読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

ブログが書けない時の対処法。無理して書く必要はない

ブログが書けない時の対処法

「ブログが書けない」とブログを始めたころは良く思っていました。今考えるとなぜあそこまで「書けない!でも書かないと!」と言う思いが強かったのか分かりません。

「ブログが書けない」と悩む人には共通の目的があります。

それは「ブログで稼ぐ」と言うこと。

つまり…

  • ブログに記事を書いてPVを増やさないと稼げない
  • 毎日更新しないといけない

と言った考え方に囚われている気がします。

この記事では「書けない時にするべきこと」と「そこまで書く必要ないよ」と言う2つについて書いています。

 

 

ブログが書けない時にするべきこと

ブログが書けないと悩む人の多くは、ブログのテーマが定まっていない雑多ブログを運営しています。

何でも書ける「雑多ブログ」と言う自由な形が、自由過ぎて何を書いていいのか分からなくさせているのです。

心理的負担を軽くする

まず「ブログを毎日書かないといけない」と言う気持ちを捨ててください。書けない時は書かなくても良いのです。

確かにブログの更新頻度がGoogleの評価に関係するという話はありますが、それ以上に記事の内容が大切です。「書けない」と悩んでいるときに無理やり記事を書いても、良いコンテンツが作れるとは思えません。

ブログの書き方を教えている記事では「3ヶ月で100記事」を目標にすることが多いですが、鵜呑みにしないでください。

悪いコンテンツを100記事書いたところでほとんどアクセスは増えませんし、良いコンテンツが書ければ1ヶ月に4記事しか書かなくても100万PVまで成長することもあるのです。

「ブログは毎日更新」「3ヶ月で100記事」は誰かが適当に決めたことです。鵜吞みにせず、書けない時は書けないと開き直りましょう。

カテゴリに関連するキーワードを集める

稼ぐためにブログを運営しているのなら、書けない時にすることは「カテゴリに関連するキーワードを集める」ことです。

基本的な話ですが、ブログの記事はアクセスが集まりそうなキーワードをタイトルに入れて、そのタイトルに沿った記事を書いていきます。

つまり、キーワードが決まっていれば書けないと言うことは無いのです。

ブログが書けないと思う方は、キーワード集めを行っていない可能性があります。まずは時間をかけてでも運営しているブログのテーマ、あるいはカテゴリに関連したキーワードを集めましょう。

徹底的にリサーチする

キーワードが決まっても記事が書けないとしたら、それはインプットの量が足りていません。検索・書籍・SNSなどを使い徹底的にリサーチし、必要があればお店に出向くこととも、購入して使ってください。

実際にサービスや商品に触れることで、ほかの人とは違う視点で記事を書くことが出来ます。調べただけで記事を書こうとすると、どうしても似たような記事になってしまうものです。

 

無理して書く必要はない

所詮ブログです。ブログで生活をしているのなら書けないことは死活問題ですが、副業や趣味として取り組んでいるのなら、別に書けなくても問題はありませんよね。

書けない時は書かなくていいのです。「毎日書く」とか「3ヶ月で100記事」とかを目標にすることは良いことですが、こだわり過ぎる必要はありません。

書けない時は書かないくらいの気軽な気持ちでいた方が、良い記事が書けるものです。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi