読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

人を大切にしない会社は生き残れない

働き方コラム 働き方コラム-職場環境

企業は人なり。誰の言葉でしたっけ? そう、松下幸之助さんです。 

f:id:ranmaru-24mensou:20160229212425p:plain

従業員が退職する理由のトップ3は「1.評価されない。給料が上がらない」「2.会社や業界の将来に不安を感じる」「3.休日、残業、勤務時間に不満を感じる」です。

会社や業界の将来に不安を感じるのは、ある意味仕方がない部分もありますが、それ以外の2は従業員が大切にされていないと感じるからでしょう。

今までは「あいつが辞めても次がいる」と言えましたが、これからは「あいつが辞めたら次がいない」時代になっていきます。人を、従業員を大切に出来ない会社は、近い将来人材不足で困ることになるでしょう。

 

辞めても次がいるは大間違い

今はそれなりに景気が良くなってきています。東京オリンピックを控え建設業は明らかな人材不足になっていますし、企業の設備投資も増えてきています。消費者の個人消費も少しずつ増え始め、このまま行けば今年は景気が良いまま行けそうです。

個人消費が増えると設備投資もそれに比例するように増えていきます。設備投資が増えれば企業の業績も上向き、雇用や給料が増えます。雇用が増えれば当然中途採用にも意欲的になってきます。

ですが、ここ数年言われ続けているように少子高齢化が進み、労働人口が年々減っています。つまり、企業が人を増やしたいと思っても、採用出来る人が減っているんです。

 

人を大切にしない会社は生き残れない

数年前までは「お前が辞めても働きたいと言う奴はいくらでもいる。嫌なら辞めちまえ!」と、威勢よく怒鳴る上司もいた気がしますが、今は通じません。何故なら、辞められたら次がいないからです。

人が辞める ⇒ 募集をしても集まらない ⇒ 従業員の負担が増える ⇒ 嫌になって辞める ⇒ 募集をしても・・・・ ⇒ 業績が下がる

人を大切にしたいとこんな負のスパイラルに落ち込みます。今までは右肩上がりで伸びていた業績も、人がいなくなることでまっさかさまに落ちていきます。

こうなると、新しく人が来たとしても、その仕事量の多さに根を上げあっという間に辞めてしまうかもしれません。

 

人を大切にすると言う事

「甘やかせ」と言うことじゃないですよ。念のため。

辞めても次が集まらないのなら、今いる人で何とかするしかありません。退職する理由のトップ3を考えれば何をすれば良いのかはすぐに分かるはず。

評価の透明性を高め、成果に見合った昇給をする。残業や休日出勤を無くす。そして、話をすることです。

休日出勤や残業を無くすと業績が下がると思う人がいますが、それは間違っています。不思議なもので、3時間で終わらせろ! と指示をすれば3時間で仕事は終わります。

逆に、今日中に終わらせろ! と指示をすると1日中その仕事をやっています。時間は使い方次第だと言うことです。

人を大切にすると言う意味では、社内教育も大切な要素。研究や勉強会を定期的に開催すれば、レベルも上がると同時に、従業員同士のコミュニケーションもとれて一体感が生まれます。

人を大切にすると言うことは、やればやっただけ評価する。キャリアアップの機会を与える。つまり、やる気を引き出してあげることです。

 

人を軽く見る会社には見切りをつけるべき

人を大切にしない会社はこれから生き残るのが難しくなってきます。ブラックと呼ばれる企業もそうでしょう。人が辞め、対応できなくなるから無理を強いる。そして人が辞める。どこかの会社では人が辞めすぎて24時間営業を断念したところもあります。

今勤めている会社が、無理ばかりを言い全然人を大切にしていないのなら、早めに見切りをつけるべきでしょう。

危険信号は見ていれば何となく分かります。仕事ができると言われている人が、順々に辞めていくようならかなり危ない。特に営業や経理で仕事ができる人が辞めると言うのは、何かしらの危険を察知した可能性が高い。そして、出来る人がいなくなればなるほど、残された人の負荷はとんでもなく高くなります。

そうなる前に新しい職場を探すほうが賢明です。

 

新しい職場を探すなら

余計なお世話かもしれませんが、人を大切にしない会社に未来はありません。

今は安い賃金で人を雇い、体力の限界まで働かせることで持ちこたえているかもしれませんが、いずれ社会の制裁を受けることになるでしょう。

なのでそんな会社にはさっさと見切りをつけ、次の会社を探してください。

 

次の仕事を探す方法として便利なのが転職サイト、転職サイトでお勧めしたいのがピタジョブです。

自分の要望にどのくらいマッチしているかピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面はとても使いやすい。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていますし、大手転職サービス「type」「DODA」「マイナビエージェント」の求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

しかも! 登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

登録はこちらから⇒【 ピタジョブ

 

また、短期間で転職を成功させたいのなら、転職エージェントを利用してください。

転職エージェントでお勧めしたいのはマイナビエージェント です。

就活性の95%以上が登録するといわれていて、学生の知名度は抜群なのですが、転職エージェントとしては、リクルート・インテリジェンスに大きく離されての業界5番手と言ったところ。

5番手と聞くといまいち頼りない気がしますが、ほかのエージェントにはない魅力的な求人が多く、マイナビにしか求人を出さない独占求人も沢山あります。

しかも! 20代~30代の転職に強く、人事担当者とも太いパイプを持っているのです!

 

またリクルート・インテリジェンスと比べると、登録者数は少ないのですが、その分一人一人を大切にし、良い求人を親身なサービスで紹介してもらえることができます。

親身なサービスに触れることで転職活動の不安を払拭できるからか、利用者の満足度はとても高いのです。

関東エリアで転職を考えたら、マイナビを利用しない理由はありません。

登録はこちらから⇒【 マイナビエージェント 】

 

最後に

お前が辞めても次がいる。ぼくの勤め先でも平気なお顔でそんな事を言う人がいました。過去形なのはパワハラで訴えられ他社に出向になったからです。

今はその言葉さえ裁かれる対象になりますし、本当に辞められたら次を見つけるのは一苦労です。いえ、見つからないのが当たり前かもしれません。

これから先は少子高齢化が解消されるか、人に変わる労働力が生まれるまで、人を大切にしない会社はどんどん苦しくなっていきます。

「高齢者の活用」「女性が活躍できる社会」と言うキャッチフレーズがすでに労働力不足を物語っています。

大切にしてくれない会社なら、こちらから見切りをつけて転職するのも今はありです。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi