読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

労働時間・拘束時間は短いほうが良い。残業が少ない仕事に転職しよう。

転職 残業の少ない仕事に転職したい

 

労働時間は短いほうが良い

労働時間は短い方が良い。勤務時間・拘束時間の短い仕事に転職したい。

ぼくもそう思います。

暇だったり仕事が減っている時は8時間とは言わず4時間で帰りたい。

4時間で帰っても給料が減らないのならすごくうれしい。

とは言え契約は8時間労働、暇だから帰りますなんてわがままは通りません。

ましてや早く帰ったのに給料をくださいなんて言ったら...。無理に決まっています。

 

さて、労働時間は短い方が良い、勤務時間・拘束時間の短い仕事に転職したい。

そう考える方は「ひまだから」とは違った事情があるようです。

ワーク・ライフ・バランスを考えプライベートを充実させるために、拘束時間の短い仕事を探している人もいるでしょう。

また残業が多く8時間では帰れない人も大勢いるはずです。

 

長時間労働への不満が転職を決断させる

「残業も多いし休みも少ない、毎日仕事しかしていないよ。」と、言う人も多いでしょう。

労働基準法や36協定、法定労働時間の延長限度があるとはいえ、多分守られていない会社がほとんどじゃないかな。

36協定は使い方次第で休みなしの24時間労働をさせることもできますしね。

 

ひと月の残業時間が130時間とか普通に聞きます。23時過ぎに会社に電話がかかってくることさえあります。21時過ぎに携帯が鳴ることも当たり前かもしれません。

 

おそらくですが、残業時間がものすごい事になるのは、経営者や人事が労働基準法を正しく理解していないか、分かっていて守ろうとしないかのどちらかでしょう。

「残業代さえ払えばいくら働かせても良い」と思っている経営者もいるようですから。

 

すこし前の時代。

ブラック企業だ残業代未払いだと言う話がまだ出ていなかった頃は、始発で出勤して終電で帰宅する人も多かったようです。

そんなぼくも3日連続でほぼ徹夜とか、2ヶ月間休みなしの1日12時間労働とかやっていました。

そんな働き方をしていると、当然のように疲れがたまってき、いつか心と体が折れてしまうのです。

「こんな仕事やってられっか!」ってなります。本当に辛い。

労働時間への不満は長時間労働への不満。そこに残業代が付いているかどうかはあんまり関係ない。いや、ついていないなら働く意味がない。

 

「拘束時間が長い、残業が多い」は転職する理由として十分です。

 

新卒も労働時間(ワーク・ライフ・バランス)を重視する傾向

ブラック企業と言う言葉が出来てから、「ブラック企業だけは嫌だ」と思う就活生も多いでしょう。

ニュースやSNSの話を聞くだけでも「人として扱ってもらえない」「とにかくきつそう」と言うイメージが強いでしょうから。

最近では就職先を選ぶ基準として次のような項目が優先されているそうです。

・休日、休暇が多い

・将来性がある

・給料、待遇が良い

・福利厚生が充実している

全部あてはまる会社があるならぼくが行きます! と言いたい...。

最近重視されている項目と言うよりは、皆が理想とする就職先の間違いじゃないの? そう思うような項目。

つまり昔も今も考え方は大きく変わっていなくて、社員を大切にする会社で長く働きたいと思う人が多いのです。当たり前ですよね。

 

と言っても、昔よりもワーク・ライフ・バランスを重要視する人は間違いなく増えています。

仕事は仕事、プライベートはプライベートで割りきって働きたいと言う声もあります。

それに昔からあるこの式「残業する=頑張っている」を気にしている人も結構います。

この考え方は長時間労働を後押しするから怖いですよ。

 

長時間労働を後押しする

出所「ワーク・ライフ・バランス| 内閣府男女共同参画局

 

<関連記事>

※「早朝・深夜のメールは残業や仕事の持ち帰りを助長する原因になる

 

労働人口不足が深刻な問題に

労働人口の減少が止まりません。グラフは今年の干支申年生まれの人口の推移です。

 

干支申年生まれの人口の推移

出所(総務省統計局資料「統計局ホームページ/統計トピックス(人口推計)」)

 

これだけ見て語られても困ると思いますが、昭和43年をピークにどんどん減っています。

すごく単純に考えると昭和43年の生まれの方が定年退職すると28万人労働人口が減ることになります。

新成人の推移を見ても、毎年減っているのが分かります。

 

新成人の推移

出所(総務省統計局資料「統計局ホームページ/統計トピックス(人口推計)」)

 

「今の仕事の半分はそのうちロボットにとって代わる」そう言う人もいますが、人口の減り方を見ているとむしろロボットに頑張ってもらわないと困るかもしれない。

これから数10年後は労働人口が不足する可能性が高く、人材の確保をどうするのかが企業の問題になるでしょう。「保育士」や「介護」はすでに人手不足です。

 

拘束時間が短い仕事に就くには

日本の会社の多くは1日8時間労働で契約を交わします。

理由は様々ですが、一番大きいのは労働基準法で労働時間の上限を週40時間としているから。

なので正社員で拘束時間の短い仕事を探すのは難しいはずです。少なくとも8時間以下の仕事はほぼないはず。

もし拘束時間が8時間より短い仕事を探すなら、派遣社員・契約社員・パート・アルバイトが現実的です。

 

ただ派遣社員は派遣先よって違いますから、勤務先と相談することで勤務時間が決められる契約社員やパート・アルバイトなら拘束時間を短くすることができるはずです。

その代わり契約期間は短くなりますので、数か月後に退職しないといけなくなる可能性はあります。

 

<関連記事>

※「働き方はライフスタイルで選ぼう。派遣社員と正社員、パート・アルバイト、契約社員の違い

 

残業が少ない仕事はあるのか

残業ゼロの仕事を探すのはかなり難しいです。でも比較的残業時間の短い仕事を探すことはできます。

 

残業が多い仕事としてはメディア、広告、IT関連、アニメーター、外食産業など、残業が比較的少ない仕事は、薬局、病院、医療機器メーカー、ホテル、小売店などでしょうか。

 

残業が多い理由として考えられるのは、仕事の締め日が決まっていて時間がないこと。

残業が少ない理由として考えられるのが、時間が決まっていることでしょうか。

 

次に残業が比較的少ない職種ですが、これは間違いなく事務職です。

経理・総務・人事などは一時的に残業が増えることはありますが、ほかの職種と比べて定時で帰りやすい印象があります。

また工場の作業員も定時で帰りやすいところが多いようです。

事務職としては購買もありますが、仕事の受注量に左右されることが多く、売り上げが伸びていると残業時間も一緒に伸びる傾向にあります。

 

募集の多い営業は会社によって大きく異なります。もっと言えば人によって、担当する会社によっても違ってきます。

「みなし残業」を取り入れているところであれば、一定量以上の残業があることは覚悟したほうがいいでしょう。

また給料が歩合制の場合は仕事量=給料になることが多く、本人次第でいくらでも労働時間は伸びていきます。

逆に新規開拓のないルート営業であれば、日々の業務内容が固定されてきますので、比較的早く帰れるでしょう。

 

<関連記事> 

※「残業の少ない会社に転職する方法

 

労働時間を変えるには転職しかない

今まで見た資料から推測すると「将来人手が不足するかもしれない」と考えている企業は意外と多いはずです。

その証拠と言ってはなんですが、「少子化対策」「定年退職年齢の延長」「女性の活用」「高齢者の活用」と言った議論が盛んにされています。

最近では「働き方改革」も始まりましたよね。

これは言うまでもなく「将来人手が不足すのは間違いないから、今から対策を取ろう」と言う事。

逆に言えば今なら希望する待遇で転職できる可能性も高いと言う事です。

「今の会社労働時間が長いから嫌だ!」と言うなら、まずは転職サイトに登録して情報を集めましょう。

 

拘束時間の短い仕事を探すとしても、情報がないとどうしようもありません。

 

転職サイトのお勧めはピタジョブ

自分の要望にどのくらいマッチしているかピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面はとても使いやすいです。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていますし、大手転職サービス「type」「DODA」「マイナビエージェント」の求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

しかも! 登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

登録はこちらから⇒【ピタジョブ

 

残業の少ない仕事への転職は転職エージェントを利用する

転職エージェントは人材を探している企業から依頼され、要望に合った求職者を探しています。

つまり求人を出している企業がどんな会社なのかをよく知っているのです。

当然残業が多いか少ないかの情報も持っていますから、残業の少ない仕事を探すには、転職エージェントの力を借りるのが手っ取り早いのです。

 

求人票を見ても残業が多いかどうかは、なかなか分かりません。

ハローワークで相談してみても、細かい情報を知っている職員は少ないはずです。

「残業が少ない仕事」と言う明確な希望があるのなら、迷わず転職エージェントに相談するべきです。

 

転職エージェントは無料で転職に関わるほぼ全てのことに対してサービスを受けることができます。

登録すると電話がかかってきて、面談を行う必要がありますので少し戸惑うかもしれませんが、希望を叶えるためにはぜひ利用してください。

 

転職エージェントでお勧めはリクルートエージェント

取り扱っている求人数転職決定実績№1で、名実共に転職業界のトップ。

実績がなければ長年トップに君臨することは出来ません。それ相応の実績があるからでトップなのです。

ジャンルや職種を問わず幅広い転職支援を行えますし、豊富な求人を揃えているので、キャリアチェンジや年収アップ、キャリア相談などの将来を見据えた相談を行うことができます。
これまでの実績と経験を元にした転職アドバイスは、参考になること間違いなし。

ただ、転職への意欲が低いとサポートの質が下がることも。

「残業の少ない会社に転職したい」と言う明確な目標があれば、転職への意欲が低いはずありませんが、念のため。初回の面談時は転職への意欲が高いことを示すのが、質の高いサービスを受けるためにも必要かもしれません。

登録はこちら⇒【リクルートエージェント】

登録は完全無料で、5分ほどで出来ます。

登録後、担当者からメールか電話で面談日程の連絡が入りますから、指示に従ってくださいね。

 

最後に

最近になってやっと36協定を見直そうという動きが出てきました。

36協定は実質24時間365日休みなしで働かせることもできる、非人道的な法律です。長時間労働の原因の一つに36協定があるということは、多くの人がわかっていたことなのです。

とはいえ、本格的に見直されるのはまだまだ時間がかかるでしょうから、自分の身を守るためにも常に情報を集め、チャンスがあったら転職も検討してください。

残業のが少ない仕事に転職するには、妥協しないためにも在職中に転職活動を行うこと。そのために「転職サイト」や「転職エージェント」を利用するのです。

 

最後に、記事中で紹介した転職サイトと転職エージェントをもう一度書いておきます。

 


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi