読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

記事が書けない時、書くための対処法5つと書けない理由を3つ紹介

ブログ運営 ブログ運営-記事の書き方

き記事が書けない時の対処法

ブログが書けない!

書くことが全然思いつかない!

そんな時の対処法を5つと記事が書けない理由を3つ紹介します。

 

書くための対処法

とにかく思いつくままに書いてみる

意外と効果があるのがこれ。

とにかく何でも良いから書いてみます。

 

パソコンに入力してもいいですし、スマホのメモでもいい。

LINEに書いても良いんじゃないでしょうか。

もちろんチラシの裏とか、ノートでもいいです。

とにかく思いつくままにどんどん書いていきます。

 

きっと書き終わった物を読み返すと、感情ばかりが表に出てしまって何を言っているのかよくわからない事が多いはず。

 

それで良いんです。

 

思ったことを勢いのまま書いていくと、どこかですらすらと書きだせます。

 

考えるより手を動かす。

 

書けない時はとにかく書く。

矛盾していますが、意外と効果的です。

 

ニュースや人のブログを読んでその感想を書く

書くネタが思いつかない時にお勧めなのがこの方法。

ニュースやブログはネタの宝庫です。

誰かが書いた記事の感想を書くだけで、立派な記事に成ります。

 

元ネタになっている記事を引用しても良いですし、その記事に対する自分なりの感想を書いても良い。

元ネタになっている記事のリンクを張れば、尚良いです。

 

毎日何千、何万という記事が書かれていますから、感想を書くと言うのはすごく記事にしやすいと思います。

 

注意してほしいのは、批判だけをしない事。

感想を書こうとすると、どうしても批判になってしまう事がありますが、もしも批判に成りそうなら、書くのをやめましょう。

 

気になるのはニュースやブログ記事に対しての感想を書くと、どうしても時事的な記事になりやすい。

せっかく書いた記事なのに、一時しか読まれることがない可能性があることは、理解しておきましょう。

 

毎日同じ時間に書くようにする

書くことを習慣にしてしまおうと言う意味です。

毎日同じ時間にパソコンを立ち上げ、記事を書くようにする。

3カ月も半年も同じことを繰り返していると、だんだんそれが当たり前の事になってきて、記事を書かない日は何となく落ち着かなくなっています。

 

記事が書けない!

 

そう思うのは毎日書いている人でも度経験することです。

なので書く時間を毎日同じ時間にして、習慣にするのは意外と効果があります。

 

お風呂に入る

お風呂に入って気持ちを切り替えましょう。

温かいお湯につかりながら、ボーっと今日の出来事を振り返れば、ふと「あ、これ書いたら面白いかも」と思うネタにぶち当たります。

 

書かないと、書かないと!

 

と言う強い思いが、余計書けなくしているんです。

リラックスして気持ちを切り替えて、頭の中をリフレッシュさせれば、忘れていた良いネタが出てきますよ。

 

キーワードで検索する

記事のネタを探すために検索をするわけじゃありません。

タイトルにするキーワードを探すために検索します。

Googleで検索すると、下の方に関連キーワードが出てきますよね。

それをタイトルにして記事を書いてしまおうと言う算段です。

 

タイトルだけでも決まれば、書く内容も自然と決まってきます。

 

出来ればブログの趣旨に沿ったキーワードで検索するのが良いですね。

検索の結果に表示された記事を読んでみるのも効果的です。

 

書けない理由

知らないから書けない

一つの分野に特化されたブログで記事が書けない理由は、その分野に対する知識がないからです。

となると方法は一つ、その分野について調べるしかありません。

調べて学ぶ、つまりインプットを多くするしかないのです。

 

また、自分が詳しい分野を記事にしても、いつかはネタが付きます。

その場合もやっぱり調べて学ぶ、インプットを多くするしかないのです。

 

知らないから書けないことは、ブログを書いている限りいつか訪れます。

解決するために、インプットを絶やさないようにしましょう。

 

経験がないと書けない

徹底的に調べたとしても、その内容をただまとめただけではコピペ記事になってしまいます。

記事が書けない時には、まとめただけで満足してしまいそうになりますが、人と同じような内容の記事が、上位に表示されることはありません。

 

コピペ記事を避けるためには、実際に自分で経験してみるしかないのです。

独自性のある記事が書けないのは、自分の経験が含まれていないから。

 

これを打破するには、自分で経験するしかないのです。

 

アンテナが低い

情報は自分から集めに行かないと、集まってきません。

家でパソコンの前に座って、「記事が書けない」と頭を抱えていても、何も進展しないのも情報が集まらないからです。

 

スマホで興味のある記事を集めたり、話題になっている場所に行ってみたり、家にいるよりは町に出かけてみることで、様々な情報が集まるようになります。

 

その情報に自分の経験を加えて書くことで、よりオリジナルティのある記事が書けるはずです。

 

最後に

どうしてもかけなかったら、過去記事のリライトやキーワード選定に時間を使いましょう。

ブログの更新頻度は高いほうがいいですが、ある程度記事数がたまれば、1日2日書かなくてもブログの評価が下がったりすることはありません。

 

過去記事のリライトをやっていると、当時とは違う考えが生まれることがあります。

キーワード選定をしていれば、ふと書きたくなるキーワードにぶつかることもあるでしょう。

 

少し違う作業をしてみるのも、記事を書くための刺激になるものです。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi