読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

必殺「嫁ブロック」発動!しかし面白い言葉があるものだ。

働き方コラム 働き方コラム-仕事選び

嫁ストップ

「嫁ブロック」を知っていますか?

「妻が反対しているので内定を辞退させてください。」と、男性が転職先に申し出る現象の事。嫁が夫の転職にストップをかけるのです。

今までは、ヘッドハンティングをする方や、人事担当の間で使われていた言葉らしいんですが、最近は一般でも使われるようになった、ようです。

 

男の挑戦をくじく?「嫁ブロック」

きっかけは産経新聞の記事「男の挑戦くじく「嫁ブロック」とは「妻の反対で内定辞退・・・」業界用語から見る夫婦の新たな関係」なんだって。

まぁ簡単に言えば、夫の転職に納得のいかない妻が、転職にロマンを求める夫にストップをかけるもの。

転職にロマンを求めているなら止められて当然だと思うのは僕だけか?

面白い言葉があるんだなと思いながら記事を読みましたが、奥さんの言い分も分かる。

でもいまだに、どこに勤めているかを重要だと考える奥さんがいるんですね。

テレビ番組でたまに見る、公園デビューとか、ランチの格差とか、「勤め先から生活水準が想像でき、相手によって一緒に食べる欄理の値段が変わる」なんて事まで言っている人もいるんですね。

かなりびっくり。

「大手企業」と言う肩書きがステータスになるって言うのは、昔も今も変わっていない様子。

 

そんな事より世の男性に言いたい

まぁ嫁ブロックだろうがなんだろうが良いんですが、気になるのはもっと違うところ。

あのね、そもそも「嫁ブロック」なんて言葉が出来るほど、世の男性は内定辞退を嫁のせいにしているのか?

それよりも、転職をしようと思った時に、大切なパートナーである奥さんに、相談もしないで決めようと思っているのか?

「男の挑戦くじく「嫁ブロック」」?

いやいやいやいや。

きちんと話し合って、お互いに理解できていれば、そんなブロック起こらないだろう?って思うんだけどね。

面白いのがこれ。

 「最近では、本人だけではなく、妻ら家族向けの採用説明会を開く企業も現れるなど、嫁ブロックが企業側の採用手法に影響を与えつつある」

 すごいよね。転職するのに家族向けの説明会だって。

 

転職を相談もせずに行動に移せば反対されて当たり前

生活費の大部分を夫に依存しているから転職に反対する。と言う意見もありました。

でもこれは仕方がない事。

結婚すれば、大半の夫婦で出産や育児が必要になりますよね。

確かに女性が活躍できる社会を、と言う考え方で、イクメンとか、男性の育児休暇取得とか、色々言われているけど、まだまだ子育ては女性が中心。

と言うか、子供には母親が側にいた方が良い場面もあるから、女性に頑張ってもらうしかないと思うんですよ。

そうなれば、生活費の大部分を夫に依存するのはいたって普通でしょ。

それなのに、「嫁ブロックは生活費の大部分を夫に依存しているからだ」とか意味が分からん。

これこそ、身勝手な男の言い分ですよね。

出産や子育てを考えた時、男と女は根本的に役割が違う。男女平等だなんだかんだ言ったところで、役割が違うと言うのは絶対に変えられない事実。

同じだと言うのなら、男でも子供を産めると言っているのと一緒。

何カ月もお腹の中で子供を育てる母親と、父親は全然違うでしょ。

生活していくことを考えれば、転職は反対されて当たり前だと思うべきです。

 

何故相談しないのか

さらに面白いのがこの一文。

 採用の最終盤まで妻に転職活動を明かさず猛反対される例が目立つため「妻の意向をくんだ上で、自らの希望も反映できるよう、活動を始める前段階で妻と十分に話し合っておくことが必要だ」と助言している。

 こんな助言が必要なんですね。

「年老いても一緒にいましょう」と誓いあって結婚したはずなのに、生活に直結する仕事を変えるのに、嫁に相談しないとかありえん。

やりたいことがあったり、今の職場で我慢できない事があったり、転職を考える理由は様々だと思いますが、一緒に生活している家族にも相談できないんでしょうか。

夫が「転職したい」と言いだせば、妻はまず反対します。それか理由を聞いてきます。

経験者が言っているんだから間違いない。

突然言われれば、今後の生活がどうなるのか不安になって、怒り出す妻も多いと思いますよ。

それでも、転職したい理由、転職にかける思いがあるのなら、きちんと説明して、きちんと話し合えば良いだけの事。

確かに妻の収入が多く、夫の仕事が無くても生活していけるなら、転職を相談した時のハードルは一気に下がると思います。

でも、今はそこまで稼いでいる女性は限られるでしょう?

出産やなんだかんだで、再就職だって難しいでしょう?

そこを理解したうえで、きちんと話し合いましょうよ。

 

「嫁に反対されたので内定を辞退します」とか、恥ずかしすぎる

男の気概はどこに行ってしまったのか・・・・・・。

本当に反対されたから辞退するんだとしても、もっと違う言い方があるだろうに。

「嫁ブロック」なんて言葉があるってことは、少なからず「嫁」を言い訳にして、内定を辞退する夫がいるってことですよね。

「私は嫁を説得できません。御社で働きたいとは思っているんですよ。でも嫁がダメだと言ったら無理なんです。」

嫁ブロックってこういうことですよ。恥ずかしいと思いませんか。

本気で転職を考えて、この職場なら今以上に活躍できると確信を持っていれば、誰だって説得出来るはず。

逆を言えば、嫁一人説得できないなら、転職なんてしない方が良い。

その程度の思いしかない人は、何やったって中途半端になりますし、きっと新しい職場でもすぐ転職したいと言いだします。

いちばん身近な人さえも説得できないんですから。

 

悩むならちょっと考えてみてほしい事

もしも嫁ブロックで悩んでいるのなら、職場(会社)を変えたいのか、仕事を変えたいのかもう一度よく考えてみることをお勧めします。

仕事を変えたいなら、今の職場で異動願いを出すのも1つの手です。

職場(会社)を変えたいのなら、なぜ変えたいと思うのかを考えてみてください。

きっと、お金・人間関係・仕事内容のどれかだと思います。

あてはまる内容が1つなら、今の会社で解決できないか考えるべきです。

2つもしくは3つともあてはまるのなら、転職をお勧めします。

当然、奥さんに相談し説得することになりますが、その前に。

考えを整理するために、仕事に対する思いを紙に思いつくだけ書きなぐりましょう。

何も出ないところまで書いたら、その内容を読み返して今の会社では解決できない事を抜き出します。

次に、どうして解決できないのかその理由を書き出します。

それから書いた内容をもう一度読み返し、もう一度今の会社じゃダメなのかを考えてください。

ここまで考えても転職したいと思うのなら、奥さんを説得しに行きましょう。

きっと止められる。そう思うかもしれません。

でも、止められて当たり前なんです。止められても説得するために、思いを紙に書きだしたんですから。

紙に書き出すことで頭の中が整理され、説明しやすくなります。

後は、気持ちを奥さんにぶつけるだけです。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi