読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

語尾の 「 さ 」 が気になって仕方が無い

雑記

語尾の 「 さ 」 が気になって仕方が無い

ま、人それぞれだから良いんだけどね。気になるものは気になる。

「あの、それで、だから

長野の方言って「」がつきましたっけ。

聞いたことないよ。

人それぞれ口癖ってありますよね。だから気にする僕が悪いんです。気にしなければ良いんです。えぇ、よくわかっています。

でも、言わせてください!

語尾に「さ」をつける話し方は、なんだかすっごく残念な気がします!

職場で流行ってる(?)んですよねー。語尾にさがつく話し方。

 

おばちゃんA「昨日。スーパーに行ったら。CMでやってるチョコ?が売ってて。それで。美味しいのかなと思って買ったの。そしたら。すっごく美味しくて。〇〇さんにも食べてほしいと思って。今日持ってきたの」

おばちゃんB「そうなんだ、ありがとう~。私も。そのチョコ食べたいって思ってて。スーパー行ったんだけど見つからなくって。やっぱり人気なんだなって思ってたの。そしたら。旦那が買ってきてくれて。食べたらすっごく美味しくて。また食べたいなって思ってたんだ」

部長「そのチョコ。俺も食べたよ。ところで。昨日言ってたお店が。」

 

さ、さ、さ、さ、やかましい!

 

なんで語尾に「さ」がつくんでしょうね。聞き取りにくい、何言ってんのか分かんない、「さ」しか印象に残らないと三拍子揃った話し方ですよ。

 

さを抜くとこんな感じ。

 

おばちゃんA「昨日スーパーに行ったらCMでやってるチョコ?が売ってて、それで美味しいのかなと思って買ったの。そしたらすっごく美味しくて。〇〇さんにも食べてほしいと思って今日持ってきたの」

おばちゃんB「そうなんだ、ありがとう~。私もそのチョコ食べたいって思ってて、スーパー行ったんだけど見つからなくって。やっぱり人気なんだなって思ってたの。そしたら旦那が買ってきてくれて、食べたらすっごく美味しくて。また食べたいなって思ってたんだ」

部長「そのチョコ俺も食べたよ。ところで昨日言ってたお店が。」

 

 

あれ?ちょっとさみしい?

 

なんでも「さ」は間投助詞といって感動を表す意味合いもあるとか無いとか。語尾につく「ね」とか「な」と同じらしいですよ。

 間投助詞がないと淡々としている印象になるかもしれませんね。

 

だからと言って。語尾すべてに「さ」がつくのは嫌。

「そんな細かいこと気にするなよ」と言われそうですが、気になるものは気になる!

付け過ぎるから気になるんです!

どうせつけるならこのくらいで良いんじゃないかな。

 

おばちゃんA「昨日スーパーに行ったらCMでやってるチョコ?が売ってて、それで美味しいのかなと思って買ったの。そしたらすっごく美味しくて。〇〇さんにも食べてほしいと思って今日持ってきたの」

 

美味しさに感動した!と言う使い方。

ま、人それぞれだから良いんですけどね。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi