読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

職場にいるのなら仕事をしろ。と言う当たり前の事

働き方コラム 働き方コラム-仕事の悩み

休憩時間は休んでください。それ以外は仕事をしましょう。

職場にいるのなら仕事をしろ

会社にいれば仕事の話をされて当たり前。就業時間外だから仕事の話をするなと言う人は、朝早くからきて働いている人への配慮が足りません。仕事の話をされたくないのなら時間ぴったりに出社して、終わったらさっさと帰れば良いだけの事。ですよね。

 

会社は仕事をするところ

まずは当たり前の事を言います。会社は仕事をするところです。就業時間だから会社にいても仕事の話をするなと言うのなら、会社の外に出ましょう

まれに勘違いしている人がいますが、朝早く出社してコーヒーを飲みながら新聞を読んで仕事の体制を作る。これは家でやってくることです。

朝早く出社するのは個人の自由だと考えているようですが、誰か一人でも職場にいれば経費がかかります。まして1人で職場にいるのはセキュリティ上好ましくありません。

それなのに、コーヒーを飲みながら新聞を読むとか、かなり意味不明です。

中には忙しくてやむを得ず朝早く出社している人もいますから、そう言う人から見れば、のんきにコーヒーを飲んでいる姿は目障りです。

 

職場で車を洗っていたアホ部長

そんな奴と一緒にするな! と言われそうですが、ぼくから見れば就業時間外にいてコーヒーを飲みながら新聞を読んで、時間外だから気を使えと偉そうにしている人も同類です。

この部長は休日に会社に自分の車を持ってきて洗車をしていました。しかも、繁忙期にほぼ全員が休日出勤をして働いている中で、です。同然激しいバッシングをうけましたが、この部長は神経がなかったんでしょう。翌月も同じことをしていました。

理屈は「休みの日に何をしようと俺の勝手」です。時間外に職場に来てブレイクタイムを楽しんでいる人と全く一緒。会社は仕事をする場所だと言う基本的な事を忘れています。

自分の好きなことをやりたいのなら、家に帰ってやるべきですし、それが当たり前です。

 

会社に知れば仕事を話をされて当たり前

確かに休憩時間は仕事の話をせずにすごしたいものです。オンオフを切り替える意味でも、能率を上げる意味でも大切なことでしょう。

ですが、会社にいる限り仕事の話はついて回ります。急ぎの案件もあるでしょうし、相手にとっては今話したいこともあります。「もっと気を使えよ」と思うかもしれませんが、それはいたって普通の事です。

もしあなたが、休憩中や食事中に仕事の話をされるのが嫌なら、「後にしてほしい」と伝えれば良いだけです。それが出来ないのならきちんと対応しましょう。

 

朝早く出社してリラックスタイムを作る

これは別に悪い事じゃありませんよ。経費を垂れ流していることを除けば。

このリラックスタイムがあることで、仕事の能率が2倍にも3倍にもなるならだれも文句は言いませんし、帰って推奨されるでしょう。

ですが、就業時間前だから気を使って仕事の話をするなと言うのは、ものすごい勘違いです。一体何様ですか。

何度も言いますが、職場にいるだけでも経費がかかります。それなら極端に早く出社するのは出来るだけ避けるべきです。

終わらない仕事がある、朝一でやらないといけないことがあるのなら別ですが、コーヒー片手に新聞読んでリラックスタイムとか、かなり謎です。

そう言うリラックスタイムは家か近くの喫茶店で作りましょう。

 

就業時間の前に話しかける人は配慮が足りない?

これ逆です。仕事をする気がないのに会社にいること自体配慮に欠けます。会社は仕事をする場所ですから。話しかけられたくないのなら時間ぎりぎりに来れば良いだけの話。周りに仕事をしている人がいるならなおさらです。そんな自分勝手なことを言っていると、職場を学校と勘違いしていると思われます。

といってこれを実行に移すと。

「まだ就業時間前だよ、あと2分まってて」

「あ、チャイム鳴った。良いよ仕事の話をしても」

と、なります。なんか変な人ですね。

 

最後に

会社は仕事をするところです。コーヒー片手にリラックスする場所じゃありません。そして、会社にいれば何かしらの経費がかかります。1時間早く出社してリラックスタイムを作るなんて自分勝手もいいところです。

仮に、その時間で情報を集めていたとしても、それは自宅でも出来ること。オンとオフを分けたいのなら、職場と自宅の区別も付けましょう。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi