読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

適正年収は約407万円! 20代も40代も趣味は在宅ワークでお小遣い稼ぎ!

働き方コラム 働き方コラム-仕事の悩み

f:id:ranmaru-24mensou:20151116215217p:plain

ワークポート が「転職希望者の本音調査」で20代~40代の男女に自分の適正年収はいくらだと思うか聞いた結果を発表しました。

全体をみると適正年収の平均は約407万円。実際の年収の平均は約390万円だったそうです。

ご自身の適正年収はいくらだと思いますか?|転職希望者のホンネ調査|IT・インターネット・ゲーム業界への転職ならワークポート

 

年齢別でみた結果

▼年齢別で見てみると下記のような結果でした。

【20代】適正年収平均は約311万円、現年収平均は約280万円 差:約31万円

【30代】適正年収平均は448約万円、現年収平均は約416万円 差:約32万円

【40代】適正年収平均は約590万円、現年収平均は約545万円 差:約45万円

 

年収だから総支給額ですが、これだけ見ると自分が適正だと思う金額と、実際にもらっている金額ってあんまり差がないんですね。

 

ざっくり現年収から月の給料を計算。ボーナスなしの場合

 

20代で月23万円。手取りだと17か18万円。

30代で月35万円、手取りで27万前後。

40代で45万円、手取り34万円前後かな?

 

なるほど。確かに平均っぽい金額ですね。

ちなみに、適正年収407万円は月あたり34万円で、手取りだと26万円くらいです。

平均は390万円なのでもう少し下がりますね。

かなりのざっくり計算なのでご了承ください。

 

適正年収407万円は低いと思う

正直な話、適正年収407万円って低いと思うんですよ。

もちろん平均なのでこれ以下の方もいればこれ以上の方もいますが、407万円ですよ。絶対低いですって。

 

僕はぎりぎり30代なので30代の平均年収をみて話しますが、今の年収が416万円だとしたら、適正年収は700万円とか1000万円以上って言いますね。

転職するなら700万円は貰いたいと思いますし。それ以上の仕事が出来ると思っています。

適正年収って結局は今の実力でいくらもらえると思うかってことですよね。

その差がほとんどないってことは、転職する必要もないんじゃないかな。

 

転職に何を求めるかで違うとは思いますが、今は年収400万円だけど本当は430万円位貰っても良いと思うんだ。

なんてちっぽけな差額で転職を考えるなら辞めた方が良いです。

欲しいのはお金じゃないって言うなら話は別ですが、どうせならでかい事言ってでっかい夢みましょうよ。ちっぽけなこと言ってたらちっぽけな事しかできませんって。

 

年収は今と同じくらいで良いです。って言ったら今と同じくらいにしかなりませんから。

 

結果を見て思う事

40代の平均が545万円ですか。夢がないですね。

1000万円とか2000万円だとかなり夢があるんですが。

転職希望者の中に800万円以上の人がいないのも夢がないですよね。

満足できる金額をもらっていたら転職したいとも思わないんでしょう。

 

ちなみに40代の前半の平均年収は男性で564万円、女性で290万円です。

40代後半になるとだいぶ上がりますが、計算すると適正平均年収とそれほど差がないように思えます。

1000万円以上もらっている人は全体の4%くらいだそうです。

この結果を見てもやっぱり夢がないですよね。

1000万円以上がもっといてほしい。

もちろん人によって差はあるんでしょうが、もっともらっても良いと思うんですよね。

この結果だと40代になってそれなりの役職をもらっても、年収は思ったほど増えないってことですよ。やっぱり夢がない。

 

面白いのが趣味のランキング

さて、40代になっても年収は思ったほど増えないと言うことが解ってしまったところで、休日の趣味はどんなものが多いんでしょう。

趣味探し.COMによると20代~40代までのランキングは全く一緒!

 

第1位は「在宅ワーク」です!!

 

やっぱり皆年収に納得していないってことですよね。もっと稼ぎたいって思っているんですよ。20代も30代も40代も、趣味が「在宅ワーク」ですから!

ついでに言うと、男性総合ランキング1位も「在宅ワーク」女性総合ランキング1位も「在宅ワーク」当然ながら全体の1位も「在宅ワーク」です。

もう、どれだけ働きたいんだ! って感じです。

2位は「一人旅」これも不動の人気です。働き過ぎて疲れたこころとからだを、一人で旅に出て癒しているんでしょう。

 

趣味在宅ワーク

ブログもおこずかい目的でやっていれば立派な「趣味在宅ワーク」ですよ。昼間の仕事と違うのは楽しみながら出来る事でしょう。

それにしても、在宅ワークが趣味になるってことは、家に居ながら稼ぐ方法が増えているとも言えますよね。

試供品の感想を書いたり、ポイントをためたり、簡単なパソコンのお仕事をやったり、ちょっとした組み立てや、通信教育の添削等々。出来ることは本当に沢山あります。

ランサーズのようなフリーランス向けのサービスも増えていますよね。

それに在宅ワークが趣味の1位になるってことは、副業をやっている人も大勢いるって事じゃないでしょうか。

 

結論。適正年収407万円は低い

一概には言えませんが、在宅ワークをする人が多いと言うことは、今の年収に満足していない人が大勢いると言う事。

 

つまり、適正年収407万円は低い! と言う事。

 

かなり強引にまとめていますが、今の勤め先で年収が増える見込みが無いのなら、思いきって転職を考えるのもありだと思います。

でも勢いだけで転職すると間違いなく失敗するので、準備は念入りにやりましょう。

 

まずは無料の市場価値診断が出来るMIIDAS(ミーダス)で、自分と似たような経歴の人がどのくらいの年収で、どんな職種に転職しているか調べてみではどうでしょうか。

 

最後に

夢や希望はでっかくいきましょう!出来ると思えばなんだって出来ます。

でっかい夢を追いかけていればちっちゃい夢はいつの間にかかなっているものです。

年収400万円を450万円にしたいなんてこと言わないで、どうせなら1000万円とか2000万円を目標にしましょうよ。

今は無理でもいつかきっと出来ます。

「為せば成る 為さねば成らぬ成る業を 成らぬと捨つる人のはかなさ」って言いますしね。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi