活していけないのは紛れもない事実ですから。

 

もし勤め先が給料がきちんと支払わない、きちんと評価してくれない会社だったら、転職をお勧めします。

少なくとも給料をもらうために働いているのなら、その会社にいる意味はありませんよね。

会社を発展、存続させるには、働きに対して適切に給料を支払う必要があるはずで、人件費削減は本当に最後の手段だと思います。

 

給料が少ない!で仕事を辞めていい

 少ない給料で我慢して働く必要はありません。

もちろん、対して仕事をしていないのに、高い給料を望んじゃダメです。

あくまでも給料は会社に提供した労働力に対して支払われるもの、提供した労働力の価値が低ければ、当然給料も安くなります。

 

一生懸命働いて、成果も出しているのに給料がやすい!

 

それなら転職を考えましょう。

成果を出せるだけの能力があれば、それほど苦労することなく転職先を見つけることができるはずです。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi