読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

サラリーマンから逃げたくて。転職を考えながらもがき続ける日々。

サラリーマンから転職

目指せ脱サラリーマン!

独身なら簡単なんですけどね、「辞めます!」で済む話だから。

でも家族がいるとなかなか難しい。

 

「大丈夫。サラリーマン辞めてもなんとかなるよ」

いやいや、なんとかなるじゃ辞められないんですよ。絶対に大丈夫じゃないと。

そもそもなんでこんなことを考えているのかと言うと、まぁ今の環境が悪いからでしょう。

 

サラリーマンから逃げたい1つ目の理由

一生懸命働いている人が少ない。

もっと言えば社内を歩いているだけの人や、パソコンを見つめているだけの人もいる。

 

そう言えば前に退職していった人のパソコンから、大量のエロ画像が出てきたことがあったな。

それに部長の部屋に行ったらエロ動画見てたしな。

 

こんな環境なんで真面目に働くのがばかばかしくなってきています。

 

一生懸命働けば働くほどバカを見るんです。

 

目立つやつは叩く。

不正はばれなければいい。

 

そんな雰囲気が漂っているんですよ。

 

サラリーマンから逃げたい2つ目の理由

 次の理由が人を責めるのが好きな人が多いこと。

その上自分に矛先が向くと逃げる! か逆切れする! 人ばかり。

 

そんな環境なのも嫌ですね。

 

問題が起きるとすぐ逃げる、それも管理職が。

結局担当者が四苦八苦してなんとかカバーしているんだけど、どうなの? この会社?

 

部長や課長に直接苦情をいって大ゲンカしたことが何回もあるけど、なーんにも変わらない。

新しく入社してくる人がかわいそうだわ。

 

結局会社を変えようと思ったら自分が上に上がるしかないんですね。

真ん中の立場から色々いっても変わることはまずない。

 

じゃぁどうするか?

 

今考えられる選択肢

考えられる選択肢は3つ。

  1. 上(社長)を目指すか
  2. 他(転職)を探すか
  3. 諦めて静かに過ごすか

良し! 俺が社長になって会社を変えてやろう!」

 

そう思うには、仕事に対する相当な熱意と愛情が必要だと思います。

実際そこまで1つの会社に愛情を持っている人ってどのくらいいるんだろう?

 

周りの人が中途半端に働いている中で、やる気を持続させるのって本当に大変ですよね。

何しろ熱く語ってものれんに腕押しとばかりに、何の反応もないんですから。

そんな会社で上を目指してもねぇ。

何にもならない気がしませんか。

 

となると他を探す事になるんだけどこれも難しい。

次を探す時間がなかなか取れないのと年齢もあるしね。

40近くで転職は本当にきつい。

今まで3回転職していますけど、やっぱり考えているほど簡単には行かないです。

そんなリスクを今背負うことは出来ないですね。家族もいますし。

 

そうなるとやっぱり諦めて静かに過ごす事になるのかな。

結局八方塞がり!?

まぁ静かに過ごすのは良いとしても諦めるのは嫌だな。

何かしら方法があると思うので。

 

逃げるなら、転職か独立

やっぱり考えられるのは副業ですかね。

 

最近クラウドソーシングとかどうなんだろうと思ってのぞいているのがココナラ です。

これ面白いですね。

自分の知識や技術を仕事として販売出来るサービスがあるなんて。

記事作成の請負も出来るんですね。

面白いのだと宇宙人と交信しますなんて言うのもありました。

 

ただクラウドソーシングだと月10万円くらいにしかならなそう。

そうなるとやっぱり転職でしょうか。

 

転職しても結局サラリーマン

サラリーマンから逃げるとなると、独立しかありません。

でも今の職場から逃げるのなら、転職でも良いんですよね。

この辺は、良く考えて行動しないとどつぼにハマりそうな気がします。

 

転職活動する場合は、転職エージェントに相談して進めましょう。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、迷っている方には選択肢が広がって嬉しいですよね。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

<関連記事>

※「働き方はライフスタイルで選ぼう。派遣社員と正社員、パート・アルバイト、契約社員の違い

※「仕事を辞めたいと思ったら読む記事。円満退職するには?

※「何も考えず勢いだけで退職。転職を繰り返して感じた良かった事、悪かった事。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi