読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

SEO対策はコンテンツを充実させることから。ホームページのSEO対策。

ブログ運営-SEO ブログ運営

ホームページのSEO対策

SEO対策はコンテンツがあるからこそ実施出来ます。

会社でホームページを公開していますが、そこに掲載されている記事の文章は会社案内をそのまま転載しています。

 

ホームページを作成し管理しているのは事務員のに、突然「ホームページを〇〇って言葉で上位表示させたいんだけど」と聞かれました。

その為にアクセス解析も始めた様子。

SEOについても調べ始めていましたが、そもそも会社案内を転載する程度のコンテンツしか無いホームページ。

考えられる対策は「コンテンツを増やすこと」や「充実させる」しかありません。

 

この記事ではコンテンツを充実させる大切さについて書いています。

 

検索で上位表示されると言う事

特定の言葉(キーワード)で上位表示させると言うことは、まずGoogleに役に立つコンテンツがあると認めてもらう必要があります。

Googleは検索結果の上位に、検索窓に入力されたキーワードに関連が深く、役に立つコンテンツを表示させるからです。

 

自分がGoogleで検索した時、知りたいことと全然違う内容が表示されたら嫌ですよね。

 

「アイスクリームの美味しい店」で検索したのに「丈夫な家を建てる方法」が表示されたら、その検索システムを使おうとは思わないはずです。

 

なのでGoogleも安心して使ってもらうために、検索されたキーワードから役に立つコンテンツが含まれているページを表示しようとします。

つまりGoogleで上位表示されるには、キーワードに対して役に立つ内容を記事にする必要があるということ。

 

自分で記事が書けるかどうか

キーワードに対して役に立つ記事を公開するには、記事を書かないといけません。

 

例えば会社のホームページなら、扱っている商品やサービスに詳しければ、記事を書くのはそんなに難しい事じゃ無い。

書く人によって分かりやすい分かりにくいの差は出ると思いますが、基本自社の商品について社員は皆プロフェッショナルです。

書けと言われればいくらでも書けるでしょう。

 

しかし前述の事務員の方は「会社案内に書かれた文章を転記して公開している」ことからも分かるように、商品に対する知識もほとんどありません。

おそらく「上位表示させるには記事を追加するか、内容を充実させないとダメだ」と言っても出来ないでしょう。

 

記事が書けなければ、SEO対策もとても難しくなります。

自分で記事が書けるかどうかは、大切なことなのです。

 

記事の作成を依頼する場合も知識が必要

記事を書くのは必ず管理者である必要はありません。

外部に委託してもいいですし、社内の他の人にお願いしても良い。

管理者のやることはアクセスを増やすために「どんな記事が必要か」を考え、「どんな内容で書いてもらうか」指示することです。

ただここでも、商品知識が無いことが問題になります。

 

つまり。

 

商品について知らない ⇒ 必要な記事が分からない ⇒ 書く内容も分からない。

 

どんな記事を書いていいのかがわからなければ、コンテンツを充実させることは難しいのです。

ホームページの管理を行い、上位で表示させることを考えたとき、知識がない人は適任とは言えないでしょう。

 

コンテンツを充実させるには

方法はいくつかあります。

  • 自社のサービスをより詳しく、掘り下げて記事にする
  • すでに掲載されている記事の内容を、掘り下げ追記する
  • 豆知識として業界の常識を記事にする

などが一般的でしょうか。

 

キーワードの出現率を増やす

最近はあまり聞かなくなりましたが、SEO対策でキーワードの出現率がありました。

上位表示させたいキーワードを決めたら、記事の中に不自然にならないようにキーワードを埋め込んでいく方法です。

 

この方法だと、商品知識がなくても対策を行うことができます。

実際この方法で狙ったキーワードで、記事が表示されるようにすることはできます。

 

もちろん1つのページに不自然にキーワードが詰め込まれていたら、あやしいので、やりすぎはダメです。

 

タイトルや本文以外にも、画像、トップメニュー、サイドメニュー、メタタグにキーワードを入れていくことが基本になります。

 

トップページと内部リンクは大切

できるなら、トップページに狙っているキーワードを入れるようにします。

また、メニューの文字もキーワードが入ると効果的です。

サイドメニューに表示させる文字も、キーワードを使用しましょう。

内部リンクは、トップページから最大2回のクリックですべての記事がみられるように考えます。

 

ホームページの場合、コンテンツを追加するとしても限界があるケースがほとんどです。

なのでよりキーワードや内部リンクといった、内部対策を重点的に行う必要があります。

 

特定のキーワードで上位表示させるために、コンテンツを追加することもある

特定のキーワードで上位表示させるために、別のコンテンツを作ることもあります。

と言うか、ページを増やすほうが効果的なことが多いです。

 

例えば「ダイエット」で上位表示させたい場合、ダイエットについて書いたページだけで上位に表示させるのは、ほぼ不可能です。

なので「しょうがダイエット」「ダイエットが続かない人の特徴」「お勧めダイエット5選」と言った複数のコンテンツを作っていきます。

 

するとホームページ自体が「ダイエットの専門」として認識されていき、ある日突然「ダイエット」で上位に表示されるようになります。

 

実際にダイエットで上位表示させるのは相当困難ですが。

 

上位表示させたいコンテンツの中身をいじり続けるより、複数のコンテンツで1つのキーワードを攻めるのも効果があります。

 

企業のホームページは対策が難しい

実際会社のホームページを担当し、狙ったキーワードで上位表示させる方法を考えて、実行しています。

会社のホームページの場合、商品やサービスの種類が少ないと、掲載できるページも限られてしまうため、上位表示させるのがとても難しくなります。

同業他社が似たような商品やサービスを扱っていると、古いドメインの力が強く、後出しのホームページはなかなか上位表示されません。

 

なので差別化を図る意味も含め、豆知識としてページをいくつか追加します。

 

企業のイメージを損なわないようにページを追加するのは、工夫が必要ですが、数ページ追加するだけでも効果はあるはずです。

 

基本的な施策はすでにあるコンテンツの内容を充実させていくことになります。

ホームページを見た人が何を求めているのか、何を知りたいのかをきちんと考えてコンテンツを作りこんでいく。

これが、SEO対策の基本です。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi