読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

はてなブログでインデックスを拒否する「noindex」を使う方法

ブログ運営-はてなブログカスタマイズ ブログ運営

はてなブログでnoindex

グーグルからのインデックスを拒否する方法に「noindex」があります。これは、検索に引っかからなかったり、滞在時間が極端に短かったりするページのインデックスを拒否するために使うんです。

が、過去記事を整理しようと思って、検索数や滞在時間を調べて手を入れてもダメそうなページは「noindex」をしようと思ったんです。

ところが・・・・・・

はてなブログは「noindex」が出来ない

はてなブログだと「noindex」が出来ないんですよ。これHEMLの「head」要素内に記述するんですが、そもそのはてなブログで「head」に記述するとすべてのページに反映されてしまう。つまりブログその物がインデックスされなくなるんです。

じゃぁその記事を消すかと言うと、やっぱりせっかく書いた記事ですから消したくないんですよ。なのでダメもとで記事作成画面のHTML編集に直接書き込んできました。

 

はてなブログでnoindex

 

赤枠の部分です。ダメ元なんで反映されたらラッキーくらいで書きました。で、一度編集モードにしてからHTML編集に画面を戻すと・・・・・・

 

はてなブログでnoindex

 

消えてしまいます。何回やっても消えます。はてなブログでは「noindex」を使うなってことなんでしょうか。

どうにもならないもんで、いくつか記事消しました。

そしたらですね。あったんですよ「noindex」を使う方法が。しまったー。先にちゃんと調べるべきだった。

 

はてなブログで「noindex」する方法

 

giraffyk1.hatenablog.com

 

こちらのサイトで紹介されている「noindexのコード」を記事編集のHTML編集の一番上に貼れば良いみたいです。

本当にありがたい! もういくつか記事けしちゃったけどさ・・・・・・・

 

「noindex」についてはした方が良いと言う人と、関係ないって言う人がいますが、極端に滞在時間が短い(2秒とか)記事でほとんど検索されないのなら、あってもなくても一緒だと思うので僕はインデックスされないようにしました。

消すのもなんか悲しいですから。ちなみにインデックスされないだけで、内部リンクから読む事は出来ます。

 

インデックスを拒否する理由

なんでせっかく書いた記事のインデックスを拒否するかと言うと。滞在時間の短いページはそのサイトやブログの評価を下げてしまうらしいからです。

過去記事を見直していますが、ぶっちゃけすっごく時間がかかります。はっきり言って全部見直して対策を取るのは無理!

280記事近くありますから。本当に大変なんです。

そこで思ったのが、もともとアクセスが無いのなら消してしまえ! です。でも消すのも忍びないなーと思ってたら「noindex」を見つけたって訳です。

インデックスされなければ評価が下がる事もありませんし、読まれない記事に手を入れる必要もなくなります。

もっと言えば、読まれない記事を読まれるようにするより、新しい記事を書くか、6位くらいで止まっている記事にテコ入れしたほうが建設的だなと思ったんですね。それに、新しい記事を書いた方が面白い!

 

最後に

SEOとコンテンツマーケティングにはまっています。ひたすら本を読んだり関連したサイトを調べたりして知識だけが増加中。

やっぱり面白いと思って勉強するとあっという間に覚えますね。後は色々試して経験するのみです。

 

はてなブログ以外の方でインデックスを拒否したければ「noindex 方法」で検索してください。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi