読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

もしも過去に戻れたら。やり直したい過去はありますか?

雑記

過去に戻れたら

もしも過去に戻れたら。そう思ったことはありませんか?

映画バック・トゥ・ザ・フューチャーのように、タイムマシンに乗って時間をさかのぼり、過去を変え、未来を変える。

もし、そんなことが出来たなら・・・・・・

僕は未来を知っているからこそ過去に戻ってやってみたい事があります。それをやることで劇的に未来が変わる可能性があるから。

あなたにも1つくらいはありませんか? 結果を知っているからこそ変えてみたい過去が。

 

やり直したい過去の話

あの時株を買っておけば

一つ目が株です。そう株式会社が発行している株です。これを買いたい。

もう10数年以上前になりますが、初めて入社した会社は従業員株主制を導入していたんです。つまり給料やボーナスから一定の額で株を買うことが出来る制度です。

まだ20歳そこそこだった僕は、株には全く興味が無く、もらった給料で車をいじったり、飲みに行ったりしていました。どこにでもいる普通の青年だったんですね。

その後うぬぼれと勘違いから会社を退職するんですが、何とこの会社、僕が入社した当時と比べると規模が100倍くらいになっていたんですよ。

100倍ですよ100倍!

当然株価もうなぎ上り。入社した時から従業員株主制を使って株を買っておけば利益が2000万円近い価値になっていたんです。

それを知った時は、失敗した―と思いましたね。同期入社の人がかなり儲かったと吹いて回っていましたから。

もし過去に戻れるのなら、自分にアドバイスをしたい。

株。買っとけ。と。

 

あの時家を買っておけば

二つ目が家です。これを買っておけば良かった。

妻のおばあちゃんが暮らしていた家なんですが、もう誰も住まなくなったから買わないか?と言う話があったんです。

まだ若かった僕は、妻の両親や親戚の世話になることを格好悪いと思っていたんですね。男なら自分の稼ぎだけでやっていくもんだろ! と言う変な考えをしていたので。

そのおばあちゃんの家は、山のふもとに建っていてそれほど魅力的じゃ無かったのもあります。中古物件にも抵抗がありましたね。だから断ったんですよ。

それから10年。

なんとおばあちゃんの家の周りは宅地開発されて地価がガンガン上がる上がる。もうびっくりするくらい上がるんですよ。

結局2~2.5倍くらいになったのかなー。変な偏見を持っていなければ今頃は・・・・・・

やっぱり1500万くらいは儲かったはずなんですよね。くそぅ。

やっぱり自分にアドバイスしたいです。

家。買っとけ。と。

 

でも戻りたいとは思わない

ま、過ぎた事を色々考えても仕方が無いってことです。悔しいけどね。悔しいけどね。本当に悔しいけどね!くそぉ。

そんな儲けるタイミングを逃した僕ですが、気がついた事があります。

それはね。月並みだけどチャンスは誰にでもあるってこと。そしてそのチャンスに気がつくか気がつかないかの差だけなんだってこと。

最初の株の話では、僕が株の事を知っていればチャンスを逃すことはなかった。

家の話でも、変な見栄が無ければチャンスを逃すことはなかった。

結局チャンスを物に出来るかどうかは、突然やってくるチャンスに気がつくかどうか。気がつくための準備が出来ているかどうか。ってことです。

ボーっと毎日を過ごしていると、目の前にあるチャンスに気がつくことも出来ません。

その事に気がついたからこそ、過去に戻ってやり直したいとは思いません。

夢や希望は、いつだって未来にしかありませんから。

 

過去には戻れないという話もある

ちょっとややこしい話ですが、過去には戻れないという説もあります。

例えば、

  1. Aさんが過去に戻っる。
  2. 自分の親を殺してしまう。
  3. 親がいなければAさんは産まれない
  4. 産まれなければ、Aさんが過去に戻ることはない
  5. 親が殺されることもない
  6. つまり過去は変えられない

というわけです。

この考え方だと、過去に戻っても変えることはできないことになります。

 

もし本当に過去に戻れたとして、過去を変えたら未来はどうなるのか。

その矛盾を解決するためにパラレルワールドという考え方があります。

つまり過去を変えると今とは別の未来が、別の世界にできるという考え方です。

 

過去を変えることで、未来を変えることはできるかもしれないけれど、今ぼくたちがいる世界を過去から変えることは絶対にできない。

 

だからこそ、今を大切にして生きたいですよね。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi