bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

30代は仕事がない?未経験の転職は職業訓練校もおすすめ!

30代未経験への転職

30代で「未経験の仕事に転職したい」と思っても、なかなか仕事がありません。
よほど使える資格やスキルを持っているか、経験がないと厳しいでしょう。
業種によっては30代どころか20代後半でも、未経験への転職は難しくなります。

その理由は、企業が中途採用に期待しているのは「即戦力」だからです。

ですがぼくは、30代で職業訓練校に通い簿記2級を取得することで、営業から経理に未経験で転職しています。
30代でもやり方次第で、未経験職種への転職は十分可能です。

この記事ではそんな転職の経験を踏まえつつ、30代未経験の転職にオススメの方法を紹介しています。
いま転職を考えている方の参考になれば幸いです。

資格をとるだけでも変わる

未経験の転職では、希望する職種に関連する資格を取得しているだけでも、かなり変わってきます。
なぜなら資格は、基本的な知識があることを証明するものだからです。

ぼくは最初、未経験・無資格で経理を目指し50前後の求人に申し込みました。
結果はほとんどが書類選考で不採用。
面接に進めたのはたった1社です。
その1社も経理ではなく、営業にならないかと誘われましたが・・・。
これが「未経験・無資格」で転職する現実でしょう。

ですが職業訓練校で資格を取得してからは、今までがウソのように面接に進むことができ、なんと税理士事務所から内定をもらうほどになったのです。

できれば「資格」と「経験」の両方あることがベストですが、未経験職種では、「経験」を身につける術がありません。

それでも資格を取得し「知識」を身につけることで、「やる気」と「知識」を評価してくれる企業は必ずあります。
未経験職種を目指すのなら、関連する資格の勉強を行うべきです。

資格の勉強方法

ぼくは仕事を辞めていたため、独学で勉強をしている余裕がありませんでした。
なので職業訓練校を受講して、簿記の取得を目指したのです。

資格を勉強する方法は4つあります。

  • 参考書
  • 通信教育
  • スクール
  • 職業訓練校

正直なところ、退職してから資格の勉強をするのでは、遅すぎます。
なぜなら退職すると収入がゼロになるからです。
生活するために貯金を切り崩す必要がありますし、資格取得のためにリスクを負う必要はありません。
在職中であれば、参考書や通信教育で資格取得を目指すべきです。

でもぼくと同じようにすでに退職しているのなら、職業訓練校の受講を検討してください。
職業訓練校に通えば、失業給付金の受給期間を延ばしてもらうことができます。
収入を途絶えさせずに、勉強することができるのです。
(※受給するための条件があります)

職業訓練で資格と経験を得る

ぼくはこの制度を利用して半年間職業訓練校に通い、その結果希望の経理に就職しています。

在学中は雇用保険から手当がもらえ、資格試験を受けることもできました。
さらに数カ月間、希望した職種の会社で実務経験を積むこともできます。

この制度のおかげで、在学中に簿記2級、エクセル・ワード3級を取得。
また職業訓練として税理士事務所で働かせてもらうことで、多少なりとも経験を積むことができました。
その結果「勘違いして退職したバカ」から「資格もあり実も経験も少しだけある人」にレベルアップでき、転職を有利に進められたのです。

受講できるコースは都道府県で違うようですが、電子や機械、CADなどを勉強することもできます。

詳しくはこちら

※「ハロートレーニング(離職者訓練・求職者支援訓練) |厚生労働省

職業訓練校のメリットとデメリット

30代で未経験の職種を目指すのであれば、資格と経験が得られる職業訓練校はかなりオススメ。
ぼくが感じた職業訓練校のメリットは次の4つです。

  • 在学中は雇用保険から手当がもらえる
  • 資格取得のための勉強ができる
  • 就職活動も並行して行える
  • 実務経験を積むことができる

※詳細はハローワークで確認してください。

職業訓練校は勉強をしながら資格を取得し、必要な経験を職場実習で少しだけ身につけることができます。
つまり「企業が求める人材」に近づくことができることが、最大のメリットです。

ですがメリットだけではなく、当然デメリットもあります。

  • 仕事を辞めないといけない
  • 確実に転職できるわけではない

一番大きなデメリットは、仕事を辞めないと職業訓練校に通えないことでしょう。
また職業訓練校に通ったからといって、確実に転職できるわけではありません。

もし今在職中で職業訓練校への入学を検討されている方は、本当に辞めるべきなのか、よく考えてください。

30代で未経験の仕事に転職する上で大切なこと

30代で未経験の仕事に転職する際に、大切なことが2つあります。

今までの経験とキャリアを生かす

目指しているのが未経験の仕事ですから、当然経験や知識がありません。

なので今までの経験とキャリアの中で、仕事が変わっても生かせるものはなんなのかを、考えることが大切になります。

たとえばぼくの場合、ホームセンターの店長をして働いていた経験がありますから、次の項目を洗い出しました。

  • 人間関係の構築に自信がある
  • 部下の教育と指導経験
  • アルバイト・パートの面接・採用経験
  • 売上・原価・予算管理経験
  • 企画・提案能力

社会人としてのマナーや対人スキル、後輩の指導など、社会人として身につけたスキルは、たとえ仕事が変わっても、そのまま生かすことができます。
また今担当している仕事でも違う方向から見れば、未経験の仕事で生かせるスキルが必ずあるはずです。

「未経験なのでゼロから勉強します」よりも「今までの仕事で培った、〇と〇のスキルを生かして貢献します」と言った方が、印象はよくなります。
なので今までの経験とキャリアの中から、仕事が変わっても生かせるものはないか、考えることが大切です。

転職を実現させるための取り組み

職業訓練校に通い資格を取得したことで、営業から経理への転職を成功させています。
つまり希望する仕事で採用されたとき、少しでも戦力になるために一生懸命努力してきた、という姿勢が、面接で高評価を得るポイントになります。

そのための方法は、職業訓練校に通うことだけではありません。

  • 関連する資格の勉強・取得
  • スクールやセミナーの受講
  • 通信講座の受講

などでも、仕事に関連する資格や知識を身につけることができます。
「この仕事で働きたい!」と、言うだけなら誰にでもできますよね。
だからこそ、具体的な行動に移すことで、熱意が伝わり高評価に結びつくのです

30代未経験OK求人の探し方

最後に最も大切な、30代未経験OK求人の探し方を紹介します。

求人を探すには、ハローワーク・求人雑誌・転職サイト・転職エージェントなど、様々な方法がありますが、30代で未経験の仕事を探すのなら、ハローワークと転職エージェントの利用がオススメです。

まずハローワークには、地元の中所企業の求人が多数掲載されています。
転職サイトや転職エージェントが普及してきたとはいえ、ハローワークにしか求人を出さないという優良企業も多いものです。

また転職エージェントは、一般に公開されている求人以外に、ハローワークにも出ていない未公開求人を、多数取り扱っています。
その中から「30代未経験OK」という求人だけを、紹介してもらうことができます。

転職エージェントを利用すると受けられるサポートは、主に次の5つです。

  • スキル・経験を加味した求人の紹介
  • 希望に沿った求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 給与交渉

これだけのサポートを無料で受けることができるので、転職活動を効率よく進めたいかたは、上手に利用してください。

オススメの転職エージェント

リクルートエージェント
国内最大手の総合転職エージェントです。
担当者によって差があると言われますが、利用者からの評価はとても高く、幅広い多くのユーザーから支持されています。
また未経験の仕事への転職を、専任の担当者が無料でサポートしてくれます。
業界や役職に関係なく、転職活動では必ず利用するべきエージェントです。

DODA
国内規模No.2の転職エージェントです。
案件数・決定数共に業界最大手の『リクルートエージェント』に匹敵する優良エージェントです。
面接対策や職務経歴書などの転職対策で、圧倒的に高い評価を得ています。
未経験の仕事への転職に、転職のプロがアドバイスをしてくれます。

最後に

30代で未経験の仕事を目指すのなら、企業が求める人材像にどれだけ近づけるかがポイントになります。
職業訓練校に通うのは、そのための方法の1つにすぎません。

30代の強みは社会人として働いた経験があることです。
その経験を未経験の仕事でどう生かすのか、どうやって企業に貢献していくのかを考えることも大切です。

この記事を読んでくださった皆様の、転職が成功することを願っています。 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi