読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

良い仕事をするには「欲」を持つ事

働き方コラム 働き方コラム-効率化

欲を持つ

一番シンプルで、一番効果的な営業って何か知っていますか?

それは商品を買ってくれたお客様に「満足」してもらうことです。

接待がどうとか、営業トークがどうとか、まぁ、はっきり言って関係ないんですよ。

もちろん取引、って言うと堅いかもしれませんが、商売としての付き合いを始める前は、接待も営業トークも笑顔も愛嬌も必要です。

 

満足してもらう事が大切

極端な話ですが、あなたが車を買ったとします。発売されたばかりの最新の車です。3列シートに電動スライドドア、燃費は1L40キロ、坂道も余裕で登ってくれて見た目もすごくかっこいい!

でも、この車にはガラスがついていません。フロントガラスも、リアガラスも、ガラスと呼ばれる物はついて言いません。

これだと前から意思が飛んできたら、運転手に直接あたってとても危険です。

さて、この車を買ったあなたは、満足出来ますか?

出来ませんよね。それどころか、この店で二度と買い物はしませんよね。

でも逆に、満足できる買い物が出来たらどうですか?

欲しい車を大幅に値引きしてもらったし、営業の印象も良かった、他の店員もきびきびと働いていてお店自体の印象も悪くない、もし友達や親戚で車を探している人がいたら、この店を紹介しよう。

こう思えるほど満足出来たら、次に車を買う時もこの店に来ますよね。

満足してもられるかどうかで、もう一度買ってもらえるかどうか、それどころか、もう一度来てもらえるかどうかが決まるんです。

効果的な営業は、どれだけの満足感を与えられるかがすごく大切。

そして、営業だけで100%の満足を与えることは出来ないんです。

 

何故満足してもらう必要があるのか

仕事はお客様に満足してもらう事がすごく大切なことになります。

でもね。直接お客様と接しない工場の人は、こんなことを言ったりします。

「俺は仕事が出来れば良い、お客様なんて会うことは無いから、満足したかどうかなんて関係ない。この商品も8割完成したんだから、これで良いだろ?」

あなたの近くにもいませんか?

100%じゃ無く、8割9割で仕事を終わらせた気分になっている人が。

何でお客様に満足してもらう必要があるのか。

答えは簡単で、お客様に買ってもらわないと、売り上げが増えないからです。売り上げが増えないと利益が出ない。利益が出ないと給料がもらえないからです。

簡単な事ですよね。

そして、売り上げを上げるには、1度買ってくれたお客様に、もう一度買ってもらうのが、1番簡単なんです。

何故簡単か。

始めて買ってくれた時に、「満足」してくれれば、次も買ってくれます。満足してくれなければ、2度と買ってくれません。それだけの事です。

1度買ってくれたお客様に、2度3度と買ってもらう。その為には「満足」してもらう必要があるんです。

 

給料が欲しいから働いている

こんな話をすると勘違いした人はこう言います。

「俺は給料がもらえればそれでいい。客が満足しようが関係ない」

まぁ、勘違いしている人だからこんな言い方が出来るんですけどね。

給料がどこから出ているのか。利益からですよね。

じゃぁ、利益はどこから出ているのか。売り上げからです。

となると売り上げを上げるにはどうすればいいのか。お客様に商品を売るんです。

それなら、お客様に商品を売るにはどうすればいいのか。満足してもらえる商品を作る事です。

もっと短く言えば、給料をもらうには、お客様に満足してもらう必要があるってことです。

お客様が満足していないのに、給料なんて出ないんですよ。お客様が満足しないなら、その仕事はいつか無くなるんです。

 

まず欲を持つ事

沢山給料をもらって、人より良い物を食べて、良いもの着て、良い部屋に住んで、良い車に乗って。

そう言う欲が良い仕事をするために必要な原動力になります。

「給料がほしい」と言うのも、立派な欲です。その為にはお客様に満足してもらう必要があります。

「給料がもらえれば客の満足は関係ない」

こう思う人は、お金の流れを理解していないんでしょう。給料は間違いなくお客様が商品を買ってくれるから出ています。

社長が銀行からお金を借りてきて給料を出しているなら、危険信号です。その仕事はそのうち無くなるかもしれません。

よく聞くのが、「仕事は人の役に立つためにある」です。役に立たないといつか消えてしまいます。

僕も前に書いた気がしますが、1つ大切な事が抜けています。

それは、

「お金を稼ぎたいと思うなら」人の役立つ仕事をしよう。って事です。

人の役に立ちたいなら、ボランティアをすれば良い。商売をする必要はありません。

「いや、もっと大勢の人に役に立ちたいから、商売にするしかないんだ」

すごく立派な考え方ですが、「もっと大勢の人の役に立ちたい」、これも立派な「欲」ですから。

 

「欲」があって「仕事」がある

まとめます。

良い仕事をしたいなら、「欲」を持ちましょう。

有名になりたい。出世したい。良い物を食べたい。良い服を着たい。恋人に良い暮らしをさせたい。

何でもいいと思います。何でも良いので「欲」を持つ事です。

その「欲」を満たすためには、人の役に立つ仕事をするんです。

人の役に立つ」仕事をしていれば、出世が出来て、給料が沢山もらえます。

「楽をしてお金を稼ぎたい」これも「欲」です。その為に工夫して効率化を図るんです。

「欲」は恥ずかしい事じゃありません。「欲」があるから良い仕事ができるんです。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi