読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

仕事が嫌で辞めたくなった時の話

働き方コラム 働き方コラム-仕事の悩み

f:id:ranmaru-24mensou:20160404213749j:plain

働いていれば仕事が嫌になることもあります。誰でも1回は「こんな仕事やってられるか!」と思ったことがあるでしょう。

ぼくも何度もあります。だてに3回も転職していませんからね!

ひどい時は帰りの車の中でずっと泣いていた事もあります。怒りに震えて仕事にならなかったこともありました。

さて、ぼくは仕事が嫌になった時、どんな行動をしたのかお話します。何かの参考になればうれしいです。

 

自分の将来が何となく分かった

サラリーマンをやっていると、昇給テーブルのような給料を計算するための表があったり、役職ごとの手当てが一覧表で見られたりしますよね。

本当は見ちゃいけない物なのかもしれませんが、公開されている会社もあるんですよ。

これね。見てしまうと自分の将来がどうなるのか、嫌ってくらい分かります。分かりすぎてやる気が無くなるんです。

あー、後数年頑張れば給料はこのくらいで、昇進は・・・えーと年収は・・・。

なんて考えながら計算して、あまりの給料の低さに心の底から働くのが嫌になりました。

この時はまだ若かったので、何も考えずに辞めましたね。

もしあなたが20代で、今勤めている会社で自分の将来がはっきり見えてしまったら? それが希望と全然違うものだったとしたら?

転職するでしょ?

ぼくは転職しました。でも40歳になった今、将来が分かったとしてもおそらく我慢します。

我慢しますが、転職と言う選択肢を選ばないだけで、独立する道を探すかもしれません。

 

仕事をやらせてもらえない

今まで働いてきた中で一番きつかったのが、出勤しているのに仕事をやらせてもらえない事です。

「楽でいいじゃん。」

そう思うかもしれませんが、働きに来ているのに仕事がないのはかなりきつい。精神が相当やられます。

毎日帰りの車のなかで泣いていたのはこの時期でした。本当につらかった。

職場に向かうんですが、良くわからない不安に襲われるんです。そして職場が見えると中に入ることが出来ずに通り過ぎてしまう。

何度も何度も職場の前を行ったり来たりして、それでも入れずに近くのコンビニまでいったりして。

登校拒否の学生ってこんな感じなのかな。行かないといけないって分かっているんですが、行くことができない。

最後には我慢できなくて逃げ出しました。転職したんです。

これは仕事が嫌だとはちょっと違いますね。その職場その物が嫌だったんですから。

 

不正を報告したが誰も対応してくれない

よくある経費のごまかしです。いや、よくあっちゃ困るんですが。

金額は数千円。

たかが数千円と思うなかれ、やり方と態度が完全に常習犯だったんですよ。

おそらく月に数万円、それを毎月やっていたんでしょうね。妙にはぶりも良かったですし。

で、正義感の強い、と言うか一生懸命営業をして、商品を売ってやっと出た利益を、こんな奴に盗られているのかと思うと許せなかったので、上司に報告しました。

その結果!

おとがめなし。本当に何もなかった。怒られもしなかったんじゃないかな。

人によっては「他の人にまで影響が出るから何も言うな」とまで言う始末。

え? 他にもやっている人がいるの!?

そう思いましたが、あまりにもずさんで誰もなにもしようとしなかったので、諦めました。

事の時も仕事をするのが嫌になりましたね。

「頑張っても無駄だな。」

そう思いました。人間諦めも肝心です。

 

上司に恵まれない

1人気持ちの悪い上司がいたんですよ。その行動がとても嫌だった。

机に座って仕事をしていれば、後ろに回り込んではパソコンの画面をのぞいてくる。

誰かと話をしていれば、1メートル離れたところで立ちどまって聞き耳を立てる。

席を外せば、机の上をあさって書類を見る。

と、まぁストーカーのような人だったんです。

その上思いつきで指示を出しては、3歩歩くと言ったことを忘れる。

大風呂敷を広げては、神様でも出来ないような内容の仕事をとってくる。

そのくせ、問題を起こしているのは自分だと言う自覚がない。

電話をしていても平気で話しかけてくるし、電話で話をしているから返事も出来ないのに、「おい!何で返事しないんだ!」とバカみたいにでかい声で怒鳴りはじめる。

なかなかいませんよね。ここまでひどい人は。

本当にこの上司が会社にいる時は出勤したくないほどでした。

対処法としてはお勧めできませんが、一度思い切りやり合って、それ以来話しかけてこなくなりました。

良いんだか悪いんだか分かりませんが、結果的に働きやすくなったのは事実です。

 

仕事がいやで辞めてもいい

若いうちは仕事が嫌だ!でも辞めてもいいと思いますよ。

ただ、「嫌だから辞めました」は印象が悪くなるので覚悟しておきましょう。

出来れば少し冷静になって、何が原因なのか考えてみてください。

ちょっと対応をかえるだけで解決出来ることもありますから。

 

どうしても辞めたいのなら、転職サイトやエージェントを利用して転職活動を始めましょう。

 

転職サイトでお勧めなのがピタジョブです。

自分の要望にどのくらいマッチしているかピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面はとても使いやすいです。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていますし、大手転職サービス「type」「DODA」「マイナビエージェント」の求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

しかも! 登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

登録はこちらから⇒【 ピタジョブ

 

転職エージェントでお勧めしたいのはマイナビエージェント です。

就活性の95%以上が登録するといわれていて、学生の知名度は抜群なのですが、転職エージェントとしては、リクルート・インテリジェンスに大きく離されての業界5番手と言ったところ。

5番手と聞くといまいち頼りない気がしますが、ほかのエージェントにはない魅力的な求人が多く、マイナビにしか求人を出さない独占求人も沢山あります。

しかも! 20代~30代の転職に強く、人事担当者とも太いパイプを持っているのです!

 

またリクルート・インテリジェンスと比べると、登録者数は少ないのですが、その分一人一人を大切にし、良い求人を親身なサービスで紹介してもらえることができます。

親身なサービスに触れることで転職活動の不安を払拭できるからか、利用者の満足度はとても高いのです。

関東エリアで転職を考えたら、マイナビを利用しない理由はありません。

登録はこちらから⇒【 マイナビエージェント 】

 

いきなりやめるとドツボにはまります。

ドツボにはまる理由はお金が無くなるからです。

今は転職サイトやエージェント利用することで、辞める前に次の仕事を探すことが、比較的簡単にできます。

利用できるサービスは利用して、嫌な仕事を楽しいものに変えていきましょう。

 

最後に

仕事なんて嫌で面白くないものです。

何しろ就職したい! と思った会社からは相手にされず、この仕事がやりたい! と思って入社しても全然違う部署に配属される。

念願かなって希望した部署に配属されても、「経験を積んでもらう」と言うもっともな名目で、やっぱり興味のない部署や地方に異動させられるのですから。

楽しめ! と言うほうが無理があるのです。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi