読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

35歳以上の転職成功者が増加中!今後はさらに増える見込み!

30代の転職

35歳以上の転職成功者が増加中

35歳以上の転職成功者が増えています。

今まで言われてきた転職にまつわる都市伝説、35歳の壁が無くなりつつあるようです。

転職支援サイトのDODAが同サービスを利用して転職に成功した人を調査したところ、何と全体の28.2%が35歳以上と言う結果が出ました。

 

35歳の壁は年々崩れつつある

転職を経験した人や考えている人、そうじゃ無くても一度は聞いたことがあるはず、転職出来る年齢の限界は35歳だと。

一種の都市伝説なんですが、もともとは終身雇用や年功序列が一般的だった頃、年齢を重ねるほど再就職が厳しくなることから、35歳を超えると正社員で採用されるのは難しいと言った考え方が定着したようです。

実際、年齢を重ねれば重ねるほど転職の成功率は下がっていきます。

これは、該当する求人数が少ないことと、経験者や即戦力が重視される傾向がある為だと考えられます。

なので35歳の壁はあながち都市伝説とは言えないものでした。

 

ところが、DODAが発表した結果では、2012年と比較して35歳~39歳で転職に成功した人の割合が、実に196%も増えています。さらに40歳以上では420%と驚異の伸びを示しています。

 

実際に転職する人も右肩上がりで増えているので、転職希望者の受け口も増えていると考えられます。特に東京オリンピックに向けて土木・建築関係の伸びが良いようです。

転職市場の拡大が続く中、年々35歳の壁は崩れていっているように感じます。

 

73%の転職コンサルタントが「2016年は35歳以上の求人が増える」と回答

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」で、サイトを利用している転職コンサルタントを対象にアンケートを行ったところ、73%の転職コンサルタントが2016年はミドルの求人が増えると回答しています。

建築業界に関しては2020年の東京オリンピックまで安定した転職募集がある、と言う部部に関してはDODAと同じですね。建築業界に転職したい方は今が狙い目かもしれません。

また35歳以上の求人が増えている業界は人手不足に悩まされている為、中途採用の採用基準年齢を引き上げる企業が増えていることも背景にあるようです。特に建築や土木、ITや通信は深刻な人手不足に加え、マネジメント経験が求められる求人も拡大しています。

 

35歳以上に求められるスキルは即戦力

求められるスキルは昔も今もそれほど変わっていない印象です。やっぱり未経験分野への転職は厳しく、即戦力になれることが重要。自分でも出来るし教えることも出来るのが理想のようです。

大企業にありがちな座って指示するだけの人は嫌われる傾向があり、職務を遂行できるレベルの高い人が求められています。

世の中そこまでは甘くないですね。実績と経験があって仕事を期待されたLV以上にこなせる人。そんな人が求められてますね。この年齢になると社会人としての経験も10年以上になりますから、当然と言えば当然です。

 

求人は増えているが甘くはない

景気が上向いていることや東京オリンピックの開催、設備投資の増加など求人の全体量が増える要因が多くあります。その為、2016年から2017年はまだまだ売り手市場が続くと考えられています。

35歳以上の求人も、即戦力となれる経験や実績を求められますが、全体のパイが大きくなればその分採用される可能性も高くなります。

 

ですが求められてる人材像は決して甘くないでしょう。

 

経験があるだけに給与面でも高くなりがちです。新たに仕事を教えるのにも時間がかかります。それだけに、即戦力にこだわる企業も多いはずです。

安易な気持ちで転職に踏み切ってもおそらくなかなか採用はされません。もし転職に踏み切るなら強い意志が必要です。

 

35歳以上の転職に向いている人

リーマンショック以降、管理職になったとしても完全に現場から離れるわけではなく、現場の最前線でプレイヤー兼マネージャーとして働く35歳以上の人が増えています。

年下の上司や女性の上司に抵抗感を覚える人も少なくなり、転職しても即戦力として使いやすい人が増えているのも特徴です。

 

この現場の感覚を失っていないことと、マネージャーとしての実績もある人は、35歳以上の転職に向いています。

というのも、今はベンチャー企業がブームになっていて、若い人が頑張っているのですが、会社に一本筋を通すあるいは土台を築くという意味で、現場感覚があり、管理職としても仕事ができる35歳以上が求められているのです。

 

最前線でプレイヤーとしても仕事ができ、会社に戻ればマネージャーとして若手の指導もできる。

そんな35歳以上は、引手数多で転職することができるでしょう。

 

キャリアアップは転職エージェントを利用する

転職を考えると真っ先に頭に浮かぶのがハローワークではないでしょうか。

確かにハローワークで仕事を探す人は多く、人材を募集している多くの企業も利用しています。

しかし35歳以上の方が転職を考えた場合、ハローワークに相談することはお勧めできません。

 

キャリアアップはヘッドハンティングが多い

あなたの周りでキャリアアップを目的とした転職をするときに、ハローワークへ相談に行く人は一体どのくらいいるでしょうか。

ほとんどの方が持っているハローワークの印象は「失業者が仕事を探す場所」が多いと思われます。

 

実際ぼくの周りでキャリアアップ転職を実現している人は、友人・知人の紹介がほとんどです。

つまり今まで積み上げてきた実績を周りの人が評価して、ほかの職場を紹介される、あるいは自分の会社に来るよう頼まれるのです。要はヘッドハンティングされるということです。

 

ヘッドハンティングを待つ必要はない

ヘッドハンティングはいつ・どこで来るのか分かりません。

キャリアアップを考えているのに、いつ来るかわからないものを待っていることはできませんよね。

 

そんな時に利用したいのが転職エージェントです。

転職エージェントは転職に関わるほぼすべてのことに、無料でサポートを受けることができます。

当然キャリアアップを目的とした転職もサポートしてくれます。

 

お勧めは転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】です。

ハイエンド層(額面総額年収750万円以上)に特化していますから、キャリアアップを目的としている方に最適な転職サイト。

今まで積み上げてきた実績に自信があるのなら、キャリアアップ転職はそれほど難しくないはず。

しかも非常にレベルの高いヘッドハンターがサポートしてくれますから、希望以上のキャリアアップになる可能性があります。

自分のキャリアに自信がある方こそ、思い切って相談してほしいサイトです。

 

最後に

転職市場も年々大きくなり、少しずつですが仕事を変えることへの抵抗も減ってきた気がします。35歳の壁も崩れ始め、終身雇用も完全に無くなりそうです。

個人のキャリアを高める為の転職が増え、本当に自由に仕事が選べるようになるかもしれません。

とは言え、まだまだ年功序列は残っていますし、安易に転職を繰り返せば年収が下がる傾向にあるのも事実です。

辞表や退職届を提出する前に、ハローワークに行くか転職サイトに登録して情報を集めることをお勧めします。

 

転職サイトでお勧めしたいのがピタジョブです。

自分の要望にどのくらいマッチしているかピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面はとても使いやすいです。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていますし、大手転職サービス「type」「DODA」「マイナビエージェント」の求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

しかも! 登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

登録はこちらから⇒【 ピタジョブ

 

今は市場診断や適性検査を受けることで、企業側からオファーがくるサービスを行っているサイトもあります。

あわてて退職を決めて後悔しないように、自分の目で求人の現状を調べてください。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

 


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi