読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

30代の転職活動。良い会社を見つけるコツ。

30代の転職

30代の転職活動。良い会社を見つけるコツ。

会社を辞め、転職するために就職活動をしているけれど次の仕事がなかなか見つからない。せっかく新しい仕事に就いたのにブラック企業だった。

と言うのは、ぼくが転職するときに経験した事です。

ハローワーク1本で進めた就職活動でしたが、なかなか採用にこぎつける事が出来ませんでした。

苦労して採用された会社も、今で言うブラック企業。そこでうつ病直前まで追い込まれました。

なぜなかなか採用してもらえないのか。なぜ、良い会社に巡り合えないのか。

この疑問は求人情報の裏側を想像してみれば分かります。

この記事では良い会社を見つけるためのコツを紹介します。

 

企業が求人を出す理由

まず求人がハローワークや転職雑誌、転職サイトに掲載される理由を考えてみます。

もしあなたが採用担当者だったら、どんな時に求人を出しますか?

きっと考えられた理由は次の2つじゃないでしょうか。

 

①退職者が出たので人員を補充したい

②事業の拡大に伴い人手が不足している

 

人手が不足した時に出る求人はあっという間に採用がきまる

②の事業が拡大するため人手が不足して人員を募集しているケースでは、急ぎで即戦力になる人を採用したいと考える企業が多い。

その場合、ハローワークや求人雑誌のように誰かが見て応募してくるような、ゆっくりした方法を取ることはあまり考えられません。

どちらかと言えば転職サイトのように、お金を払ってでも要望にマッチした人員を採用しようとするはずです。

もちろんハローワーク等にも求人は出るでしょうが、あっという間に無くなっていきます。

それだけ採用に積極的で、緊急性があると言うことです。

こういった求人はキャリアアップや年収アップが見込めますが、情報を集めるには求人サイトに登録しておく必要があります。

でも求人サイトに登録したりする方法は大勢の人がやっているので競争率が高い。

良い求人ならなおさらです。

 

退職者が出たので人員補充をしたい求人

①のタイプの求人は注意が必要です。

なぜか?

誰かが退職すると言うことはその企業に問題があるかもしれないからです。

想像してみてください。

  • 福利厚生が充実していて給料も十分もらえている。
  • 残業もそれほど多くなく、サービス残業が行われることは絶対にない。
  • 年間の休日も多く、有給休暇も取りやすい。
  • 仕事もやりがいがあり、将来もきっと成長していくだろう。

と言うような、夢のような企業で働いている人が途中で退職なんてするでしょうか?

こんな良い会社に勤めていたら、退職を考える人はまずいないと思って良いでしょう。

となれば、人員の補充が理由で出ている求人は企業に何らかの問題があると予想出来ます。

そんなブラック色の求人を見分けるのは意外と簡単で、どのくらいの期間、どのくらいの頻度で求人が出ているのかを調べればすぐわかります。

ハローワークの窓口に求人をもって行って聞いてみても良いでしょう。

ハローワークの常連に聞いても分かります。

地元で転職活動をしている人は意外と求人の情報に詳しいものです。

あまりにも頻繁に求人が出ている企業は要注意!

それだけ頻繁に人が入れ替わると言うことですから、ブラック企業の可能性大です。

 

余談「ブラック企業の社長の話」

地元でブラック企業と評判の社長が、ハローワークで求人について相談していた時の話です。

その会社はあまりにも離職者が多く、求人の内容と実際の仕事内容が違う、残業代がもらえないこともあると言うことで、職員から改善するように注意を受けていました。

当然社長ですから、反省して次からはきちん指導して求人を出します。

と言うと思ったのですが、さすがブラックで有名な会社の社長。言うことが一味も二味も違いました。

 

「お前らの言うとおり求人を出していたら誰も応募してこない。そんな事をしたらうちの会社が潰れちまう。お前ら指導するなら会社の経営責任も当然持つのだろうな?」

 

ヤクザ張りの剣幕でハローワークの職員に詰め寄ったそうです。

あり得ない態度ですが、ブラックと噂される企業の社長はやっぱりブラックなのかと妙に納得してしまいました。

その後どうなったのかは知りませんが、いまだに求人が出続けているところをみると、何も変わっていないのでしょう。

 

良い会社の求人はどこにあるのか

働きやすい優良企業の求人はハローワークに出ています。

ただ数が少なく、アピールも下手なのでなかなか見つけられないのです。

 

なぜハローワークにあるのか。

その理由は優良企業だからこそです。

 

簡単に言えば滅多に退職者が出ない為、人事も中途で人を募集したり採用したりすることに慣れていないのです。

だから突然人員の不足にどう対応していいのかが分からない。

どうしていいのか分からないから、とりあえずハローワークなら安心だろうと求人を出します。

でも慣れていないので求人が目立たないのです。

だから埋もれていることが多くなります。

 

また優良企業の特徴として、面接を申し込むと意外と苦も無く採用されやすい傾向があります。

採用に慣れていないこと、求人が埋もれてしまってなかなか募集が来ないのも理由のようです。

 

良い会社の求人を探す方法

ちょっと勇気が必要ですが、埋もれている求人を探す方法があります。

まずGoogle検索に住んでいる地域と職種を入力して検索します。

検索すると、地図に企業名がずらずらっと出てきますよね。ありがたい事にHPまで出ています。

その中から希望の仕事が出来る、あるいは働いてみたいと思える企業を探し、直接電話をして求人が無いか聞くだけです。

 

HPに求人情報を掲載している企業もありますが、それは鵜呑みにしない事。

HPに求人を出していなくても、ハローワークに求人を出している企業は意外と多い。

どうしてそんなことが起こるかというと、求人を出す部署とHPを管理している部署が違うからです。

 

HPに求人が掲載されていなくても、気になる企業にはどんどん電話してみましょう。意外な企業が人を募集しているかもしれません。

 

電話をする前にHPでその企業を良く調べること。

この会社で働きたい! と言う熱意は電話でも伝わります。

後はやる気次第ですね。地元で評判の企業に電話してみても良いかもしれません。

 

最後に

本当に良い求人は、ハローワークにあります。

もちろん転職サイトにも出ています。

出てはいますが求人が出るのを待ってから探して活動をしていると、当然ライバルが多くなります。

いくら求人が目立たないといっても、誰の目にも止まらないということはありませんから。

 

インターネットで企業を探し、直接電話することで求人が出る前にアピール出来ますし、直接申し込むことで好印象を持ってもらえます。

良い会社の求人を人より早く見つけるには直接電話をして聞くのが一番早い。

もちろん必ず上手くいくとは言えませんが、何十社も受けて「ダメだ! 仕事が見つからない!」と嘆くくらいなら、試してみる価値があると思いませんか?

 

お勧め関連記事

bunoshi.hateblo.jp

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi