読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

連休前に急増!「短納期」「急ぎ」のメール。休むな!働け!ってこと?

働き方コラム 働き方コラム-仕事の悩み

休むなメール

ゴールデンウィークやお盆、年末年始の連休は嬉しいですよね! 

家族旅行に行ったり趣味に没頭したり。連休だからこそ出来ることも沢山あります。

友達や恋人と休みの計画を立てるだけでもわくわくしするじゃないですか!

でも連休前になると、短納期・急ぎと言った仕事のメールが増えます。

中には「遠まわしに休むなって言ってる」メールも結構あるんです。

 

連休間際のメールはろくな内容がない

連休間際に来るメールはろくな内容がないですよね。

 

絶対これ休むなって言ってるよ。

 

そう感じるメールが沢山きます。

そんな「休むなよ!」と言っているメールを紹介します。

 

稼働日の意味知っていますか?

見積り依頼を頂いて、製品を作るための標準の工期を連絡する。

まぁ日常のありふれた風景なんですが、「標準工期は稼働日で(休みを除いて)20日になります」と連絡した後の返信メール。

 

「1月6日納期でお願いします。工期20日ですと12月16日にお願いすれば間に合いますね。そこを目標に図面を作成いたします。よろしくお願いいたします。」

 

えーっと・・・?土日どころか正月も休むなと言うことか?

 

そのピンポイントの出図日程はなに?

僕の勤め先は12月26日~1月4日まで正月休みです。

お正月は妻のご両親にあいさつしたり、自分の親兄弟にあいさつしたりと、色々と忙しい

そんな年末間際の11月末に来たメール。

 

「お世話になります。12月25日で出図しますので、1月5日納期で製作をお願いします。」

 

ん? なにこのピンポイントで狙ったような出図は? 俺が休んでいる間に物を作っとけ! ってことか?

 

え?自分の都合優先ですか?

今年のゴールデンウィークは4月29日~5月6日までの大型連休でした。

休みの計画も色々あったんですよ。

そんな4月中旬に来たメール。

 

「納入いただいた製品で確認していただきたい事があります。ちょうど5月3日はそちら方面に言っていますので、検査して頂けませんか?」

 

連休ど真ん中! しかもそちら方面に行っていますって、里帰りしてるだけ。連休明けじゃダメですか?

 

ずいぶんストレートだねぇ

希望納期に間に合わ無い事をお詫びしながら生産日程を連絡したメールへの返信。

 

「回答ありがとうございました。まさか土日休んだりしていませんよね? 休んでいて間に合わないのは認められません。詳細日程を提出してください」

 

いやその指示って完全にアウトでしょ? 休むな働けってメールで直接指示していいの??

 

休むなメールを見ていて思う事

大手企業の一部社員から送られてくるこの「休むなメール」が中小零細企業がブラック化する原因の一つなんじゃないかと思った。

ひどいと「やらないなら二度と仕事は出しません」とまで書いてくる人もいるし、電話で脅されることもあります。

 

「そう言う回答なら二度とだしません」とかね。

 

きっと、やらないなら仕事は出さない。

納期に間に合わせるために休むな。

と言うプレッシャーがブラック企業を作る原因の一つなんじゃないかな。

 

休みなしで働いても割り増しで払ってくれる訳じゃない。残業が増えても高く売れるわけじゃ無いですしね。

無理をして長時間労働をさせるけどほとんどもうからない。

残業代を払ったら会社が倒産するかもしれない。

でも従業員を雇っていくには無茶な要求にもこたえるしかない。

そんな苦悩する社長の姿が見えます。

 

儲からないのに強要される長時間労働

長時間労働は社内だけじゃなく、外部からの圧力が大きい気がします。

まぁ、どうせ逆らえないだろうと相手の行動を読み切って「休んでませんよね?」と記録が残るメールで圧力をかけてくるくらいですから、某一流企業様もふざけていますけどね。

 

その結果、会社を維持して行かないといけないから、残業が増える。でも儲からないから残業代が払えない。まさに悪循環。

 

Win-Loseになっている商取引を見直した方が良い気がしますが、大きい企業ほど雇用も大きいし、国への貢献度も大きい。だから、取り締まれない。

なんて想像でしかありませんが、そんな世界もある気がしています。

だから、力のない企業がどんどんブラック化して行くんじゃないでしょうか。

 

そして突き詰めると消費者にたどり着く

①消費者が1円でも安く買いたいと言う

②それに応えるため大手が値下げに走る

③値下げするために原価を下げようとする

④下請けに値下げ要求が出る

⑤仕事が欲しいから値下げを飲む

⑥残業代が払えなくなってくる

⑦7サービス残業が増え収入が減る

⑧8だから消費者1円でも安く買いたいと言う

①に戻る

 

あぁ負の連鎖。

今より10%高く買ってくれれば企業はかなり潤うと言う人もいますよね。

企業が潤えば賃金が増え、賃金が増えれば多少高くても買うようになり・・・。

 

経済はめぐりますから、安く作るためのプレッシャーがブラック企業を作り、遠まわしに休むなと言うメールを生みだす。のかな?

 

そして思う事

休みは休みなので休ませていただきます。

割り増し料金を払うなら休日対応するけど、払わないならやらない。

大体にして連休明けを納期にしたり、休日の一日前に出図したりする時点で良くわからんのです。

こういうメールを頻繁に見ていると、下請け法とか労働基準法っていったい何なんだろうなと思います。

仕組みとしてブラックと呼ばれる企業体制を作り出してい事もありますよね。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi