読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

転職を繰り返す原因。目的がないから上手くいかない。

転職

転職を繰り返す原因

ぼくは何も考えず「もっともっと出来るはず! もっと評価されるはず!」と言った、根拠のない自信をもって退職した結果、次の職場で上手くいかずに転職を繰り返しました。

関連記事「何も考えず勢いだけで退職。転職を繰り返して感じた良かった事、悪かった事

 当時の事を振り返ってみると、上手く行かなくて当然だったなと思うところも沢山あります。

結局「俺はもっと出来る」と思っていただけで、自分の市場価値を理解していなかったこと。なかなか仕事がみつからず、生活するために取りあえず就職してしまったことが、転職を繰り返す原因でした。

 

自分の市場価値を知る

ホームセンターを辞める時、ぼくの市場価値は相当高いと思っていました。

何しろ、23歳で店長になりましたし、店長になって1年(だったかな?)で新店の出店に関わり、そのまま新店店長になりました。

次に売上が下がり始めた既存店に異動し、1年ちょっとで売上を回復させ。次は地区の売上№1の店の店長になりましたから。

当時の評価がどうだったのか、今更知りたくもありませんが、異動の流れを見ていれば、「あ、俺ってひょっとして期待されてる!?」と思いますよ。

そしてまだ若かった。

だから天狗になって「こんなもんじゃない。俺はもっと出来る」と退職したんです。

そして思い知った自分の市場価値の低さ。

そりゃそうですよね。たかがホームセンターの店長をやっていただけ。売り場の作り方や接客の知識はあっても、そのほかの世界を知らない井の中の蛙同然。

そんな奴が「経理がやりたいです!」と、店長やってましたという経歴を掲げて得意げに言うんですから。

当時の自分に会えるなら、一言だけ言いたい。「うぬぼれるなばか」と。

転職を繰り返してしまうのは、自分の市場価値を把握していないからです。

ぼくが、他のホームセンターで働きたいと言っていれば、苦労せずに仕事が見つかったでしょう。経験が合って若ければ、職種を変えるよりはるかに仕事が見つけやすくなりますから。

でも、他の職種では新入社員同然。余計なプライドと知識がある分新入社員以下です。そう言う意味では自分の売り込み方も間違っていましたね。

転職を成功させ、繰り返さないようにするには、自分のスキルと価値、働きたい会社に対して、何をアピールすべきなのかをきちんと知るべきです。

そう言う意味ではMIIDAS(ミーダス) の市場価値診断は、自分の事を知る意味で、やってみる価値があります。

 

何がやりたいか。を明確にする

ホームセンターを退職してから一貫して、経理をやりたいと考えていました。何度就職に失敗し、退職することがあっても、ここだけは変わらなかった。

その為に職業訓練校にも行き、簿記を勉強して2級までとりました。

そして、その結果税理士事務所に内定をもらい、最後には経理で採用されています。

勘違いの未経験者だったところから、やりたいことだけを追いかけて、最後には希望の仕事についています。

自分が今の会社を退職して、一体何をやりたいのか。

これを考えることはとても大切。

目的も何も無く辞めてしまうと、食べていくのに困って結局適当な仕事に就くことになります。

そうすると、「こんなはずじゃなかった」と言う思いがこみ上げてきて、また退職します。

やりたいことを明確にする。

月並みですが、すごく大切です。

 

どんな会社か、どんな待遇かを調べる

生活に困ってくると、どこでもいい、採用してくれるところでいいから働かせてくれ! と思うようになります。

実際そう思って訪問販売をやりました。

ぼくの経験から言わせてもらえば、「どこでもいいから働かせてくれ」と思った時、採用してくれる会社は、だいたいろくなもんじゃありません。

「誰でもいい」

とまでは考えていないでしょうが、こいつが辞めてもまたすぐ次が来る。くらいの感覚で人を採用しているところが多いです。

仕事を探している方も「どこでもいい」と考えていますし、採用する側も「誰でもいい」と考えています。

当然、採用されますが、仕事が極端にきつかったり、求人票の内容と実際の契約内容が違うことも良くある話。

面接を受けに行くんですから、そこがどんな会社でそんな待遇なのかは事前に調べましょう。

キャリコネ転職サービス は転職先の企業に関する口コミ情報が集まっている、ちょっと面白いサービス。

会員登録が必要ですが、普通に調べても分からない、リアルな情報を知ることができます。

きちんと調べておけば、妙な会社に引っかかって、また退職するようなことは無くなるはず。

事前に調べるなんて当たり前なんですけどね。当たり前の事を当たり前にやるのって、意外と大変なんです。

 

行き当たりばったりの転職は上手くいかない

行き当たりばったりで退職したり、就職したりしていては、上手くいくものも行かなくなります。

結局、辞めるにしても働くにしても目的がないから上手くいかないんです。

だからこそ、自分が何をやりたいのか、自分の長所は、得意なことはなんなのか。自分の事をキチンと知り、自分の価値を客観的に把握しておくことはとても大切です。

勘違いに勘違いを重ねて、失敗ばかり繰り返しましたから、その大切さは身にしみて分かっています。

短期間での転職を繰り返し過ぎると、今度は転職の回数が原因で仕事を見つけにくくなりますよ。

何のために転職するのか。

目的をきちんと持っているかいないかで、その結果は天と地ほどの差が出てしまいます。

 

希望のすべてを満たす職場はない。譲れないものを一つ決めてから転職しよう

給料は高く、残業なしで、休日は多く土日休みが良い。

いざ転職活動を始めると、できるだけ多くの希望をかなえようとしてしまいます。

面接を受けるときに希望を聞かれると、ダメもとで「給料は今より高く」「残業は少ないほうがいいです」などと、とてもかないそうもない要求をする人がいます。

はっきり言って、すべての希望を満たしてくれる職場はありません。

何かしら不満はあるものだと思ってください。

 

転職を繰り返さないためには、自分のなかでぜったに譲れないことを決めておきましょう。

例えば、

  • 給料だけは前職より多くする
  • 休日だけは前職より多くする
  • やりたい仕事に就く

といったものです。

全てを満たそうとすると、またすぐに不満が生まれ転職しようかなと考えてしまいます。

そうして転職を繰り返しているうちに、採用してくれる会社がなくなっていくのです。

 

譲れないことを1つだけ決めておく。

 

転職を繰り返さないために、とても大切なことです。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi