bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

30代は仕事が無い?未経験の仕事に転職したいなら、職業訓練校に行くのも手だよ

30代の転職は厳しいと言うのが世間の常識。35歳を超えるとさらに厳しくなり。40歳以上になるとそれなりの経験がなければ転職は難しくなります。

30代未経験への転職

30代で未経験の仕事に転職したいと思ってもなかなか仕事がありません。よっぽど使える資格を持っているか、経験を積んでいないと厳しい。

何度か転職を経験してしていますが、未経験の仕事に転職するのは30代どころか20代後半でも難しいと思います。年齢もかなり重要な要素ですし、中途採用に期待されているのが即戦力だからです。

逆を言えば、十分な経験を積んでいて実績があるなら、同じ職種での転職はキャリアアップや年収アップが狙えます。

 

資格をとるだけでも変わる

ぼくはあと先考えずに仕事を辞めた事で、何度か転職を経験しました。

もともとホームセンターの店員として働いていたのに、俺はもっと出来る! と勘違いして退職。

今までの経験が全く行かせない経理を目指して就職活動を行う中で、税理士事務所に内定をもらったりしながら、最後には希望通り経理で就職しています。

当然未経験者歓迎!

なんて求人はサービス業以外ほとんどありませんし、未経験の仕事に就くのは中途採用だとかなり高い壁があります。

当たって砕けろで面接を申し込んでも、採用されるのは相当確率が低い。それでもぼくが経理で採用してもらえたのには理由があります。

簡単に言えば、経験のない仕事に就くには資格と経験が無いとだめだなと気がつき、必死で勉強して資格をとっただけ。

そう、当たり前の事ですが、経験が無ければその仕事を経験すればいいんですよ。資格が必要なら資格を取ればいい。

 

職業訓練で資格と経験を得る

職業安定所で職業訓練を受けられる事は知っていますか?

ぼくはこの制度を利用して半年間職業訓練校に通い、その結果希望の経理に就職しています。

在学中は雇用保険から手当がもらえ、資格試験を受けることもできました。さらに数ヶ月間、希望した職種の会社で実務経験を積むことも出来るんです。

この制度のおかげで、在学中に簿記2級、エクセル・ワード3級を取得。

また職業訓練の一環として税理士事務所で働かせてもらうことで、多少なりとも経験を積むことができました。

その結果、「勘違いして退職したバカ」から「資格もあり実も経験も少しだけある人」にレベルアップして、転職を有利に進めることができました。

受講できるコースは都道府県で違うようですが、電子や機械、CADなどを勉強することも出来ます。

詳しくはこちら

※「ハロートレーニング(就職に向けてスキルを身につけたい方へ) |厚生労働省

 

職業訓練校に通った感想

実際職業訓練校に通ってみた感想としては、学生っていいなー。です。

のんびりしていて居心地が良かった。

それに学生の頃と違って生活がかかっていますから、知識の吸収がものすごく早くなります。集中力が違うんですね。

高校時代にこの集中力があれば、東大にも行けたかも(笑)

そして何より職場での実習がすごくありがたかった。

やっぱりその後の生活がかかっていますから、ここでもやる気が違ってきます。

卒業すれば失業手当も給付されなくなり、収入がゼロになる。

それがけ追いつめられていますから、ここで何とかしないと!と思えるんです。

また、職場実習の実習先でそのまま採用される事もあります。

つまり、実習と言いながら面接をかねていたりもするんです。

もしかしたら採用してもらえるかもしれない。

そう思うとやる気も違いますよね。

職業訓練が終わった後の就職活動も訓練婚の先生に相談すれば、面接先を紹介してくれる事もあります。

とにかく色々な意味でありがたい存在でした。

 

卒業後の就職活動

職業訓練校に通っている間に仕事を見つけることは出来ず、卒業してから就職活動をして仕事を見つけました。

職業訓練校から仕事を紹介してもらうことも出来るんですが。

紹介してもらえばそりゃ就職出来る可能性も高くなりますから、ありがたいですよね。

ぼくは経理の仕事をやりたかったので、紹介はしてもらいませんでした。

なぜって?

営業しか紹介してもらえなかったからです。やっぱり採用される可能性のありそうな仕事を紹介してくるんですよ。

紹介を断って意地で経理の仕事を探した結果、何と税理士事務所から内定をもらいました!

これぞ資格パワー、そして職業訓練を受けた成果!

でも「もっといいところがあるかも」と言う誘惑に勝てず、断っちゃいましたけどね。

その後普通に経理で採用されました。

職業訓練校に通い、資格をとったことで希望をかなえることが出来たんです。これってすごいことだと思いませんか?

就職活動中でどうも上手くいかないと思うようでしたら、職業訓練も検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

30代半ばを超えると、実績がものを言うようになる

都市伝説のように存在した「転職35歳限界説」はもう崩壊しました。いまは35歳を超えても、40歳を超えても転職することが出来る時代です。

もちろん年齢を超えると、求められるのは経験者!即戦力!の傾向が強いのはかわりませんが、未経験分野でも今までの経験や実績が活かせるのであれば、即戦力として採用されることもあります。

そして転職エージェントには、企業がピンポイントで経験者を求める非公開求人が存在し、その求人に合致する人材がいれば紹介するというケースがあるのです。

つまり、転職エージェントを利用することで、今までのスキルや経験を活かした転職が出来る可能性が高くなるということです。

 

転職エージェントのおすすめはリクルートエージェント。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、大企業の関連会社など業績が安定していて待遇の良い求人も多く、質も高いことで評判です。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、検討もしていなかった業界や職種に転職できる可能性が出てきます。

未経験だからと諦めずに、転職のプロに相談することで自分の可能性を広げられるかもしれないのです。

非公開求人の取扱数も「業界最大」と言えるほど豊富で、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

登録は無料なので、悩むよりも相談することをお勧めします。

登録はこちらから⇒【 リクルートエージェント

 

 

働きながら資格を取得するなら通信教育がおすすめ

正直な話簿記2級までであれば、参考書を買ってきて自力で勉強すれば受かることが出来ます。必要なのはやる気だけです。

ただ、自力で勉強するときの天敵は「自分自身」

誰かに見られているわけでも、必要に迫られているわけでもないと、ついサボってしまうんですよね。

そんな自分自身に勝つための方法としてお勧めしたいのが「通信教育」です。

お金を払ってまで学ぶのですから、最後までやろう!と強く思えるはずですよ。資料請求は無料なので、自分に合っているかどうか確認してから申し込めるのも利点です。

簿記を勉強したいけど退職して職業訓練校に行くほどではない。と言う方こそ、通信教育で勉強を始めましょう。

資料請求はこちら⇒ヒューマンアカデミー【たのまな通信講座】

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi