bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

何も考えず勢いだけで退職。転職を繰り返して感じた良かった事、悪かった事。

転職してよかった

「こんな会社もういやだ! 転職してやる!」と思ってもちょっと待ってください。勢いだけの転職は間違いなく失敗します。

ぼくは自慢じゃありませんが3回転職しています。キャリアアップなんてしていませんし、転職して良かったことは休みが土日祝日になったことくらいです。

この記事では、こんなぼくが勢いだけで転職に踏み切った結果を書いています。
これから転職したいと考えている方の、参考になれば嬉しいです。

もっと出来る!と勘違いしていた

若いころはあると思うんですよ。俺は仕事ができる。環境が良くなればもっと稼げるはずだ!って思うことが。

実際ぼくがそうでした。
最初の職場はホームセンターですが、入社3年で店長になり新店のオープンも経験。
新店店長にもなって、順調に上へ上へと進んでいる実感がありました。
だからでしょうね、調子に乗ったんです。もっとできる、もっと稼げるはずだ!って
そして転職することを選びました。 

転職を考えたのはもうひとつ理由があります。
それは、転勤だけはしたくなかったこと。
ぼく自身子供のころに何度か転校していますが、その度に寂しい思いをしていました
同じ思いを自分の子供にはさせたくなかったのです。

だから地元採用、転勤なしという立場で就職しました。
ただし転勤なしの社員では、どんなに頑張ってもブロックマネージャー(課長と同等)にしかなれません。
当然、給料も上がらなくなります。
これが本当に嫌だったんです。
転勤も嫌だ、給料が上がらないのも嫌だって言ってますから、ある意味わがままだったのかもしれません。

でも出世もなし、昇給もなしは本当に嫌だったので、転職する道を選びました。
そして何の準備もしないまま、いきなり辞めました。
失業手当が貰える3か月間で、次の仕事を見つけられると軽く考えていたのです。

ところが実際転職活動を始めると、全然仕事が決まらない。
面接どころか書類選考さえ通らない日々が続きます。
この時ばかりは、自分に市場価値が全然ないことを痛感しました。

市場価値を分かっていなかった

1回目の転職が失敗した理由は、自分の市場価値をわかっていなかったからです。
本来であれば経験を生かせる「小売業」を中心に探すべきでしたが、せっかく転職するので、土日休みの仕事を探しました。
つまり経験のない仕事を選んでいたのです。 

また「もう接客業はやりたくない」という思いもありました。
クレームやわがままなお客様の対応に、ほとほと嫌気がさしていたからです。

なので、転職先の希望は事務職。
できれば経理をやりたいと考えていました。

もちろん事務や経理の経験はありませんし、資格も持っていません。
その上前職はホームセンターの店長で、辞めた理由が「俺はもっと出来る」と思ったから。

冷静に考えてみると誰が雇ってくれるんでしょう。
本当にバカですよね。
ぼくが採用担当でもこんな勘違いした人は雇いません。 

中途採用なのに仕事のレベルは新卒と同じくらい。
いえ、余計な知識がついている分、新卒よりも扱いにくいことでしょう。 

当時は中途採用が即戦力を求められることも、経験がないと仕事が見つかりにくいことも、まったく分かっていません。 
だから必死になって経理の仕事を探しました。

何社か面接を申申し込みましたが、経験がないので書類すら送ることができないことも沢山ありました。
中途採用で、未経験職種への転職は本当に大変です。

結局、失業保険の給付が無くなる直前に「営業」で就職しました。
営業だけはやりたくなかったのに。
生活費が無くなりそうだったので、採用してくれる会社に妥協して入社するしかなかったのです。

中途半端な転職が招いた2回目の転職

結局やりたくない「営業」に転職したため、仕事に気持ちが入りません。
それでも土日休みの会社だったので、頑張ろう!と思って職場に行きました。

ところが期待とは裏腹に、この会社では仕事がありませんでした。
正確には仕事をやらせてもらえなかったのです。

今思えばそもそも考えが甘かったのでしょう。

自分は「できる奴」だと思っていたのに、新しい職場では全く通用しない。
挙句の果てに仕事さえやらせてもらえない。 

1カ月半ほど経ったころから、「なんでこうなったんだろう」と帰りの車の中で、自然と涙が流れるようになりました。
そして会社に行くことすら難しくなり、退職を決意したのです。

ですが社長から次のように退職を止められました。 

「こんなに早く辞められると、会社の評判が悪くなるから辞めないでほしい」

ただ会社に傷がつくのが嫌だったんですね。
でも当時は心に余裕がなかったので、「辞めることを許されないのか…」と、絶望にも似た感情になったことを覚えています。

経験なしで採用される仕事はほとんどが営業

その後なんとか退職して次の仕事を探しましたが、結局また営業になります。

次の仕事は、なんと訪問販売です。 

ちなみに求人票では「訪問修理の仕事」とあり、内容は「依頼があった家に行き、修理をする」だったのです。
また面接では「人値でお客さんの家に行ってもらうけど、大丈夫?」そう聞かれました。 
どこにも「訪問販売」とは書いてありません。
でも入社して仕事を始めると、訪問販売以外の何物でもなかったのです。

毎日個人宅をまわり、ひたすら「買ってくれそうな家」を探します。
朝から晩まで雨が降っても雪が降っても個人宅を回っていました。

「警察呼ぶよ!」と言われたこともあります。
「塩まいとけ」もあります。
まぁ、普通の人がやるような仕事じゃないです。

先輩が「口がくさいからもっと後ろで話して」とおばさんに言われ、玄関から20メートルくらい離れた道路の端から、話しかけている光景も見たことがあります。

結局自分の市場価値を確かめず、目的も決めないまま転職をしたから、こういう結果になったのです。
ちなみに、訪問販売は期限の定めがある契約でしたから、正社員と言うよりは契約社員、つまりいつでも解雇出来る契約でした。
求人票の募集は正社員になっていたんですけどね。

今でこそハローワークの求人票は、登録に間違い(求人詐欺)がないように規制する方向へ向かっていますが、当時は何でもありだったんです。

この訪問販売の会社は、ぼくが入社して数年後に訪問販売に対する規制が厳しくなって会社ごと無くなりました。
もっともその1年前にぼくは辞めていましたが。

職業訓練校で資格を取得

どうしても経理というか、事務系の仕事がやりたかったので、訪問販売の仕事を辞めた後は、職業訓練校に通いました。

2度も転職で失敗していますから、次の転職は失敗したくななかったのです。
なので職業訓練校に通っている間は、本当に必死に勉強しました。
学生時代よりも勉強したと思います。

毎日家に帰るとすぐに机に向かって勉強。しかも生まれてから一度もやったことがない予習までやる。
とにかく転職を有利に進めるために、何かしらの資格が欲しかったのです。
資格さえあれば必ずチャンスがあるはずだと、本気で思っていました。

そして努力の甲斐もあり、職業訓練校の在学中に、簿記2級とエクセルとワードの資格を取得!
これが本当に嬉しかった。
これできっと何とかなると心の底から思いました。

職業訓練校のありがたいところは、通っている間雇用保険から職業訓練給付金が支給されることです。
しかも通常の給付期間よりも長く給付され、ほとんどの場合、学校を卒業するか次の仕事が見つかるまで給付してもらえます。

ぼくが通っていたのは1年間だったので、1年間ずっと手当が支給されていました。
しかも手続きは職業訓練校が代行して行ってくれます。

本来なら求職活動をしないと給付されませんが、職業訓練校の場合は就職するために通っていることになりますから、求職活動をしなくてもいいのです。

お金をもらいながら勉強することが出来る。
新しい仕事が見つからず困っていた時でしたので、すごく助かりました。

繰り返す転職と就職活動

職業訓練校で勉強することで、少しずつ自信が生まれてきました。
そして経理で経験を積んでいつかは税理士に、と言う夢もできました。
何度も転職を失敗する中で、「独立したい」という思いが、少しずつ生まれていたんです。
人に雇われる時点で安定していないとも思い始めていました。

そして奇跡が起こります。

なんと、「給与は言い値」という好条件で、税理士事務所から内定が出たのです。

ただぼくはやっぱり基本バカなんでしょうね。
1か所内定をもらったから他でももらえるだろう。
だからもう少し面接を受けてみよう。
と思い、その税理士事務所を断ったんです。

何考えているんでしょうね。

大人しく行っておけば今頃違う人生だったかもしれない、夢かなって独立していたかもしれないのに。

そして今の会社に「経理」で採用されました。
行動は馬鹿ですけど、すごくないですか?
営業、営業で来ていたのに最後は希望通り「経理」で入社したんです。

入社した時は本当に夢と希望に満ちていました。
仕事で経験を積んで、勉強を続けながらいつか税理士になる! 

その思いはいつものごとくあっさりと打ち砕かれた訳ですが・・・。

簡単に言えば、当時の上司はほとんど仕事をしていませんでした。
それどころか、会社のパソコンでアダルト画像ばかり見ている始末。
そして仕事は伝票の入力だけ。
しかも、同じ内容を上司が別のソフトにも入力する、という二度手間を当たり前のようにやっていました。

と、まぁ、そんなこんなで色々あって、今は営業になっています。
結局最後には、何をやっても営業にたどり着くようですね。

転職するなら目的をもつ事

まとめると「転職をするのなら、目的をもつこと」です。

若いころ勘違いで会社を飛び出してから、妻にも苦労をすごくかけました。
なにも考えずに退職すると、とんでもない目にあいます。

自分でふり返って見ても「俺ってバカだなぁ」って思いますよ。
それでもまだ独立したいって思っていますから、懲りないんですよね。

今の会社が嫌だ!辞めてやる!転職だー! 

もしそう思っているなら、一回立ち止まって良く考えてください。

辞めるだけならいつだって出来ます。
月並みな言い方ですが、辞めるだけならいつだって出来る。
これはまぎれもない事実です。

それなら、きちんと辞める準備をしてから辞めませんか?

どうしようもないところまで追いつめられているなら別ですが、ただ嫌なだけで辞めると、後で後悔することになりますよ。

退職する前に次の仕事を探すべき

ぼくが初めて転職した頃は、インターネットもそこまで普及していない時代でしたので、相談したのはハローワークだけです。

でも今は転職サイトで求人を簡単に検索することができますし、転職エージェントに転職のフォローをしてもらうこともできます。
ハローワークと並行して利用することで、次の仕事が格段に探しやすくなっているのです。

これは本当に羨ましい!

ぼくと同じような苦労をしないためにも、ぜひ利用してほしいサービスです。

在職中の仕事探しでも、転職エージェントに相談すれば面接の申し込みからスケジュールの管理までやってくれるんですよ。
その上求人企業の情報まで持っているなんて、転職を考えている人にとって、これ以上ないほど便利なサービスになっています。

ぼくの一押しはリクルートエージェントです。

他にも良い転職エージェントは沢山ありますが、リクルートエージェントには、大企業の関連会社など、業績が安定していて待遇の良い求人が沢山あります。
しかも質も高く、未公開求人の取り扱数も多いからです。
「担当によって対応に差がある」と言われますが、それはどの転職エージェントでも同じですよね。
それよりも、幅広いユーザーから指示を集めている、ということは、それだけ信頼できるということです。

とても便利なサービスなので、転職するなら絶対に登録してください。

登録はこちら⇒【リクルートエージェント

そして4回目の転職へ(2017年11月追記)

そして40歳になった今。
4回目の転職活動を行っています。

ちなみに転職エージェントはリクルートエージェントに登録しました。
メールがかなり頻繁に送られてくるので結構ウザイですが、対応は丁寧で好感が持てます。
「やっぱり頼りになるな」という印象です。

ですが正直なところ、「転職」だけじゃなく「独立」も考えているんですよね。

さてこれからどうするか、じっくり考えてみます。

 

この記事を読み返してみて「苦労もしたけど何とかなるものだ」と思っています。

一度しかない人生ですから、チャレンジしないともったいない!

何も考えずに仕事を辞めるのは避けるべきですが、やりたいことがあるのなら、思い切ってチャレンジしてください。
思っている以上に、何とかなるものですよ。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi