読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

「何のために働くのか」と思った時にお勧めの本 「仕事は楽しいかね?」

雑記

仕事がいやになり、何のために働いているのか分からなくなった。

毎日同じことの繰り返し、同じ時間に出勤して同じ仕事をして、何が楽しいんだろう。

働きたくて働いているんじゃない、生活の為に働いているんだ。

などなど。

そんな変化の無い毎日の中で、目標を見失った時にぜひ読んでほしい本があります。

 

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?

 

 

仕事は楽しいかね?と言う質問から始まる物語

頑張っても頑張っても全然報われない、就職してから15年、一生懸命働いてきたが、その結果自分が成長出来たかどうかさえも分からない。

これから先もこんな生活を繰り返していくのか。

今は「まだ仕事がある」と思えるだけましかもしれない。

定年になり退職したら次はこう思うだろう「まだ死んでいない」と。

そんな、人生は退屈な事の繰り返し、何を頑張ればいいのか解らないし、今の会社で頑張ろうと思っても、自分の権限じゃ大したことができないと思っているあなたがこの本の主人公です。

そんな主人公に、大企業の経営者がアドバイスを求めると言う大富豪、マックスエルモアが、「仕事は楽しいかね?」と尋ねることから、この本の物語は始まります。

もしここで、「仕事なんか楽しくもなんともない。大体生活をするため意外に働く理由なんてないだろ」と思うのなら、ぜひ本書を読んでほしい。

きっと、あなたの世界を変えるヒントがこの本には書いてあります。

 

試してみることに失敗はない

この本で大切なことは3つあります。

・明日は今日と違う自分になる

・試してみることに失敗はない

・あるべき状態よりも良くある事

この中の試してみることに失敗はない、は第3章で書かれていますが、そのページ数何と1ページ。

短すぎて何の事だか全く分かりませんし、この言葉を聞いてドキドキする人もいないでしょう。

「仕事はたのしいかね?」では1冊を通じて「試してみることに失敗はない」ことを説明しています。

それもかなり詳しく、すごく丁寧に。

本のタイトルが「試してみることに失敗はない」でも良かったんじゃないかと思えるくらい、大切な言葉です。

 

試してみることで10回中1回の成功が、10回中2回の成功になる!

この本を最後まで読んで、きちんと理解すれば、成功できる確率が上がります。

もちろん前提条件として、勤勉であること、努力家である事が必要。

それをクリアしたうえで、10回試してみれば2回は成功するようになれるんです。

どうですか?

買って読んでみようと思いますか?

おそらく、誰も買おうとは思わないでしょう。

10回中2回じゃ、何の魅力もない。どうせ買うなら必ず成功する方法が知りたいと、そう思う人がほとんどだと思います。

色々な本屋で売られている成功の為の秘訣や、自己啓発書には、大体似たようなことが書かれていますよね。

その本を読めば、目標を立ててそれに向かって努力すること。とか、成功した人を模範とすること。なんてことが書かれています。

ぼくも自己啓発の本は大好きなので、何冊も買って読みました。ただ、実際役に立った本があったかと言うと疑問が残ります。

でも「仕事は楽しいかね?」では成功するための秘訣を教えてくれません。

変わりに10回のうち2回は成功できるかもしれない、やり方を教えてくれます。

それが、「試してみることに失敗はない」なんですが、これが非常に役に立つ内容なんです。

 

今あるアイディアを組み合わせて、より良いものにする

試してみることに失敗はない、と言うのはある意味真実です。

失敗は諦めない限り失敗じゃない。と言った人もいます。

好奇心を持って色々なことを試してみると、確かに毎日楽しくなりますし、色々試しているうちの1つや2つは結果が出るものです。

この試してみることと並行して考えてほしいのが、「今あるアイディアを組み合わせて、より良いものにする」というもの。

「より良いものにする」と言うのがポイント。

そして、ものすごく大切なヒントでもあります。

ぼくの解釈では人の真似でも良いと言うこと考えています。

ただ、同じようにやるんじゃなくて、そこに自分のアイディアをプラスして、今あるものよりも良いものにすればいいと言うこと。

「新しいアイディアとは、新しい場所に置かれた古いアイディア何だ」

と、本の中でも言っていますが、言い方を変えれば、古いアイディアに古いアイディアを足せば、新しいアイディアにもなるってこと。

人がすでにやっていることに、自分のアイディアをプラスすれば、それは新しいアイディアになるってこと。

この考え方が伝わるかな?

 

シンプルな考え方だけど効果的

試してみることに失敗はない。

今よりもより良いものにしていく。

この二つが組み合わされば、自分が何を考えて、どう行動すればいいのかが解ってきます。

本書では、アイディアの考え方も紹介されているので、やるべきことに迷うことはないでしょう。

試してみることに喜びを感じるようになれば、自然と仕事が面白くなってきます。

今日は昨日と違う自分になる。

試してみることに失敗はない。

今よりもより良いものにしていく。

キーワードはこの二つです。

何のために働いているんだろうと思ったら、ぜひ読んでみてください。

 

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?

 

 


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi