読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

派遣から正社員は頑張ってもなれない!今すぐ派遣を辞め転職活動を始めよう!

派遣から正社員

 派遣から正社員

2015年9月に派遣法が改正されてから、派遣社員は一時的な人員としての立場が強くなってきました。

今も一緒に働いている派遣社員の方が何人かいますが、出来れば早く転職活動を始めて正社員を目指してほしい。

派遣社員を募集する理由、任せる仕事内容を見ていて、心の底からそう思います。

もし「いつかは正社員」とか「派遣でかんばれば正社員になれる」と思っている方がいるなら。

この記事を最後まで読んで、本当に正社員になれるか考えてみてください。

そして出来れば、正社員になるために転職活動を始めてほしい。そう思っています。

 

ライフスタイル重視、仕事は働きたいときだけ。それなら派遣社員でも良い

派遣社員で働く人の中には、仕事よりも趣味や好きなことをやる時間を大切にしたいと言う人もいます。

毎日会社に通って何時間も残業をする。

休日もあるのかないのか分からない。

そんな正社員の生活をするよりは、働きたい時だけ働ける派遣社員の働き方が、ライフスタイルに合っていると言う人ですね。

 

こういうライフスタイル重視の人は、派遣社員でも全然問題ありません。

自分で選んで自分らしく生きていく為に、派遣社員という働き方を選んだのですから。

 

派遣社員でも仕事の内容や給料の金額次第で、正社員よりはるかに稼げることもあります。

 

問題は正社員になりたいが就職が上手くいかず、一時的に派遣社員で働いている人。

リストラや倒産など、やむを得ない事情で派遣社員になった人です。

 

家族を養っていて、生活の全てが自分の給料にかかっている人ですね。

 

派遣社員として家族を養えるだけの給料が稼げる、専門的なスキルも、経験も無い。

もしそうなら、一日でも早く派遣を辞めるために、今すぐ転職活動を始めて正社員を目指すべきです。

 

派遣社員から正社員になれない理由

仕事があると安心感が生まれ、甘えてしまう

派遣から正社員になるのが難しい一つ目の理由が、仕事があると言う安心感に甘えてしまうことがある。と言う事。

派遣であれアルバイトであれ、毎日同じ職場に通い毎月同じ日に給料がもらえると、そこに安心感が生まれます。

本当は3年経てば仕事が無くなるのに、ずっとこの環境が続くんじゃないかと思ってしまうんです。

職場の人も優しくて毎日楽しければ楽しいほど、自分が派遣社員だと言うことも忘れて、ずっとこのままいられるんじゃないかと思いますよね。

 

でもふとした瞬間に気が付くんです。

契約が切れれば、この会社に出勤することも無くなるんだと。

 

問題はいつその事に気が付くか、です。

 

居心地のいい「今」についつい甘えてしまって、就職活動も何もしてこなかった。

気が付いたらあっという間に3年が過ぎ、別の派遣先へ行くことに。

意を決して就職活動を始めたけれど、3年の月日が意外と重くのしかかり・・・。

なんてことにならないとも言えません。

派遣社員から直接雇用の正社員になるのは、夢のまた夢です。

一日でも早く就職活動を始めましょう。

 

会社は都合の良い人材としか見ていない

会社が派遣社員を募集するのは一時的に人手が足りなくなるから。

それ以外の理由はまずありません。

と言うことは、忙しい時期が終われば契約を解除される可能性が高い、いや忙しい時期が終われば、間違いなく契約を解除されます。

 

もちろん派遣会社が別の働き口を探してくれますし、切れ目なく働くことも出来ますが、やっぱり不安定ですよね。

 

時には「頑張れば正社員にしてあげるから」と言われることもあります。

これはあなたが仕事が出来るから、忙しい時期の間はやめてほしく無いから言うだけで、実際に正社員にしようと言う気持ちはありません。

 

どこまで行っても都合良く使われるのが派遣社員です。

 

そもそも「一時的な人手不足を補うため」に派遣社員を採用しているのに、何故正社員になれると思うのか。

 

「慢性的な人手不足」ならはじめから正社員を募集します。

一時的だから派遣社員なんです。

 

派遣社員は会社にとって、一時的に採用するだけの存在です。

 

会社が派遣社員を使う理由は経費節約と継続性

正社員を一度採用すると、解雇するのは今の日本の法律だとなかなか難しい。

教育するのにもお金がかかっているし、福利厚生でもお金をかけています。

もし能力が低くても、性格に問題があっても、なかなか解雇することができません。

解雇出来たとしても、退職金や和解金などとにかくお金がかかりる、それが正社員です。

 

その点派遣は違います。

昇給させる必要がありませんし、福利厚生も必要ありません。

最低限の業務さえ教えれば、将来のために教育する必要もないんです。

簡単に言えば、コストがかからない。

もし能力が低かったり、性格に問題があれば、人を変えてもらうことも出来ます。

 

コストはかからないし、いつでも変えてもらえる。つまり、経費削減とリスク管理が出来るとても便利な存在です。

 

また社員の場合、妊娠や出産、病気やけがなどで、在籍したまま長期に渡り休むことがあります。

休んでいる間は、代わりの社員を採用することも難しい上に、他の人にも負担がかかりますよね。

 

ところが派遣の場合は、長期休む場合は変わりの人をすぐ手配してもらうことが出来ます。穴が開くことが無いんですよね。

 

とにかく派遣社員は会社にとって便利な存在です。

 

不真面目派遣社員が、真面目な派遣社員の印象を悪くする

実際に派遣から正社員になった人を何人か知っていますが、ほとんどの人が半年も経たないうちに辞めました。

理由はすごくて「正社員の責任に耐えられない」とか「嫌になった」と言うのがほとんど。

一度この事を経験をした会社は、派遣社員を正社員で採用しなくなります。

つまり本気で正社員を目指して頑張っている派遣社員の足を、中途半端に働いていた派遣社員が引っ張ってしまうんですね。

実際今の勤め先では10数人の派遣社員を正社員として採用しました。もちろん仕事ぶりを見て、本人の意思を確認してからです。

でもそのうち残っているのは3人だけです。他の人は何かしら問題や揉め事を起こして退職しています。

また関連会社でも同様に派遣社員を正社員として採用していましたが、問題を起こす確率が高かったため現在は採用していません。

どうしてこうなるかと言うと、派遣社員は、派遣社員と言う大きなくくりで判断される部分があるからです。

聞いたことありませんか? 「中途採用は使えない」と人事の人が行っているのを。

新卒で採用するなら「〇〇大学だ」と話をしているのを。

人それぞれ違うのに、中途で採用される人は全員ダメだと言うような人を。

「〇〇大学」以外は採用する意味がない、と言った態度をとる人を。

それと似たような心理で、派遣社員が問題を起こすと派遣社員と言う大きなくくりで判断されることが結構あります。

学校でもありますよね。

「あそこの高校は素行の悪い奴が多い」とか。

それと一緒です。

 

派遣社員を長く続けると、正社員になれなくなる

冷静に考えてもらえば分かる話しですが。

派遣社員から正社員になる人は、皆能力が高い。そして、短期間で派遣社員から正社員に登用されます。

 

逆に考えれば。

 

正社員登用の話しが来ないのは、もともと正社員にするつもりが無いか、あなたの能力が中途半端かのどちらかです。

 

どちらだとしても、頑張って続けても正社員にはなれませんよね。

 

中途半端に仕事の出来る派遣社員ほど、会社にとっては都合がいい。

 

言われたことは問題なくこなすし、給料を上げる必要も無い、長い間勤めてくれるし、必要が亡くなったらいつでも契約解除出来る。

 

これほど都合のいい存在はありませんよね。

 

派遣社員を続けるデメリット

派遣社員を続けると、転職を考えた時の足かせになることがあります。

理由は簡単。

教育が受けられませんし、単調な仕事しかやらせてもらえないから。

つまり、スキルや経験が育たないのです。

 

この事は転職をするときに必ず見られます。

 

コツコツと勉強して資格をいくつか取得したとしても、経験が無ければ戦力にはなりません。

 

派遣社員と正社員の教育や経験の差によるスキルの違いは、給料に現れます。

 

20代前半では、正社員より派遣社員の方が給料が良いんです。

これは、単調な仕事とはいえ一定のスキルが求められるからでしょう。

 

ところが20代後半になると給料が逆転し、正社員の方が派遣社員よりも高くなります。

 

給料が逆転する理由。

それは、教育を受けスキルを磨き、より高度で難しい仕事がこなせるようになった正社員。

一定のスキルは必要だが、年齢を重ねてもスキルや経験を伸ばすことが出来ない派遣社員との差です。

 

派遣社員を長く続ければ続けるほど、正社員になるのは難しくなっていきます。

 

派遣から正社員を目指すのは時間の無駄

「派遣社員で働いていつかは正社員に!」と目指すのは時間の無駄です。

就職活動をして最初から正社員を狙った方が、確率はかなり高くなります。

 

派遣で経験を積んで正社員になる。と言うのはあまり考えられません。

 

数年でいなくなることが前提ですから、誰でも出来る簡単な仕事しかやらせてもらえないんです。

会社としてもいつか居なくなることが分かっている人に、重要な仕事を任せようとは思いません。

派遣社員を頻繁に雇う会社は、派遣社員にやらせる仕事と、社員にやらせる仕事を完全に分けています。

派遣社員が担当する仕事の大半が、数時間のレクチャーで覚えられて出来るような内容です。

OJTのような教育をするところはまず無いでしょう。

仕事は誰でも出来るような内容のものばかり、態度の悪い人、不真面目な人がいれば派遣社員全体が悪いかのように言われる。

これでも派遣で頑張れば正社員になれると思えますか?

 

人手不足の業界を狙って転職活動をはじめよう

今は「サービス関連」「小売関連」「IT・インターネット関連」は人手不足が深刻です。

IT・インターネット関連はもともと人の出入りが激しい業界ですし、いまだに成長を続けていますから常に人手不足なようですね。

年齢にもよりますが、20代であれば未経験でも採用される可能性はあります。

35歳でも未経験分野への転職を成功させた人がかなりいるようですから、チャレンジしてみる価値はあるかもしれません。

本気で転職して正社員に転職しようと思うのなら、転職エージェントに相談するのがお勧めです。

 

転職エージェントでお勧めしたいのはtype転職エージェントです。

1994年から転職ビジネスを行っている、長い歴史のある企業。

なぜか転職エージェントの知名度が低いのですが、その分求職者一人一人がとてもきめ細かいサポートを受けることができます。また老舗企業だからこそ、求人企業の人事部とのパイプが太く、type独占求人や非公開求人を豊富に持っているのです。

ただし拠点は「東京・埼玉・神奈川・千葉」に限られます。

利益ではなく人材重視で転職支援をしてくれると評判のtype転職エージェント。

「東京・埼玉・神奈川・千葉」での転職は、絶対に利用するべきです。

登録はこちら⇒【 type転職エージェント 】

 

IT・インターネット関連であれば、WORKPORT が得意としていますので、相談してみてはどうでしょう。

いきなり転職エージェントは不安があると言う人は、転職サイトに登録して情報を集めることをお勧めします。

 

転職サイトでお勧めなのがピタジョブです。

自分の要望にどのくらいマッチしているかピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面はとても使いやすいです。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていますし、大手転職サービス「type」「DODA」「マイナビエージェント」の求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

しかも! 登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

登録はこちらから⇒【 ピタジョブ

 

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi