読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

仕事を変えたい!辛くてどうしようもないなら逃げるのも選択肢だよ。

転職

仕事を変えたいと思う時

就職して1年も経たずに会社を辞める人は何をやっても続かない。

最低でも3年は勤めないとその仕事の面白さは解らない。

なんて良く言われるこの言葉。

ある意味正しい気もしますけど、嫌な仕事を3年も続ける必要はありませんし、辛くてどうしようもないのなら1か月でも辞めていいのです。

 

そう思ったのは教えてGooに投稿されていた質問を読んだから。

 

内容は「新卒で高齢者施設に事務として就職しました。人間関係が辛いです。先輩女性からの嫌がらせのようなものに耐えられません。」と言うもの。

 

あまりにも切実でかわいそうになってしまった。しかもネットですぐ辞める人への批判を見てどうしようもなくなってしまったとか。

 

女性のいじめは怖い。そして分かりにくい。

男女差別じゃないですよ。勤め先で似たような事があったのです。お菓子はずしってやつです。

これね、男性からしてみると「たかがお菓子」なんですよ。

蔭口や仲間はずれは何となく、第三者からみると何となくいじめかなって解るのですが、それでも女性の場合はすごく分かりにくい。

なんて言うのかな。

コミュニティが男性と女性とじゃ全然違うのですよ。だから周りから見ても仲が良いのか悪いのかって正直分かりにくいのです。

色々突っ込んだ話を聞いて初めて「え?〇〇さんと△△さんって仲悪かったの?」ってなるのです。

ましてやお菓子はずしですよ。

簡単に言えば特定の子にだけお菓子をあげないってことなのですが、男性諸君はそれがいじめだと思いますか?

思いませんよね?

でも、お菓子はずしって女性の中だとすごく嫌な事みたいなのです。

別にそんな事どうでもいいじゃん! そう思うのですけどね。

実際これが原因で出社拒否になった女性がいます。

 

お菓子がもらえなくて出社拒否。

 

小学生か! そう言いたくなりますが、お菓子はずしって相当嫌な物みたいですね。

「お菓子はずし」だからたいしたことがないって感じるのかな。

女性にとっては仲間はずれとかそんなイメージみたいです。

 

男の上司に相談しても分かってもらえない

上司も男性でしたから「え?お菓子がもらえないの?それがいじめ?」と言うような反応だったようです。

この上司の気持ち良く解ります。だってたかがお菓子ですから。

その時の対応が「お菓子がもらえないのが嫌ならお菓子を持ってこられないようにしよう」だったんですよ。

問題の中心がずれまくっているでしょう?

仲間はずれにされるのが嫌のですけど、お菓子はずしですからね。

悪いのはお菓子を持ってくる事です。だからお菓子を持ってくるなと。

当然問題が解決するわけもなく・・・さらにぐちゃぐちゃになって、手がつけられなくなりました。

 

さらに複雑な派閥

問題を複雑にするのが派閥です。

男性でもありますよね。あの上司についているとか俺は○○派だとか。

女性の派閥はたいていリーダーと呼ばれるようなお局様がいて、この人に逆らうとその職場ではやっていけなくなる。らしい。

ホームセンターに勤めていた時もいましたよ、このお局様。

どの店にも必ず一人はお局様がいて、側近がいて、いじめられる人がいる。

お局様を見つけるのは簡単です。

ぱっと見で「あ、この人がリーダー格だな」ってすぐにわかる。

でもいじめられている人が分かりにくい。

いじめられる側に入ると正面切ったいじめは少なくて、本人にしか分からないような微妙な嫌がらせをちくちくとやってきます。

 

辛くても続けますか?

パワハラやセクハラも、いじめも深刻な問題です。

子供のころいじめを見たりされたこともあります。

いじめられながら「大人になればいじめもなくなる」と信じていました。

 

実際は全然違います。

大人になるともっと陰険で、もっといやらしいいじめがあります。

立場や権力を利用した嫌がらせも、毎日当たり前に行われています。

 

「やらないなら仕事を出さない」

 

大きな会社の担当者が言うこの言葉も、ある意味いじめです。

でも職場の中が良くて、信頼出来ればこんな心ない言葉にも耐えられるものです。

 

その職場でパワハラやセクハラ、いじめにあっているのに、辛くてどうしようも無いのに、我慢して続ける必要がありますか?

 

逃げるのも選択肢の一つ

逃げると言う表現が正しいかどうかは解りませんが、どうしようもなく辛いのなら、さっさと退職しましょう。

体や心に傷がつくまで頑張る必要はありません。働くにしても勉強するにしても健康じゃないと出来ませんしね。

 

辛いならさっさと逃げましょう。

 

自分の身を守るのが先です。後の事は後から考えれば良いじゃないですか。

ましてや心身に異常をきたすようなら迷う必要はありません。

我慢することも大切だと思いますが、「逃げる」と言う選択肢を持つことも身を守るには大切なことです。

 

三十六計逃げるに如かず

ちょっと意味が違うかもしれませんが、孫氏の兵法では逃げることが最上の策なのです。

 

世間をうまくわたり、成功するためには、戦いに勝つことにこだわるよりも、争わないように勉めることが大切です。

一見して負けて後退しているようにみえても最終の勝利を手に入れ、ひいては良好な人間関係を周囲に築くことになるのです。

 

逃げずに立ち向かうことも潔く素晴らしい事だと思います。

でも、身も心もボロボロになってまで立ち向かう必要はありません。

無理だと思ったらさっさと逃げましょう。

 

最後に

逃げるな! と言う教えが強すぎる気もしますね。

いじめられると歯向かわないからだとか、何も言わないからだとか言う人がいますが、それが出来れば悩まないでしょう。

それなのに立ち向かう事を進めて逃げる事はなかなか認めてくれない。

 

「逃げる=甘え」じゃ無くて、「逃げる=次に備える」と考えましょう。

 

本当につらい時は逃げていのです。

逃げる事が最善の時もあります。

心や体が壊れるまで頑張る必要はありませんよ。

 

短期間で辞めた後の就職活動

出来れば辞める前に次の勤め先を見つけたいところ。

1年未満での退職はおそらく面接で退職理由を聞かれます。

なんで辞めたのかをきちんと説明できるように準備しておくのことをお勧めします。

 

ちなみにぼくは1年未満の職歴は書きませんでした 笑 正確には3カ月で退職ですが。

 

書いても良かったんですが面接で辞めた理由を聞かれた時、どんな説明をしてもその会社の悪口になりそうだったのと、あまりにも短い退職は書かなくても良いと聞いたから書きませんでした。

本当に書かなくていいのかはハローワークの相談員にでも聞いてみてください。

 

なんで辞めたのか詳細はこちら↓

bunoshi.hateblo.jp

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi