読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

管理職がつまらない! 管理職を辞めたい! そうだ転職しよう!

働き方コラム 働き方コラム-仕事の悩み

管理職の仕事は現場に比べると退屈。

f:id:ranmaru-24mensou:20151126220731p:plain

管理職は大変です。必達の目標もあります。部下の管理もしないといけない。問題が起きたらフォローもしないと。

毎日目まぐるしく過ぎていき自分が何のために働いているのかも分からなくなる。

これなら自分の意思で動ける現場の仕事が良かった。

そう思う管理職は多いでしょう。

現に管理職になっても管理が出来ず、プレイヤーのまま部下と張り合っている人も大勢います

 

管理職をみた事がないから管理職の仕事が分からない

プレイヤーのまま昇進し、管理職になってもプレイヤーとして働いている。管理職としての仕事は成果の報告と、達成できない場合の叱責だけ。

 

「俺はこれだけできるんだからお前もやれ!」

 

と言う上から目線の教育と言うよりはパワハラをするのもこのタイプ

管理職を勘違いしている人です。

実際自分も上司から同様の扱いを受けてきたので、管理職の仕事が分かっていない。

でも人の上に立ち、部署の方向性を自分の意思で決めることが出来るこの立場は、プレイヤーとしてはものすごくやりやすい。

結局1人で実績を作り、最後には部下からの信頼を無くします。

当然人を育てられない管理職は評価も低くなりますから、いつまで経ってもプレイヤーのまま過ごすことになります。

 

管理職の仕事は黒子になること

自分は一歩引いた場所から部下を陰からサポートして、滞りなく仕事を勧められるようにする。

分からないことは教え、求められたら適切なアドバイスをし、問題が怒ったらぎりぎりまで部下に任せ、どうにもならない時は最後の砦として必死に動く。

 

管理職って、目立たない地味な仕事です。

 

それは管理職を任されるほど仕事が出来たからこそ、同じように出来る部下を育ててほしいと言う会社の期待があるからです。

 

プレイヤーとして第一線を走り回り、売り上げをガンガン上げて仕事をしてきた人は、管理職の仕事に戸惑いを覚えます。

 

部署を1つ任されたら先頭に立って前に進み、ついてこられない奴は置いていく。足りない売り上げは俺が作る! 

 

そんなかっこいい管理職像を想像したのかもしれませんが、出来る管理職は黒子に徹します。理由は簡単、自分でやってしまうと部下が育たないからです。

 

プレイヤーは確かに面白いが、それ以上に管理職も面白い

一般職で最前線をかけぬけて仕事をするのは確かに面白い。

業界の最新情報に触れることも出来るし、自分で実績を作っていると言う実感を得ることも出来ます。

 

バリバリやってきた人ほど管理職はつまらないと感じるかもしれません。

 

確かにプレイヤーとは仕事の内容も質も違いますが、管理職なら会社の経営に関わることも出来ます。

今までは個人として追いかけてきた実績を、会社の経営者として追いかけることも出来るんです。

 

管理職としての面白さは、部下をチームとしてまとめ、1人では決して出すことが出来なかった実績を、チームとして出すことにあります。

 

部下1人1人を育て1人前にすることで、次の管理職を育てることが来ます。

2人3人と優秀な管理職を育てれば、その実績が評価されさらに上に上がることも出来るでしょう。

また育ててもらった部下はあなたに義理を覚え、さらに昇進していくあなたを支えてくれるはず。

人を育て実績を上げ昇進することで、会社内での影響力を大きくしていく、そして、経営に関わりながら、会社としての実績を追い求める。

これはプレイヤーとはまた違った面白さがあります。

 

管理職がつまらない? そうだ転職しよう!

中にはどうしても管理職が合わない人もいるでしょう。

外に出て、直接お客様と話をして、自分の力だけで仕事を回したい。

でも管理職なってしまったからには、その仕事もやらないといけない。

部下に仕事を任せるが、俺がやった方が絶対に早いし上手くいく。管理職なんてつまらない。

 

そう思うのなら、残された道は転職です。

 

一度管理職に上がったのなら、プレイヤーに戻るのは難しい。

話し合いでプレイヤーに戻してもらっても、周りの目には「失敗した人」としてうつるかもしれません。

会社の居心地も悪くなります。思うように仕事も進まないかもしれません。

そんな思いをするくらいなら、いっそのこと転職したほうが、望んだ道に行ける可能性があります。

 

最後に

管理職はプレイヤーとは違った面白さ、やりがいがあります。

純粋に成果だけを追い求める根っからのプレイヤーには、ちょっと退屈かもしれません。

本当に合わないと思うなら、職場を変えるか転職を考えたらどうでしょうか。

実績を作ってきた方なら、引く手あまたで次の職場が決まるかもしれませんよ。

 

転職サイトでお勧めしたいのがピタジョブです。

自分の要望にどのくらいマッチしているかピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面はとても使いやすいです。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていますし、大手転職サービス「type」「DODA」「マイナビエージェント」の求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

しかも! 登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

登録はこちらから⇒【 ピタジョブ

 

転職エージェントでお勧めしたいのはマイナビエージェント です。

就活性の95%以上が登録するといわれていて、学生の知名度は抜群なのですが、転職エージェントとしては、リクルート・インテリジェンスに大きく離されての業界5番手と言ったところ。

5番手と聞くといまいち頼りない気がしますが、ほかのエージェントにはない魅力的な求人が多く、マイナビにしか求人を出さない独占求人も沢山あります。

しかも! 20代~30代の転職に強く、人事担当者とも太いパイプを持っているのです!

 

またリクルート・インテリジェンスと比べると、登録者数は少ないのですが、その分一人一人を大切にし、良い求人を親身なサービスで紹介してもらえることができます。

親身なサービスに触れることで転職活動の不安を払拭できるからか、利用者の満足度はとても高いのです。

関東エリアで転職を考えたら、マイナビを利用しない理由はありません。

登録はこちらから⇒【 マイナビエージェント 】

 

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi