bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

次が決まる前に退職してはいけない理由。辞めて良かったと思うために

次が決まる前に退職してはいけない

次の仕事が決まる前に退職してはいけません。

ぼくは「もっと大きな仕事ができる」と勘違いし、次の仕事を決めずに退職しました。
その結果貯金が減っていく恐怖に耐えきれず、生活のために希望とは違う企業に転職に、とても苦労したことがあります。

だからこそ「次の仕事が決まる前に退職するべきではない」と、はっきり言うことができます。

この記事では、次の仕事を決めずに辞めることの危険性を紹介しています。

収入ゼロには人生を狂わせる力がある

日本のでは、約8割の企業が副業と兼業を禁止しています。
そのためほとんどの方は、生活費の大部分を給与で賄っているはずです。

次の仕事を決めずに退職すると、収入がゼロになります。
ですが必要な生活費はほとんど変わりません。
それどころか、転職活動を行うことで、思わぬ出費が増えることさえあるのです。

収入ゼロで貯金を切り崩しながら生活していくのは、恐怖でしかありません。
毎月数十万円単位で減っていく貯金。
そしてもし、次の仕事がなかなか決まらなかったら。

最後にはぼくのように、貯金が減っていく恐怖に耐えられなくなり、やりたくもない仕事に就くことになります。

やりたくない仕事を続けるのは、すごくつらいですよ。
それにある程度生活が落ち着いてくると、「やっぱりやりたい仕事がしたい」と、また転職したくなります。

ですが一度転職に失敗したことで、最初の転職とは大きな違いができてしまうのです。

  • 短期間で退職したという職歴がつく
  • 職歴から計画性の無さを見抜かれる
  • 想像以上に貯金が減っている
  • 苦労した経験から退職に踏み切りにくくなる

それでも「自分は大丈夫、あなたとは違う」と、思いますよね。

では次に、退職後に必要なお金について説明します。

転職後に必要なお金

退職後に必要なお金は、基本的に働いていたころと大きく変わりません。

  • 家賃 7万
  • 水道光熱費 8000円
  • 通信費 1万5千円
  • 食費 5万
  • 娯楽・交際費 2万円
  • 雑費 2万円

合計183,000円
独身者の1カ月当たりの生活費がおおよそ18万円です。

節約することで切り詰められますが、退職後に必要なお金はほかにもあります。

住民税

会社員の場合は給与から天引きされている住民税。
ですが退職後は住んでいる市区町村から直接請求が来ます。

住民税は前年度の収入をベースに計算されますが、思っている以上に高額です。
納税は一括または4回(6月、8月、10月、1月)に分割できます。

目安ですが年収360万円で住民税は約14万円。
結構な金額ですよね。

国民年金

退職後は次の仕事が見つかるまで国民年金に加入します。
収める金額は1カ月あたり1万6260円(平成28年度)。

支払いが厳しければ免除申請をすることもできます。

健康保険

健康保険は、今の会社の健康保険で任意継続するか、国民健康保険に加入するかを選択できます。

金額は例えば今の会社で、給与から2万円天引きされているとすれば、退職後は4万円支払うことになります。
国民健康保険は前年の所得によって決まりますが、似たような金額です。

なので退職前にどちらが安いか調べておきましょう。

失業給付金について

次の仕事が見つかるまでの経済的支援として、雇用保険の失業給付(正式には基本手当)がありますよね。
退職後の生活費としてあてにしている方も多いはず。

ですが自己都合で退職した場合、ハローワークに離職票を提出してから7日間(待期期間)+3カ月(受給制限期間)かかります。
すぐに貰えるわけではありません。

退職後はお金がかかる

仕事を辞めると想像以上にお金がかかります。
しかも転職が長引けば、貯金が減っていくだけになってしまうのです。

それでも「すぐに仕事を見つければ問題ない」と思うかもしれません。

なので次は、転職活動にかかる期間を紹介します。

転職活動にかかる期間

転職活動にかかる平均的な期間は、3ヶ月~6ヶ月です。

どうでしょうか?
意外と短いなと思いましたか?

ちなみに退職後の転職活動にかかった費用平均は71万円です。
(参考:リクナビNEXT

もし転職活動が長引いたら…もっとお金がかかることになります。

在職中に転職活動を行うべき

収入がゼロになるリスクは、想像以上に大きいものです。

厚生労働省の調査では、転職者の約75%が在職中に転職準備活動を行っています。
また在職中に転職者の約50%が、離職期間なして転職しています。
(参考:厚生労働省「平成27年転職者実態調査の概況」)

この結果を見ても、退職後に転職活動を行う方は少数派だということがわかります。

もし仕事を決めずに辞めるのなら、収入がゼロになるリスクを負ってでも辞めるべきなのかを、よく考えてください。

3回次を決めずに転職した結果

さて次はぼくの実体験です。

1回目の転職は「もっとできる」と勘違いし、次の仕事を決めずに辞めました。
でもなかなか転職先を決めることができず、生活するためにとりあえず就職しています。
その結果職場に馴染めず、精神的にやられてしまい、3ヶ月で退職しました。

2回目の転職は訪問販売です。
この会社も生活のために就職しました。
給与は16万前後+歩合、ここから諸々引かれるので、生活がかなり苦しかったですね。

3回目は職業訓練校に通いました。
2度失敗すると次の仕事も見つけにくくなります。
それにまた「生活のため」で就職すると、失敗する気がしたのです。

ちなみに初めて転職したときすでに結婚していて、子供も2人いました。
なので転職を繰り返す生活は、本当につらかったです。

次の仕事を見つけずに退職すると、失敗したときに人生が狂います。
「辞めなきゃよかった」
そう後悔することがほとんどです。

同じような失敗をしないためにも、ぜひ次の仕事を見つけてから退職してください。

仕事の探し方

在職中の仕事探しは、転職エージェントを利用してください。

転職エージェントは転職に有利なサポートを無料で受けられるサービスです。
転職エージェントがサポートするのは、主に次の6つ。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与交渉

在職中の転職活動で大変なことは、求人探しと面接のセッティングです。
それらを無料でサポートしてくれるので、利用すれば転職をスムーズに進めることができます。

できれば転職を考えている方全員に利用してほしいサービスです。

オススメの転職エージェント

◆リクルートエージェント
国内最大手の総合転職エージェントです。
担当者によって差があると言われますが、利用者からの評価はとても高く、幅広い多くのユーザーから支持されています。
業界や役職に関係なく、転職活動では必ず利用するべきエージェントです。
登録はこちら⇒リクルートエージェント

◆DODA
国内規模No.2の転職エージェントです。
案件数・決定数共に業界最大手の『リクルートエージェント』に匹敵する優良エージェントです。
面接対策や職務経歴書などの転職対策で、圧倒的に高い評価を得ています。
公式サイトはこちら⇒DODA

◆マイナビエージェント
20代からの評判が高い転職エージェントです。
2017年に体制強化を行い、評判が一気に高くなっています。
30代の転職にも力を入れているので、20代でなくとも相談する価値はあります。
公式サイトはこちら⇒マイナビエージェント

最後に

ぼく自身転職で何度も失敗していますから、声を大にして言うことができます。

次の仕事を決めずに退職するのはリスクが高すぎます。
できれば次の仕事を見つけてから退職するべきです。

どうしても退職せざるを得ない場合は、退職した翌日から全力で転職活動を行ってください。
もし生活費に不安があるのなら、職業訓練校を利用する方法もあります。

関連記事:30代は仕事がない?未経験の転職は職業訓練校もおすすめ! - bunoshi

でもやっぱり、次の仕事を決めずに退職することは避けるべきです。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi