読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

転職するなら2016年度中に。2017年は少ない椅子を奪い合う事になるかもしれない。

転職

f:id:ranmaru-24mensou:20160104180321p:plain

職場を変えたいと思っている人も、派遣社員から正社員になりたいと思っている人も、転職するなら2016年の今がチャンスです。

2017年になると解雇の金銭解決が出来るようになり、また、アベノミクスが失速することで不況に陥り、転職どころかリストラがガンガン行われるようになるかもしれません。

と、脅かしたところで、なぜ2016年中に転職すべきか簡単に説明します。

 

2017年には解雇の金銭解決が出来るようになる

日本って正社員に優しい国なんですよ。解雇したいと思ってもなかなか辞めさせる事が出来ない。

一度正社員で雇用されれば、業績の悪化などやむを得ない理由がない限り、解雇されることは滅多にありません。

滅多にないと言っても勤務態度が悪かったり、会社に損害を与えたりしたら話は別ですが。

ところが、正社員に優しい日本でも解雇が定着する可能性があります。

それが「解雇の金銭解決」です。

いま2016年の通常国会に向けて準備をしています。早ければ2016年中に施行されるかもしれません。

そしてこの制度が拡大解釈されれば「金さえ払えば首に出来る」と、裁判で「不当解雇」と言われるリスクなどお構いなしに、解雇する企業が出てくる可能性があります。

まあ、今でもたとえ裁判で不当解雇を勝ち取ったとしても、職場復帰せずにお金で解決することが多いようですが、それ自体を制度化しようと言うのがこの制度。

さっきも書きましたけど、ルール化されたことを拡大解釈する経営者がいるかもしれないし、おそらくいるっということが問題です。

つまり、「お前明日から来なくていいよ。なに? 不当解雇だ? 金払えば良いんだろ。今は金銭解決ってルールがあるんだよ」

と言う人が増えるんじゃないかと言う心配があります。

こうなると、解雇するリスクが一気に下がる可能性があるので問題視されていますが、おそらく施行されるでしょう。

 

2017年には景気が悪化する可能性が高い

色々な記事を読んでいると、アベノミクスの失速を心配する声がすごく多い。

最低賃金が上がったり、ベースアップがあったりで、所得環境は少しずつですが良くなってきました。

その結果2016年は民間の需要、つまり皆がお金を使ってくれるだろうから、企業の業績も良くなり、需要に応えるために設備投資が増えるでしょう。

そして、人手不足感が高まって、転職市場も好調に推移する。そんな予想をされている方が多いようです。

需要に後押しされて、株価も上昇。2016年中は好景気が続くと考えられています。

ですがピークは2016年までで、2017年には経済が失速し一気に不況へ。

株価が下がることで企業の業績を直撃し、幅広い分野で雇用の悪化を招くかもしれない。

そうなると、経費の大半を占める人件費を削りにかかるのはいつもの事です。

特に人件費が高い大卒の中高年を狙って大量にリストラが行われる。さらに先ほどの「解雇の金銭解決」により、不要な人材は一気に解雇され、転職市場では少ない椅子を取りあうようになる。

と、まぁここまでが大方の予想ですね。

 

たかが予想と見るか、転職は今しかないと見るか

どう考えるかは人それぞれ。ちなみに日本の現状はこんな感じです。

 

2016年現在の世界経済は、主要な中央銀行が量的緩和を撃つ中で、強引に維持されている管制相場。

また、安倍政権は消費税を導入するために、 財政政策として、大規模な景気対策を打ってきたので、日本経済が好調であるがゆえに、景気が維持されているわけでもない。

株価が下がると同時に息切れした経済は企業業績を直撃し、幅広い分野で雇用の悪化を招く。

 

アメリカの利上げや中国経済の失速など、2016年中に息切れしそうなネタは沢山あります。

人によっては春闘で賃上げが行われず、消費が落ち込むことで失速する。と言う人もいますし。夏の選挙以降、安倍政権が経済政策に関心を失い、安倍政策に傾注することで、日本売りに火が付き、2016年末までに株価が一気に下がる。

と、見ている人もいます。

 

2016年の転職市場は売り手市場

さて、2017年には株価が下がり不況になるかもしれませんが、2016年はまだまだ好景気です。

設備投資が行われ需要が増えている中で、人手不足感が広がり人材を求める企業が増えています。

転職サービス「DODA」が発表した「転職市場予測2016上半期」によると、2016年(1月~6月)の転職市場は、求人数が緩やかに増加し、転職希望者にとっては有利な売り手市場が続くそうです。

特に1月~3月に最大の山場が来ます。年度末(3月)の繁忙期、期首(4月)の入社を狙った求人が増えます。

転職を考えていたり、非正規雇用から、正社員になりたいと思っている人は、悩んでいる時間がありません。

今すぐ行動に移してください。

 

2016年の新卒の採用は計画未達で終了

と言うことは、不足した人材を中途採用で埋める可能背がかなり高い。

高いと言うよりは人が不足していては仕事に影響が出ますので、間違いなく中途採用を行うでしょう。

 

仕事で取引している会社でも「中途で人材をまとめて採用した」と言う話をちらほらと聞くようになりました。

製造業や営業は第二新卒だけではなく、経験豊富な人材も求めています。

特に製造業では「技術のあるベテラン」が定年で退職したり、他社に引き抜かれたりで、即戦力を求めるところが多くあります。

マイナス金利になったことも、金利の低下で銀行や一般家庭を直撃と言うニュースも出ていますが、それ以上に、銀行が日銀に預金を預けにくくなった事で、企業に融資される可能性が高くなっています

企業にお金が回れば、設備投資や業務拡大に使われる可能性大です。

すると当然人材が不足してきます。2016年は緩やかだとは思いますが、間違いなく転職するチャンスです。

 

転職活動は在職中に

2016年の経済予測を調べると、不安になるような内容ばかりです。

今後の生き残りを考えると、2016年度中に新規取引先や市場を開拓しないと、厳しくなりそうな気がしています。

それでも2016年はまだまだ好景気、転職するならすぐにでも行動に移すべきですが、行動に移すからと言って、いきなり退職はしないでください。

まずは、ハローワークや転職サイトに登録して、情報を集めるところから。

今は登録することで、企業側からオファーメールが来る転職サイトもありますので、有効活用してほしいと思います。

転職サイトへの登録は、1社だけじゃ無く複数する事。その方が情報が集めやすい。

悩んでいる時間はありません。行動あるのみです。

 

転職サイトでお勧めなのがピタジョブです。

自分の要望にどのくらいマッチしているかピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面はとても使いやすいです。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていますし、大手転職サービス「type」「DODA」「マイナビエージェント」の求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

しかも! 登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

登録はこちらから⇒【 ピタジョブ

 

転職エージェントでお勧めしたいのはマイナビエージェント です。

就活性の95%以上が登録するといわれていて、学生の知名度は抜群なのですが、転職エージェントとしては、リクルート・インテリジェンスに大きく離されての業界5番手と言ったところ。

5番手と聞くといまいち頼りない気がしますが、ほかのエージェントにはない魅力的な求人が多く、マイナビにしか求人を出さない独占求人も沢山あります。

しかも! 20代~30代の転職に強く、人事担当者とも太いパイプを持っているのです!

 

またリクルート・インテリジェンスと比べると、登録者数は少ないのですが、その分一人一人を大切にし、良い求人を親身なサービスで紹介してもらえることができます。

親身なサービスに触れることで転職活動の不安を払拭できるからか、利用者の満足度はとても高いのです。

関東エリアで転職を考えたら、マイナビを利用しない理由はありません。

登録はこちらから⇒【 マイナビエージェント 】

 

悩んでいる時間が本当に無くなってきた

日本の経済を牽引している自動車業界が、2016年の見通しを下方修正しました。

円高傾向にあることと、EUの離脱問題がかなり大きな波紋を呼んでいます。

イギリスがEUを離脱すると、円高とは別に自動車産業に大きな影響が出来ます。

簡単に言えば、EUの販売拠点がイギリスになっているんです。

もしイギリスがEUを離脱すると。

今まではイギリスと取引することでEU加盟国全てと取引することが出来ました。

これが出来なくなります。

となるとイギリス以外の国に拠点を作らないといけなくなる。

拠点を作らないまでも、取引の契約を再度結び直す必要が出てきます。

当然その間生産量は減るでしょうし仕事量も減るでしょう。

その結果、日本の景気が停滞、もしくは悪化する可能性があります。

2016年はまだ黒字の予想になっていますが、2017年になったらどうなるか。

転職を考えているのなら、早めに行動を起こすべきでしょう。

 

2016年下期の転職市場は依然好調。でも2017年は不透明感が強い

イギリスのEU離脱問題は、正式な手続きを来年後半まで延期することになりました。

取りあえず交渉が継続されることになって一安心。

それでも、先々の不安要素として残ることに違いはありません。

2017年がなおさら不安になってきます。

明るい要素としては東京オリンピックがありますよね。仕事も増えるでしょうし、投資も増えるはずです。

でも不安要素として、イギリスのEU離脱問題、円高、株安があります。すそ野の広い自動車業界に少なからず影響が出そうで、嫌な空気を感じます。

転職を考えているのなら、何度も言っていますが2016年度中に内定をもらうことを考えて行動するべきです。

今のところ企業が人材獲得を抑制する動きはありません。

ありませんが、2017年は景気の不透明感が強い。

2017年がどうなるか。

分かってから動きだすのでは、遅いかもしれません。

 

転職サイト・エージェントの紹介

ピタジョブ

f:id:ranmaru-24mensou:20161021204711j:plain

 自分の要望にどのくらいマッチしているか、ピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面は素晴らしいとしか言いようがない。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていて、転職エージェントの求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

社員の継続年数まで分かってしまう情報量はさすがとしか言いようがありません。

登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

↓↓ピタジョブ公式サイト↓↓

 ピタジョブ

 

マイナビエージェント

f:id:ranmaru-24mensou:20161021204741j:plain

就活性の95%以上が登録するといわれている、知名度抜群の転職エージェント。

ほかのエージェントにはない魅力的な求人が多く、マイナビにしか求人を出さない独占求人が多数あります。

しかも! 20代~30代の転職に強く、人事担当者とも太いパイプを持っています。

一人一人の登録者を大切にし、良い求人を親身なサービスで紹介してもらえるのも嬉しいところ。転職活動の不安を払拭できるかもしれません。

関東エリアで転職を考えたら、マイナビを利用しない理由はありません。

↓↓マイナビエージェント公式サイト↓↓

【 マイナビエージェント 】

 

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi