読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

戸隠神社パワースポットの効果。運気のバランスが取れる日本最高峰の聖地

雑記-長野のこと 雑記

戸隠神社パワースポットの効果

天照大御神が隠れた天岩戸が飛んできたとされる戸隠山の戸隠神社に行ってきました。

天岩戸開の神々が祀られる日本最高峰の聖地の1つ。パワースポットとしても有名です。

なんてうんちく垂れてますが、親戚の子が来るまではパワースポットだなんて全く知りませんでした。何回か行ったことがありますが、ほとんど戸隠忍者村(中社の側)に遊びに行ったくらいでお参りは1回もしてません。

忍者村もかなり面白いですよ。からくり忍者屋敷とか、アスレチックとか子供が喜ぶ事間違いなし! でも今日の目的地は奥社です。

パワースポットとはいえ田舎の奥の高原ですから、そんなには混まないだろうという予想のもと出かけていったら、10時には駐車場がいっぱいになってるじゃないですか。

仕方が無いので戸隠スキー場に車を駐車してシャトルバスで移動しました。1日600円で乗り放題、大体20分おきに来てくれるので、運悪く駐車場が無かった時は利用すると便利です。

戸隠神社パワースポットの効果

奥社へ続く道をひたすら歩いていくと、赤い門があります。仁王門か?と思いましたがどうやら違う様子。この赤い門は随神門と言い、神仏習合時代は仁王門で、仁王像が祀られていたそうです。やっぱり仁王門だったんだ。でも仁王様はいらっしゃいませんでした。

この随神門を抜けると花粉症の僕の天敵、杉の並木道が待っています。

 

戸隠神社パワースポットの効果

すごくないですか? 樹齢400年の杉並木。なんでもここは竜穴スポットだとか。この並木道を歩くと花粉症が治ったりするのかな?? さすがに無理か・・・・・・

奥社の本殿はさらに奥に行ったところにあります。言葉で書くとさらっとしているけど、結構きつい。本殿の前には石階段がありますが、結構角度がついているのと歩きにくいので、運動靴か動きやすい靴で来ることを強くお勧めします。そしてパワースポットとして有名なため、奥社本殿の前はお参りする人で長蛇の列が!

片道40分と案内では書いてありますが、実際には1時間30分くらいかかりますので時間に余裕をもって行きましょう。

戸隠神社パワースポットの効果

奥社本殿。意外と小さい。

想いの念が増幅されやすく、祈りがよく通る場所です。素直な願望を念じると良いってことを家に帰ってきてから知りました。

ちなみに僕の願いはブログで100万PV達成です。素直な願望を念じてきました 笑。

 

ここまで来る道の両側に小さな小川が流れていたり、地面が湿っていたりしてかなり涼しい場所です。軽く小雨も降っていましたが、九頭龍様の土地での雨は、歓迎、浄化の意味があるとのこと。小雨で迎えられた僕はラッキーだったんですね。

 

お参りを終え入口まで戻ると、なんと道路が大渋滞になっているじゃないですか。本当に人気のある場所だと言うことを改めて知りました。

10月中旬以降は紅葉の季節。さらに多くの人が来るらしいので戸隠神社に行かれる方は9時前には到着するつもりで動かないと、渋滞にはまって大変な事になるかもしれません。

 

せっかく来たので中社にも寄ってきました。

戸隠神社パワースポットの効果

 

奥社よりはるかに簡単にたどり着けた。

 

戸隠神社パワースポットの効果

 

中社の右奥にある滝。この滝には強い浄化パワーがあり、運気を安定させる効果もあります。

もちろん撮影している時はそんなことは知らず。涼しいなーと思っていたくらいです。

 

戸隠神社の解説

戸隠山は、天照大御神が隠れた天岩戸が飛んできたとされる地。神仏習合時代は、「三千坊三山」と高野山・比叡山と並び称される修験道の霊場でした。戸隠神社(とがくしじんじゃ)は、奥社(本社)・九頭龍社・中社・火之御子社・宝光社の5社からなります。世界に光を取り戻した「天岩戸開き」の神々が祀られる、日本最高峰の聖地の一つです。

 5社全ての参拝で運気のバランスがとれるので、宝光社→火之御子社→中社→奥社・九頭龍社の順で参拝されるとよいですよ。全て廻る時間のない方も、奥社・九頭龍社と中社へは、ぜひご参拝下さい。

開運の神社・パワースポットから引用

 

パワースポットとは、「特別な力があると思っていけばあるし、無いと思っていけばなにもない場所」かもしれません。やっぱり信仰心が必要なんでしょうか。

少なくともゴミは持ち帰る、きちんと参拝をするなど、最低限のルールは守らないとパワースポットのパワーは得られない気がします。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi