読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

仕事を先延ばしにする理由は「嫌いで面白くないから」 先延ばしにしないための方法

働き方コラム 働き方コラム-効率化

仕事を先延ばしにする理由は「嫌いで面白くないから」

やらないといけないことがあるのに、ついつい先延ばしにしてしまう事ってありますよね。

特に仕事だと、「今すぐやらなくても明日やれば大丈夫」「納期まであと1週間あるから、この仕事が終わったらやろう」とかね。

仕事を先延ばしにするほとんどの人は、自分で先延ばしにしていると言う自覚があるそうですよ。

自覚があるならやればいい。そう思うんですが、ついつい先延ばしにしてしまう。

 

先延ばしにする理由は面白くないから

「仕事を先延ばししない方法」「先延ばしにしてしまう癖を克服する方法」などなど、色々なところにノウハウがあふれていますから、先延ばしする人が大勢いて、そして皆先延ばしなんてしたくないと思っている、それだけは解ります。

きっと、「自分の意思が弱いからだ」とか「変な癖」とか思っていることでしょう。

でもちょっと考えてみてください。好きな事や楽しい、面白いと思うことは先延ばしになんてしませんよね。

恋人と遊園地に出かける約束や、スノーボード、つり、ゴルフ、パチンコ等々。

楽しい! そう思えることは仕事を休んででもやりたいと思っていませんか?

じゃぁなぜ仕事は先延ばしにするのか。

答えは簡単です「面白くないから」

仕事をしても面白くないし、楽しくも無い、出来ればやりたくないと思っているから、先延ばしにするんですよ。

意思が弱いとか、変な癖がついているからとかじゃ無いんです。ちゃんと自覚してください。

面白くないからやろうとしない。やりたくないから先延ばしにする。

そうですよね?

 

仕事が出来る奴は先延ばしにしないと思っていませんか?

「仕事が出来る奴は先延ばしになんてしていない。段取りや優先順位の付け方が違うんじゃないのか?」

うん。確かに。そう思う気持ちも分かります。仕事が嫌いでも段取り良くこなしていく人はいますよね。

でもね。仕事を先延ばしにしない人は、仕事を面白いと思ってやっているんです。

仕事が面白くて仕方がない。面白い事を先送りにする理由はありませんよね。半分遊びみたいなものなんです。とにかく面白い。だから次から次へとこなしていく。

「やっぱ出来る奴は違うよな」

確かに違います。でも決定的な違いは、楽しめるか楽しめないか。なんですよ。

 

先延ばしにしないですぐやるためのコツ

とは言え、嫌いなものは仕方がないので、先延ばしにしないで、すぐやるためのコツを紹介します。

1.すぐやる

先延ばしにしないための王道です。やれと言われたらすぐにやる。考える暇も無いくらいすぐ動く。これが一番早い。

「後で」と、そう思うから先延ばしになるんですから、今言われたことは今やってしまう。

これなら段取りを組む必要も、ToDoリストを作る必要も無い。

先延ばしにしたくなければ、すぐにやる。

これが一番確実です。

2.習慣にする

「すぐやる」事を徹底して3カ月続ける。するとすぐやることが当たり前になります。

そう、習慣になるんですよ。

そうなったらしめたもの。もう先延ばしにすることも無くなります。

 

先送りしない一番のコツは楽しむこと

一番効果的なのは、楽しむ事。楽しめるようにする事。

仕事って面白いんですよ。同じことをやっていても毎日新しい発見があるし、同じ人にあっていても、毎日違う顔をしています。

どうやって売り上げを上げよう。とか、どうやって集客しよう。とか、もっと早く仕事を進めるにはどうすればいいかな。もっと楽をする方法は無いかな。とかね。

ちょっとした事でも、楽しくやるのが一番です。

定年で退職した人が一番やりたいと思っていることが何か知っていますか?

それは「仕事」です。

そのくらい、一生付き合えるくらい仕事って面白いんですよ。

 

リストにする必要はない

営業だからでしょうか。ToDoリストを試した事や、作業スケジュールを作った事もあります。

でも、はっきり言って必要無い。ToDoリストの作成方法やアプリとかいろいろ出ていますが、1つとして役に立ったものはないです。

そんなリストを作っている暇があるなら、やった方が早い。リストにしている時間なんて無いんですよ。

アポとかの予定表は作りますがToDoリストのような、やるべき事をいつまでにやるのかを書くことはありません。

 

管理するのはメールとメモで十分

メールで8割の作業は管理出来ます。

方法はいたって簡単。

受信したメールで、見積り依頼や検討依頼のような、返信が必要な場合は、受信フォルダに残しておきます。

それ以外、返信の必要がない、返信が済んでいるメールは、取引先ごとに分けたフォルダに移動します。

そうすることで、受信フォルダに残っているのは、未処理のメールだけになります。

電話で依頼された事は、メモをとりすぐにやります。

どうしても時間がかかる場合は、メモを養生テープでパソコンに貼ります。

養生テープを使うのは、はがした時にのりが残らないから。すごく便利ですよ。

面談の約束は手帳に書きます。もしも忘れたらものすごく失礼なので。

 

管理するためにリストを作り、やったつもりになる

悲しいのは、先延ばしを辞めるために仕事を管理しようとする。管理するためにリストを作る。そしてやったつもりになって先延ばしにする。こと。

リストを作り出すと、どうでも良い内容までリストに書きたくなるものなんです。

「15時に〇〇さんに電話する」「見積り提出期限14時」「今日の出荷これとそれとあれ」

リストにする必要ありますか? 考えながらリストを作る時間の方が長くなってませんか?

リストを作るより、やった方が絶対早いですよ。

 

まとめ

まとめると、

・仕事を先延ばしにするのは、嫌で面白くないから

・先延ばしを無くす一番の方法は、仕事を楽しむ事

ということ。

だまされたと思って、指示された仕事をすぐやってみてください。そしてそれをとにかく継続してください。

きっと、上司や周りの人のあなたを見る目が違ってきますよ。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi