bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

東京の人はよく歩く

都会の人は良く歩く

関東方面に出張するたび、「東京の人はよく歩く」と感じています。

  • 自宅から駅まで歩く
  • 駅構内で会談を上り下りする
  • 到着した駅から会社までまた歩く

田舎の人は体力があり、都会の人は体力がないといわれます。
たしかに子供のころは、斜面の多い山を走り回りますから、都会の子供より体力があるかもしれません。

ですが大人になると都会の人の方が、体力があるはずです。

この記事では、「なぜ都会の人はよくあるのか」を、田舎と比べて考えています。

車の保有台数が違う

田舎で生活している会社員の体力が落ちていく理由は、車社会だからです。
一家に1台ではなく、1人1台車を保有しています。

こちらのサイトを参考に具体的な数値を紹介すると、

  • 全国平均は2人に1台
  • 東京都は4人に1台
  • 長野県は5人に1台

となっています。
この数値をみても田舎が車社会だとわかります。

実際にぼくの近所では、1人1台車を保有しています。
学生を除けば「携帯電話と車は持っている」方も多いことでしょう。

余談ですが、田舎では高級車に乗っている方が大勢います。
なぜ高級車が多いのか、それは次の理由からです。

  • 自宅に駐車場がある
  • 常に使うため広さと乗り心地を求める

都会と比べた場合、駐車場代が安い、もしくは無料なのも大きいですね。

職場の従業員が乗っている車は、オデッセイ・クラウン・BMW・アウディ・スカイライン・ヴェルファイア・ハリアー・セレナ・ノア・RX8・エスティマ・ハイエースなどです。

田舎ではほとんど歩かない

東京の方は、通勤で歩いていますが、田舎ではほとんど歩きません。

朝は家の前に駐車している車に乗って、出勤します。
家から車までの歩数は、5歩程度です。

また職場の駐車場から会社までは、近ければ100mもないでしょう。
遠くても500mほどです。

もし事務仕事なら、本当に歩きませんよね。

家から500mほど離れたコンビニには、車か自転車で行きます。
週末のお出かけは車です。

人にもよるとは思いますが、本当に歩きませんね。

偏見も歩かない理由の一つ

田舎では道を歩いているだけで、偏見の目で見られることもあります。

  • 車を買うお金がない
  • ひとり思い悩んでいる
  • 何か問題が起きたに違いない
  • 不審者に間違われる

そもそも道を歩いている人がほとんどいません。

歩くのは小学生や中学生くらい。
あとはお年寄りで散歩している方だけでしょうか。

大人が一人で外を歩いていると「リストラされた」というウワサが流れます。

ご近所付き合いも関係している

田舎は良くも悪くもご近所付き合いがあります。

道を歩いていてご近所さんや知り合いに出会うと、挨拶をして会話をしないといけません。
この会話が面倒くさくて車を使う方もいます。

徒歩1分のゴミ捨て場にも、車で行く方がいるほどです。

親密過ぎる人間関係も、ときにはわずらわしいものですよね

普通自動車免許がないと就職先もない

田舎の求人票には「要普通自動車免許」と、書かれています。

田舎は交通網が発達していないため、移動手段が「車」もしくは自転車などに限られています。
もちろん自転車で通勤してもいいのですが、職場で何かあった場合は「車」を運転しないといけません。

そのため普通自動車免許が必須になっている求人が、ほとんどです。
免許がないと就職先もないので、尚更自動車が普及していくのでしょう。

都会の人はなぜよく歩くのか

都会の人はなぜよく歩くのか。
田舎との違いをまとめると次のようになります。

  • 自宅に駐車場がない
  • 駐車場が高い
  • 交通網が発達している
  • 普通自動車免許がなくても就職できる
  • 歩くことへの偏見がない
  • ご近所の人間関係が薄い

つまり都会には歩かざるを得ない理由があります。
また田舎には、歩きにくい理由があります。

どっちもどっちだと思いますが、少なくとも歩いた方が健康には良いですよね。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi