読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

派遣社員が正社員に転職できるのは30歳半ばがリミット!今すぐ派遣を辞めて行動すべき!

派遣から正社員

派遣社員が正社員に転職できるのは30代半ばがリミットです。今すぐ行動しましょう!

派遣から正社員に転職

2015年9月に派遣法が改正されてから、派遣社員と言う働き方は厳しさを増しています。

最近では同一業務同一賃金が騒がれていますが、もしこの法案が成立したとしても、派遣社員が恩恵を受けるのは難しいでしょう。

厚生労働大臣が言うように派遣社員は「臨時・一時的」なもの。

30半ばまでに正社員に転職しないと、将来はどんどん厳しくなります。

派遣社員は今すぐにでも辞めて、正社員に転職するべきです。

その理由を説明します。

 

「正社員」と「パート・アルバイト」「契約社員」「派遣社員」の違い

パート・アルバイト・契約社員・正社員・派遣社員と同じ会社で働く従業員でも、その契約内容によって呼び方は様々です。その違いを簡単に説明します。

 

正社員とは

企業と直接雇用契約を結び、その契約は期間の定めがありません。これを無期雇用と言います。

毎年更新する雇用契約書が無く、代わりに就業規則に沿って仕事を勧めます。また解雇が厳しく制限されているのも特徴です。

正規社員と言う呼ばれ方もします。

 

パート・アルバイト、契約社員とは

企業と直接雇用契約を結び、その契約は期間の定めがあります。これを有期雇用といいます。

定められた一定の期間ごとに契約を更新するかどうか決めるのが特徴で、企業側は契約期間が満了した時点で更新しないことも出来ます。

非正規社員と言う呼ばれ方もします。

 

派遣社員とは

派遣社員は派遣元(派遣会社)と雇用契約を結んでいます。その契約内容は有期雇用契約がほとんどです。

と言うことは、派遣先の企業から見ると派遣社員は「正規社員」でもなく「非正規社員」でもありません。

また雇用される期間は、派遣元と派遣先企業同士が契約を結んでいるのであって、派遣社員とは結んでいません。

なので仕事に対して適正がなかったり業務に支障が出ると、派遣先は派遣元に対して即座に入れ替えを申し出ることができます。

この場合派遣社員は仕事を失いますが、派遣先の対応は法に触れることはありません。つまりそれだけ不安定な立場と言うことです。

(※派遣先から見た派遣社員の立場です。派遣元から見た場合、派遣社員と有期雇用契約を結んでいますので、雇用期間中は仮に派遣先から途中解約されても、即座に次の派遣先をみつける必要があります。また、みつけられない場合は最低賃金の6割を保証しないといけません。)

 

派遣社員は3年で使い捨て

2015年の派遣法改正により、派遣先の同一組織単位での受け入れ期間の上限が3年になりました。

簡単に言えば3年経つと仕事が無くなる可能性が、ものすごく高くなったと言うことです。

派遣先にしてみれば、人を変えれば何時まででも派遣社員を雇えるので、人件費が一定に保てたり、仕事が無くなった時の調整弁に出来たりと、とてもありがたい仕組みです。

ですが、派遣社員としてみれば、3年ごとに仕事がなくなることになりますので、とても不安定な立場に置かれたことになります。

 

正社員との給与の差は教育の差

給与面を見ると、20代前半は派遣社員の方が高くなっています。

これは正社員を雇う時の考え方が背景にあります。

企業側として新卒の正社員は「仕事ができない事を前提」として雇います。

そして時間をかけて、OJTや社内研修などで教育し、一人前に育てようとします。

終身雇用の名残ですね。

人を1人育てるのにはそれだけお金がかかります。

育てるのにお金がかかる、教育費がかかるから新卒社員の給与は低くなる傾向があるんです。

 

ところが派遣社員は違います。

任せられる仕事の範囲は決まっていますし、雇われる時もすぐに仕事ができる物として雇われます。

なので、即戦力として採用されることから、20代前半でも比較的給与が高く設定されています。

ですがこれは20代前半だけのこと。

新卒の正社員が仕事を覚え、一人前として働き始める20代後半から、派遣社員との賃金が逆転し始めます。

正社員が企業の色々な仕事に精通し、業績を上げてくれるのに対して、派遣社員はいつまで経っても同じ仕事を、同じ範囲内でしかこなせません。

こなせませんと言うか、それ以外はやらせてもらえません。

そこに責任と範囲の差が生まれ、そして賃金の差として現れます。

つまり派遣社員でいる限り、スキルアップも賃金アップも非常に難しいと言う事です。

 

「派遣から正社員で登用」は門が狭すぎる

「いつか正社員にするから」と言われた派遣社員の方も多いんじゃないでしょうか。

でも、いつまで経っても社員にしてもらえない。

「どうなっていますか?」と聞いても「もう少し待って」と言われるだけで、先に進む気配がない。

この場合、甘い言葉をかけて辞めさせないようにしている可能性が高いです。

おそらくですが、「正社員にするから」と言われる人は能力が高いはずです。だから会社としても手放したくはない。

とは言え正社員にするほど人員に困っていない。

 

なのでなるべく派遣社員のまま長く働いてもらえるように「正社員にする」と言っていると考えられます。

 

実際派遣社員から正社員になった人を何人か知っていますが、かなり狭き門です。

理由はいろいろありますが、そもそも派遣社員を雇うのは一時的な忙しさをしのぐ為です。

忙しい時期を超えれば、人件費を削減するために派遣社員から契約を切られていきます。

こうすることで経費の増加を抑えているんですね。

 

派遣社員から正社員になれるのは、派遣先の忙しさがこの先も続き、新しく人を育てている余裕もなく、管理者として正社員が必要になった場合だけです。

 

派遣社員に任される仕事は、誰でも出来る単純作業が多いですから、わざわざ人件費の高い正社員にする理由が無いんです。

なので派遣社員から正社員になるのはかなり難しいと考えるべきです。

 

40歳以降は新しい仕事を覚えるのが難しい

歳をとると新しい事を覚えるのが難しくなってきます。

派遣社員として働き続けるのであれば、仕事の範囲が限られていますから問題はありません。

給与面で見ると仕事の範囲が限られていると、昇給することも、ベースアップすることもありませんよね。

 

となると将来の事を考えて正社員に転職したい。そう思うのは普通の事です。

 

40歳を超えると、新しい事を覚えるのが難しくなってきます。

あなたが大丈夫だと言っても、世間はそう言う目で見ています。

実際に40歳以降の求人は管理職や経験者に限られた物が多くなります。

 

新しい仕事が覚えられない。

 

これは派遣社員から正社員に転職を考えた時、かなり大きな足かせになります。

 

日本の法律は派遣社員が不利になるようにできている

派遣社員でも、スキルがあって給料が高い仕事に就ける人は年1000万円も稼げるようですが、そんな人はほんの一握り、ほとんどの派遣は正社員よりも低い給料で働いています。

なぜか。

日本の派遣は正社員を雇いたくない企業が、少ない人件費で人手不足を解消するために存在するからです。

企業が社員一人を新卒から定年まで雇用した場合、その人件費は4億円にもなるといわれています。

また、日本の法律は正社員を保護するようにできているため、一度採用すると企業側から解雇することはなかなかできません。

大手企業でもリストラのニュースが頻繁に流れるようになりましたが、基本的な考え方は年功序列、終身雇用が根付いています。

正社員を採用するとコストが大きく増える、解雇することも難しい、でも人手が足りない。すると当然正社員の採用を控え、なるべく非正規つまり派遣で一時的に補おうとするのです。

また、解雇することが難しい正社員を、雇い続けるためのコストが経営を圧迫し、事業を拡大するための思い切った施策を打つことが難しくなります。

事業が拡大されなければ、当然正社員の枠が増えることもありませんし、派遣社員を正社員で採用することもありません。

一度派遣社員になると、なかなか正社員になれないのは、こういった理由があるからです。

 

30歳半ばがリミット! 今すぐ派遣から転職するために行動しよう

派遣社員から正社員へ転職するリミットは、30歳半ばです。

まだ新しい仕事が覚えられ、派遣社員としての経験も、経験としてみてもらえるぎりぎりのラインです。

 

厚生労働大臣も派遣は一時的なものだと言い切りました。

同一労働同一賃金も、自社で雇用している従業員にしか反映されません。

 

派遣元が派遣先に、福利厚生や賃金について聞く義務もありますが、お客様に「お宅の給料はいくら?」なんて聞けるわけがありません。

 

つまり派遣社員の給与はどこまで行っても増える可能性が低い。

そして40歳を超えてしまえば、正社員として派遣社員を雇用してくれる企業は一気に少なくなります

 

毎日同じ職場に出勤して働いていると、何となく安心してしまいますが、それはまやかしです。

生活していくためにも今すぐ転職活動を始めてください。

ハローワークを利用しても良いですし、転職サイトや転職エージェントに相談しても良いでしょう。

 

転職サイトでお勧めなのがピタジョブです。

自分の要望にどのくらいマッチしているかピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面はとても使いやすいです。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていますし、大手転職サービス「type」「DODA」「マイナビエージェント」の求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

しかも! 登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

登録はこちらから⇒【 ピタジョブ

 

転職エージェントでお勧めしたいのはtype転職エージェントです。

1994年から転職ビジネスを行っている、長い歴史のある企業。

なぜか転職エージェントの知名度が低いのですが、その分求職者一人一人がとてもきめ細かいサポートを受けることができます。また老舗企業だからこそ、求人企業の人事部とのパイプが太く、type独占求人や非公開求人を豊富に持っているのです。

ただし拠点は「東京・埼玉・神奈川・千葉」に限られます。

利益ではなく人材重視で転職支援をしてくれると評判のtype転職エージェント。

「東京・埼玉・神奈川・千葉」での転職は、絶対に利用するべきです。

登録はこちら⇒【 type転職エージェント 】

 

転職の成功率は転職サイトや転職エージェントの登録数に比例すると言う話もあります。

登録は無料なので、可能な限り登録するのも手です。

そして自分に合った転職サイトや、エージェントを使い、1日でも早く正社員になってください。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi