読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

仕事が嫌だ!辞めたい!そう思う事ありますよね

転職

仕事がいやだ辞めたい

仕事が嫌で仕方が無い。もう辞めたい。働いているとそう思う事もありますよね。

ぼくは仕事が嫌で嫌でしょうがなくて、「もう辞める!」と決めて後先考えずに勢いだけで辞めました。

 

これで明るい未来が待っているはず。

 

そう思いながら面接を繰り返しましたが上手く行かず、散々な目にあった経験があります。

だからこそ今仕事が嫌で嫌で仕方が無くて、もうすぐにでも辞めたいと思っているあなたに、ちょっと立ち止まって考えてほしい事があります。

 

仕事を辞めたい理由を書きだす

仕事を辞めたい理由

今の会社に入社するのも苦労したはずです。

中には面接1社目で採用された人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は何社も面接を受けてやっと採用されたのじゃないでしょうか。

そんな苦労して入った会社を辞めたいと思うのですから、それなりの理由があるはず。嫌だから辞める!と強く思えば思うほど、なぜ辞めたいのか冷静に考えられなくなります。

 

まずはどうして辞めたいのかを考え、紙に書き出してください。

 

「面倒臭いなー」と思うかもしれませんが、勢いだけで辞めるリスクを考えれば、5分程度考えて書きだすくらいなんてことはありません。書きだすことで冷静になれるなら、その価値は十分にあります。

ぼくが会社を辞めた理由と、仕事が嫌になったよくある理由をまとめましたので、参考にしてください。

 

残業が多すぎる

毎日22時まで残業、次の日は朝6時に家を出て出張。お客様との打ち合わせが終わったら会社に戻って見積りや事務処理。次の日の営業の準備を終わらせて家に帰れば23時過ぎ。週末はたまりにたまった事務仕事を片付け、不具合があれば日曜日にも出勤して現場を手伝う。

 

そんな毎日を1年間続け、心底くたびれて仕事が嫌になりました。移動の電車の中でしか眠れないほどの激務をこなしたこともあります。

 

ホームセンターで働いていた時は、相棒だった社員が退職してから2カ月、次の社員が来るまで勤務時間が朝8時から夜22時過ぎと言う日々を、休みなしでこなしたこともあります。

 

拘束時間が長く、仕事が嫌だと思う人は大勢います。

限度を超えた残業や、休憩も取れないほど忙しい業務内容。労働基準法に違反しているのではないかと思う職場も多くあります。

社長が業務の実態を把握していても、「残業=頑張っている」という図式がまだ残っていることも多く、改善指示が出ないことも。

深夜0時を超えても仕事が終わらず、机で仮眠を取りながら作業をこなしたり、監督するべき上司が先に帰ってしまうこともあるようです。

 

そもそも日本は「残業をする人 = 頑張っている人」と考える上司や社員が多く、定時で帰ることがためらわれる風習が根強く残っています。

また、長時間労働を乗り越え出世してきた人は、「たかが残業でガタガタ言うな」と言う人もいるでしょう。

日本人のまじめな性格もあり、任されたら最後まできっちりこなそうとするあまり、長時間労働になってしまうことも。

 

とにかく仕事だけをやっていたい人ならいざ知らず、普通に働くなら8時間で帰宅して、プライベートを楽しむ時間もほしいですよね。

拘束時間が長く、休憩も休日もほとんどないような状況が続けば、仕事が嫌になっても仕方がないのです。

 

人間関係が上手くいかない

2度目の職場で仕事をやらせてもらえなかった時は、職場に話をする人もいませんでした。会社に行っても誰とも話ができない、そして仕事も無い。

そんな環境想像できますか?

 

人間関係が上手くいかないとその場にいるのも嫌になるものです。最近では反りが合わない上司がいてかなり苦労しました。

そこにいると思うだけで気持ちが悪くなってきて、どうにもこうにも耐えられなかった。

 

「話しかければ良い」とか「大人なのだから」と言われますが、そんな簡単に割り切れるものならだれも悩みはしない。

それに職場の人間関係って、働きやすさを計るバロメーターでもあるのです。人間関係が上手くいかなければ仕事も上手くいかなくなるものです。

このつらさは、その人の立場にならないと分からないでしょうね。

 

大失敗をしてしまった

過去に一度だけ訓告をもらいそうなほどの大失敗をした事があります。その時はもう地獄でした。

毎日毎日上司に呼び出されて事情聴取を受ける。時にはカマをかけられることもあり、かなりの不信感を持ったのを覚えています。

この時ばかりは仕事が嫌で嫌で、職場に行くのでさえ嫌で、この後一体どうなるんだろうと考えると不安で仕方がなくて。夜眠れませんでした。

毎日毎日事情聴取にも似た面談をやっていれば、心が耐えられなくなってきます。

 

こういう時の上司の常とう文句が「俺もそう言う失敗をした事があってな。」と言うもの。訓告は懲戒処分の中では軽いものですが、それでも将来を戒める意味がありますからね。

昇進している人が「俺もそう言う失敗を」と言う時点で嘘です。「なんだこの嘘つきども」と思った覚えがあります。この時は本当に嫌だった。

ミスをした後って仕事が嫌になると言うよりは、自分が嫌いになって辞めたくなるのです。

 

頑張っているのに評価されない

仕事を一生懸命頑張っていても、その仕事が評価されなければ嫌になってしまうものです。

時には上司が自分の仕事に追われるあまり、部下の仕事をきちんと見てあげることができず、過小評価につながってしまうこともあります。

また、部下のやっている仕事内容が、何年たっても進歩せず、自分ではきちんとこなし評価されるはずだと思っているのに、上司にとっては物足りないことも多々あります。

 

とは言え一生懸命働いているのだから、評価されたい、褒められたいと思うのは自然な欲求です。人事として評価されなくても、「ありがとう」と感謝されたり、「頑張っているね」とねぎらいの言葉をもらうだけでも変わってきます。

 

でも、人をほめるのって照れくさくて難しい。ついつい仕事をするのは当たり前のこととして、部下をほめることなく過ごしてしまう。

その結果「頑張っても認められない、評価されない」と不満を持ち、仕事が嫌になってしまうことがあるようです。

 

ライフステージが変化した

結婚や出産などでライフステージが変化することにより、仕事が嫌いになることがある。これはよく言われることです。

特に女性の場合は、結婚をきっかけに会社を退職したり、出産、育児のため現場を離れたりすることがあります。

ようやく落ち着いてから仕事に復帰すると、育児と仕事の両立で疲れてしまったり、職場の環境にうまくなじめなかったりします。小さい子供がいると、育児と仕事を両立させるのは、本当に大変なのです。

 

また副業が思っていた以上にうまくいき、本業の収入を追い抜いてしまったときも、仕事が嫌になるようです。

本業に使っている時間を副業でつかえたら、もっと稼げるし、もっと充実した時間が過ごせるはずだ。そう考えるのでしょう。

副業がうまくいくとキャリアアップを夢見て転職する人もいます。

ライフステージが変化すると、仕事も変化を求められるのかもしれません。 

 

職場に不公平がある

仕事ができて自分に自信があり、リーダーシップもあって誰からも頼りにされる優秀な人、が常に出世するとは限りません。

時には仕事ができなくても、お世辞を言うのが得意で何かにつけて上司の顔を立てようとする、胸の前で手をもみながら強いものに取り入ろうとする人が出世することもあるのです。

 

人が人を評価して出世するかどうか決まる以上、かわいい部下や気に入った部下を評価してあげたいと思うもの。時にはその感情が不公平を生みだしてしまいます。

他人は他人と割り切れればいいのですが、会社での出世はその後の生活や人生を左右するほどのインパクトがあることも。

 

実力があり一生懸命頑張っているほど、仕事で不公平なことがあると不満を強く持ち、仕事が嫌いになってしまいます。

 

「こんなはずじゃなかった」と思う

例えば、広告業界に入って華々しい企画だけをやらせてもらえると思ったら、泥臭い靴の底があっという間にすり減るような、きつい営業ばかりやらされる。

こんなはずじゃなかった。もっと第一線で活躍したいのに。

 

とまぁ、理想と現実が離れすぎていて絶望感を感じるパターンですね。

 

一言で言えば今、目の間にあるのが現実です。

起きているのに夢を見るな! というとこでしょうか。

 

仕事を外から見て「かっこいい」と思っても、それはほんの一部分。見えないところでは、雑務に追われる日もあれが、上司に怒られることもある。そんな泥臭い一面もあるのが普通です。

 

理想と現実が違った。だから仕事が嫌だ。

 

それはただの甘えです。

もし、「こんなはずじゃなかった」から辞めるのであれば、その先はもっとつらい茨の道が待っています。

辞めた理由が理由だけに、次の職場もなかなか見つからないはずです。

我慢できるのなら、ぐっとこらえて理想に近づく努力をしてください。

 

昇給しても給料が少ない

初任給は説明通りだったけど、昇給は少ないしベースアップもしない、仕事の内容に対して給料が少ない。と不満を持っている人は本当に大勢います。

自分の年収をほかの会社と比べてみると、思っているほど多くはなかった。今の給料で生活をしていくのは意外とキツイ。貯金もできないし、とにかく節約するしかない。

 

サラリーマンの平均年収を調べると、おおよそ450万円くらいです。またインターネットでわかる範囲ですが、一部上場の大手と言われている企業と中小企業とでも、給料にそれほど差がありません。

 

日本は仕組みとして給料が増えにくくできています。その理由は、転職する人を採用したがらない文化と、兼業副業を禁止し、生活費を会社からしか得られなくなっている体制に原因があります。

少ない給料でも社員が辞めることはほとんどない、となれば昇給させる必要もないのです。

頑張っても給料が増えないことを理由に、仕事が嫌になり転職を考える人がは大勢いますが、行動に移す人はまだまだ少数です。

 

望まない異動があった

望まない異動も日本独特の制度です。そもそも、社員がどの部署で働くのかを人事部が決めることがおかしいのですが。

望まない異動が原因で仕事が嫌になることは当たり前のようにあります。

経理として採用されたのに、経験があるからと営業に異動させられたり、広報を希望したのに、総務に回されたり。

 

日本では正社員を解雇することが難しいため、職種を限定して採用されることがほとんどありません。

そのため、少しでも戦力として長く働いてもらうために、会社の都合で部署を異動させるのが当たり前になっています。

とは言えやりたくない仕事を任され、行きたくもない部署に異動させられれば、仕事が嫌になっても仕方がないのです。

 

不正に気が付いてしまった

経費のごまかしや不正使用、旅費交通費の水増しなど、ふとしたことで社内不正に気が付くことがあります。

不正に気が付くと、直接注意するべきか、上司に相談するべきか悩むものです。社内に内部告発用の窓口を設置しているところもあります。

 

でも、勇気を出して報告したのに何も改善されなかった。上司に相談しても具体的な対策を取ってくれなかったとなると、途端に仕事が嫌になるものです。

不正が起こるということは、会社の仕組みに問題があるということ。

気が付いてしまったことで会社に居づらくなり、辞めたいと考えてしまうようです。

 

辞めたい理由は自力または時間で解決出来るか

辞めたい理由は自力または時間で解決出来るか

書きだした辞めたい理由を見て「自力で解決出来るか」「相談することで解決出来るか」「時間がたてば解決しそうか」を考えてみてください。

 

自分で解決出来るか

今抱えている悩みが自分で解決出来るかどうか。

ちょっとしたミスが原因なら「同じ失敗はしない」と思うことで、もう少し頑張ろうと思えませんか?

上司に「申し訳ありません」と謝れば終わるような内容じゃありませんか?

理想と現実が違ったのなら、理想に近づけるよう努力してみませんか?

人間関係に悩むのなら、自分から挨拶をしてみたり、積極的に話しかけるようにしてみてはどうでしょう。

自分が努力することで解決出来るのなら、解決するように行動しましょう。

自分だけの力で解決できるなら、それほど重大なことではないはずです。

 

相談することで解決出来るか

人間関係で悩んでいるのなら、上司に相談してみたらどうでしょう? 第三者が入ることで、意外とすっきり解決するかもしれません。

ひょっとしたら上司が気をまわしてくれて、翌日には上手くいくようになるかもしれません。

 

不正に気が付いてしまったのなら、会社の窓口や第三者に相談しても良いかもしれません。友達や同僚に相談して解決できそうなら、勇気を出して相談してみると良いでしょう。

望まない異動をさせられたなら、もとの部署に戻るにはどうすればよいのか、聞いてみませんか?

 

時間が立てば解決するか

会社から処罰されたとしても、時間が立てばみんな忘れてくれます。

出世が少し遅れるかもしれませんが、全く出世しなくなると言うことはそうは無いでしょう。

今日お客様を怒らせてしまったとしても、きちんとお詫びをして間をあけてから訪問すれば、嘘のように笑顔で迎えてくれるかもしれません。

時間が立つことで解決する内容は意外と多いものです。

出世が不公平だとしても、きちんと仕事をし結果を残していけば、いつか認められる可能性もあります。

辞めたいと思う理由が、アクションを起こすことで解決出来る事なら、辞める必要はありませんよね。

 

解決できないなら辞める準備をしよう

辞める準備

収入が無くても生活できるか考える

辞めたい理由が自力では解決できそうにないのなら、辞めるしかありません。でも辞めたいけど辞められないと言う方もいると思います。

 

「辞めてやる!」

 

そう強く思ったとしても、退職届を出す前に「収入が無くなっても生活が出来るか」考えてください。

 

「失業保険がもらえるから大丈夫、その間に次を見つけるよ」

 

なんて転職を甘く考えない事。

会社都合で退職出来ればすぐ失業保険がもらえますが、自己都合だと3カ月待たないといけません。それに失業保険は雇用保険に加入していた期間でもらえる日数が変わってきます。

 

加入期間が5年未満だと90日。5年以上10年未満だと120日~180日(年齢による)です。

 

ノープランで会社を辞め、ハローワークで仕事を探すつもりならおそらく2,3カ月で仕事を見つけるのは難しいでしょう。

収入が無くなっても生活が出来るかどうかは大切な事です。生活出来ないのなら、我慢して今の会社にいることをお勧めします。

 

ハローワークで仕事を探す

仕事を辞める時は、在職中に次の職場を決めて円満退職が理想です。

ハローワークでも在職中に登録をして仕事を探すことが出来ます。

ただ退職日(退職予定日)がはっきりしていないと紹介してもらえない事もあります。

ハローワークを通して転職先を探す場合は、事前に自分の希望をまとめておき、相談員にやってほしい事をきちんと伝えましょう。

例えば・・・・・・

 

・希望の条件に合う求人があるか探してもらう

・すぐ退職出来ないが大丈夫か聞いてもらう

・面接を夕方にしてもらえるか聞いてもらう

 

などなど、こちらから伝えない限りなにもしてもらえないので、希望をきちんと伝える事が大切です。

それに自分のもっているスキルや経験もきちんと伝えましょう。

なにも伝えずに良い仕事に巡り合うことはまずありません。

 

転職サイトに登録して仕事を探す

転職サイトには「お金を払ってでも人材を探している企業」の情報が集まっています。ここがハローワークとの大きな違いです。

また転職エージェントはどの企業がどんな人を募集しているかと言う情報を沢山持っていますし、新しい情報も早く入ってきます。

人材を求めている企業と転職したい人を結びつけるのが仕事ですから、当然ですよね。

それに求人を出している企業の内情も分かっています。

この辺がハローワークと大きく違うところじゃないでしょうか。

なので、就きたい仕事に就ける確率は転職サイトの方が高いと思います。

登録しておくことで求人を紹介してもらえるのも良いですよね。

ただハローワークでもそうですが、自分の希望とスキルや経験をきちんと伝える事が大切。

なにもせず、なにも伝えずに良い仕事に巡り合うことは難しいでしょう。

 

転職サイトでお勧めなのがピタジョブです。

自分の要望にどのくらいマッチしているかピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面はとても使いやすいです。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていますし、大手転職サービス「type」「DODA」「マイナビエージェント」の求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

しかも! 登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

登録はこちらから⇒【 ピタジョブ

 

転職エージェントでお勧めしたいのはマイナビエージェント です。

就活性の95%以上が登録するといわれていて、学生の知名度は抜群なのですが、転職エージェントとしては、リクルート・インテリジェンスに大きく離されての業界5番手と言ったところ。

5番手と聞くといまいち頼りない気がしますが、ほかのエージェントにはない魅力的な求人が多く、マイナビにしか求人を出さない独占求人も沢山あります。

しかも! 20代~30代の転職に強く、人事担当者とも太いパイプを持っているのです!

 

またリクルート・インテリジェンスと比べると、登録者数は少ないのですが、その分一人一人を大切にし、良い求人を親身なサービスで紹介してもらえることができます。

親身なサービスに触れることで転職活動の不安を払拭できるからか、利用者の満足度はとても高いのです。

関東エリアで転職を考えたら、マイナビを利用しない理由はありません。

登録はこちらから⇒【 マイナビエージェント 】

 

仕事を辞める前に良く考えて

仕事を辞める前に良く考えて

僕は後先考えずに退職して、転職を繰り返した結果なんとか希望の職に就くことができましたが、そこにたどり着くまでにいじめにあったり、訪問販売をやったりとすごく苦労しました。今思えば無謀な事をやったなと思います。

だからこそ、仕事を辞めたい! そう思ったら勢いだけで辞めるのじゃなくて良く考えてほしい。せっかく正社員で採用されたのなら、その立場を一時の感情で捨てるのはすごくもったいない。

 

本当に辞めないとだめなのか?

辞めなくても済む方法があるのじゃないか?

 

ちょっと冷静になって、自分の市場価値をMIIDAS(ミーダス)診断してみませんか? ひょっとすると今の給料が他より全然良いかもしれません。

リクナビNEXT  のグットポイント診断で自分の強みを確認するのも良いですね。

自分に合った仕事探したいのなら、仕事探しのワガママに応えるピタジョブ も素晴らしいサービスです。社員の勤続年数まで分かる情報量は、きっと役に立ちます。しかも! 登録は「メール・生年月日・性別・パスワード」だけと言う手軽さです。

 

とにかく勢いだけ、思い付きだけで辞めないこと。きっと後悔しますよ。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi