読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

勢いだけで退職、転職した僕を支えてくれた妻の気持ち

雑記

f:id:ranmaru-24mensou:20151217211522p:plain

勢いだけで退職し、転職を繰り返して苦労したことはこの記事で書きました。「何も考えず勢いだけで退職。転職を繰り返して感じた良かった事、悪かった事。 - bunoshi

でもその時妻がどう思っていたのかって、あまり考えた事もなかったし、特に知ろうともしませんでした。

ブログを書くようになって、転職を繰り返した当時の事を思い出し、そう言えばあの時妻はどんなことを考えていたんだろうと、気になったんです。

まずは、当時どんな気持ちだったのか妻に聞いた内容を、代弁する形で書きます。

 

毎日が不安で一杯だった

次の仕事も決まっていないのに仕事を辞めてしまったので、将来に対して不安しかありません。

親も、次の仕事は見つかったのかと毎日のように聞いてくるし、本当に今までよりも良い会社なんてあるんだろうかと、ずっと考えていましいました。

ひょっとしてこのまま次の仕事が決まらないんじゃないか。

そう考えた事もあります。夫がずっと家にいることで、世間体も気になりました。

それに、収入がなくても食費は毎日かかりますし、年金や住民税など、働いていた時は会社が払ってくれたものも、自分たちで払わないといけません

子供も二人いるのに、このままで生活してけるんだろうか。貯金が尽きたらどうしようか、と毎日毎日考えていました。

仕事を辞めてから、友達と遊ぶ機会も減っていきました。

「旦那さん就職決まったの?」

そう聞かれるのが嫌で仕方がなかった。

そうでなくても不安なのに、友達に聞かれるともっと不安になる。

収入が無くなったことで、当然ですが、家族で外食することも、遊びに行くことも無くなっていきます。出かけるとお金がかかりますから。

一体何時になったら仕事が決まるのか、はっきり言って誰にも分かりません。

将来が見えない事が、とにかく不安で不安で。

せっかく仕事が決まっても、焦って決めたりして公開しないだろうか。

私が不安を感じることで、子供たちも不安になったりしないだろうか。

会社を辞めるまでにもっと貯金しておけばよかった。辞める前に、もっと出来ることがあったかもしれない。

そんな事を毎日考えていました。

 

そして楽しみでもあった

仕事が見つかるまでの間、パートに出て家計を支えようと思いました。

少ないながらも貯金があるし、雇用保険から手当も出ます。退職金もあります。

切りつめて生活していけば、次の仕事が見つかるまで、何とか生活出来る、だから次こそは納得できる仕事を見つけてほしい。そう思っていました。

次の仕事が見つかれば、土日休みになって今まで以上に家族で出かけることが出来る。

子供もまだ小さいし、それほどお金もかからない。

そして、とにかく自分が納得できる仕事を見つけてほしかった。

当時はまだ若かったし、店長として10年近く働いていたんだから、きっと大丈夫だと、そう思っていました。

 

初めて知った妻の気持ち

妻はそんな事を思っていたそうです。

確かに勢いだけで辞めて、その後も何度も転職を繰り返したので、不安になる気持ちも良く分かりますし、申しわけなかったなとも少し思います。

子供も小さいながらに、パパが何をやっているのか分かっていたみたいですし。

手紙か何かでうれしい事か何かを書いてもらったんですが、そこに「パパが働いている事」と書いてありました。

これが切ないような、悲しいような、何とも言えない気持ちになったのを覚えています。

やっぱり分かるんですよね。子供って。

親がお互いに不安を感じながら生活していれば、そりゃ分かりますよね。

 

僕が転職した頃は転職サイトがなかった

あの当時は確かハローワークしかなかった気がします。あったとしてもリクルートくらいだったような。

なので、毎日ハローワークに通い、求人票を見て気になるところに面接を申し込む。

そんな事を繰り返していました。

でもあの求人票って、情報がすごく少ないんですよ。

毎日気になる求人票を持ち帰っては、にらめっこ。次の日も同じように求人票を持ち帰る。そんな事を繰り返していた気がします。

退職する前に仕事を探すことが難しかった時ですから、やっぱり勢いだけで退職して転職するのは、難しい時期だったんですね。

それに比べれば、今は転職のハードルがかなり下がっている。

インターネットが普及して、転職サイトも沢山できました。

登録も無料で、企業からオファーメールも届きます。

僕が転職活動をしていた頃とは比べ物にならないくらい、便利になっていますね。

 

夫の仕事が無くなるのはやっぱり不安

この記事で一番言いたかったのはこれ「夫が無職になるのはやっぱり不安」なんです。

特に専業主婦で、収入のほとんどを夫の収入に頼っている場合。

退職した直後は、退職金があったり、雇用保険があったりであんまり焦る要素がないんですが、国民年金や住民税などの支払いが始まり、とにかくお金が出ていくだけの状況になると、とたんに焦ってきます。

そしてどんどん不安になります。

多分妻は、自分に何かが出来るわけじゃ無いので、余計不安になると思うんです。

最良の転職は、やっぱり在職中に次の職場を決めて、切れ目なく仕事を変える事ですよね。

 

妻や子供を不安にさせないためにも

ハローワーク一本で転職活動をしてはいけません。登録が無料で出来るんですから、必ず転職サイトも使って、転職活動をしましょう。

なにしろハローワークから「面接したいと言う企業があります」なんて連絡は、絶対に来ませんが、転職サイトであれば「面接したい」とオファーが来るんですから。

そんな便利なものがあったら、僕の転職もかなり進めやすかったでしょうね。

 

転職サイトでお勧めなのがピタジョブ です。

自分の要望にどのくらいマッチしているかピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面はとても使いやすいです。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていますし、大手転職サービス「type」「DODA」「マイナビエージェント」の求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

しかも! 登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

登録はこちらから⇒【 ピタジョブ

 

転職エージェントでお勧めしたいのはマイナビエージェント です。

就活性の95%以上が登録するといわれていて、学生の知名度は抜群なのですが、転職エージェントとしては、リクルート・インテリジェンスに大きく離されての業界5番手と言ったところ。

5番手と聞くといまいち頼りない気がしますが、ほかのエージェントにはない魅力的な求人が多く、マイナビにしか求人を出さない独占求人も沢山あります。

しかも! 20代~30代の転職に強く、人事担当者とも太いパイプを持っているのです!

 

またリクルート・インテリジェンスと比べると、登録者数は少ないのですが、その分一人一人を大切にし、良い求人を親身なサービスで紹介してもらえることができます。

親身なサービスに触れることで転職活動の不安を払拭できるからか、利用者の満足度はとても高いのです。

関東エリアで転職を考えたら、マイナビを利用しない理由はありません。

登録はこちらから⇒【 マイナビエージェント 】

 

大半の妻は「夫が好きな仕事に就けるように」と、気持ちを抑えて我慢しています。

本当は不安だけど、将来はきっと明るいと信じて、支えてくれます。

だからしなくていい心配までさせないように、利用できるものは何でも利用して転職しようじゃありませんか!

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi