読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

Googleにページのインデックスを催促する方法

ブログ運営-SEO ブログ運営

f:id:ranmaru-24mensou:20151014211455j:plain

新しい記事を書いたり、更新したりした時は出来るだけ早くインデックスしてもらいたいもの。

ここで言うインデックスとはGoogle(検索エンジン)にページを登録することを言います。せっかく記事を書いたんですから出来るだけ早くインデックスしてほしいです。

そんな僕の願いをかなえるため、「Google SerchConsole」を使って早くこの記事を見つけてよ! とGoogleに催促する方法を調べました。

 

使うのは「Google SerchConsole」の「Fetch as Google」

こういう豆知識は知らないより知っていた方が絶対得なんです。

やり方はすごく簡単。

Google SerchConsoleにログインしたら、左側のメニュー、クロールの中にある「Fetch as Google」をクリックします。↓の赤枠部分です。

f:id:ranmaru-24mensou:20151014205447p:plain

 

表示された画面のURLの横、赤枠部分にインデックスを催促したいURLを入力し取得をクリックします。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20151014205830p:plain

するとページの取得が行われ、ステータスに完了を表示されますので、その右側にある「インデックスに送信」をクリックします。

 

f:id:ranmaru-24mensou:20151014210119p:plain

 

 

で、表示される画面がこれ↓

 

f:id:ranmaru-24mensou:20151014210234p:plain

 

「このURLのみをクロール」するのか「このURLと直接リンクをクロール」するのか聞いてきます。

ぶっちゃけ好きな方を選べば良いんですが、念の為1か月で申請できる回数に上限があるのでご注意を。

「このURLのみクロールする」は500回。「このURLと直接リンクをクロールする」は10回までになっています。

時間をかけて数100ページもあるようなサイトを申請するんじゃ無ければ、「このURLのみをクロールする」で十分だと思いますが、複数のページを更新していて、それが内部リンクでつながっているのなら「このURLと直接リンクをクロールする」で申請すれば良いでしょう。

どちらにするか選んだら「送信」をクリックします。

 

最後に

Googleに登録されているサイトやブログなら、何もしなくても自然とインデックスされますが、いつインデックスされるかは更新頻度などにより違ってきます。

公開したばかりだったり、更新頻度が低いとせっかく記事を公開してもなかなかインデックスしてもらえません。

そんな時に、この方法で「インデックスへの送信」をすれば、より確実にGoogleにサイトやブログを知らせ、クロールしてもらえるようになります。

せっかく書いた記事ですから、早く登録してもらって大勢の人に読んでもらいましょう!


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi