bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

転職の面接で会社を休むときの言い訳

f:id:ranmaru-24mensou:20170412142132j:plain

在職中に転職活動をしていて困るのが、面接の日にどうやって休もうかと言うこと。

常に自分の都合の良い日に面接を入れられるとは限りませんし、仕事が忙しかったり人が少なかったりで、休むことをためらうこともありますよね。

もし休むとしても「転職活動中」だということが会社にバレたら大変。「お前仕事辞めるのか」と上司から突っ込みが入ってしまっては目も当てられません。

在職中の面接日、あなたならどうやって休みますか?

 

 

有休休暇を取得する

良く考えてみれば面接の日は事前に決まっていますから、ストレートに「有休をください」と伝え休むのが一番ですよね。

会社によっては上司から詳細を聞かれることもあるかもしれませんが「私事都合」や「私用」とでも答えておけば大丈夫。

あまりにもしつこく聞かれたら「ガス管の工事」「水道の検針で立ち合いを求められた」とでも言っておけばいいでしょう。

 

体調不良で休む

有休がとりづらければ当日体調不良で休むのもありです。

ぼくは気が弱いので仮病で休むと翌日仕事に行きづらくなるのですよね。そもそも元気だし、1日で体調が治るとも思えませんし。「本当に体調が悪かったの」と言われそうな気がしませんか?

あまりお勧めしませんが、体調不良は休みやすいいいわけではあります。

後々のことを考えると1日で元気になるのも怪しいですから、3日くらい休んでも良いかもしれませんよ。

 

通院(歯医者)する早退・遅刻する

歯医者を理由にして早退するのも良いですね。ぼくはこの言い訳の方が体調不良より使いやすい気がします。

理由は簡単で、1回の治療で治ることがほとんどないからです。転職も1回の面接で決まることはほとんどありませんよね。それに、月に何回かは面接を受けるはずです。

歯医者に通院しますと1回伝えれば、3・4回は「歯医者」で早退出来そうです。

ちなみに…本当に歯医者に通っていたのに4回目で「また行くのか!」と上司に叱られたことがあります。そういう上司もいるので使いすぎには注意してください。

 

家族・家庭の事情

女性で結婚しているなら「子供が熱を出した」とか良いかもしれません。普通に働いていても職場に保育園や幼稚園、小学校から電話がかかってくることがありますし、まさか面接を受けに行っているとは誰も思わないはずです。

男性の場合は「親の通院」が良いですね。同居しているか近所に親がいる必要がありますが、早退や遅刻をしやすい理由です。

それ以外に「親が交通事故に遭ったので、立ち合いと警察に付き合う必要がある」でも休めます。ぼくは本当に親が交通事故に遭って警察と立ち合いで休んだことがあります。その後2か月は親の通院に付き添うためちょくちょく休みをもらいました。

上司としても家庭や家族の都合は咎めにくいものです。

 

営業なら外回り中に受けられるかも

かなり危険ですが営業なら外回り中に面接を受けることもできます。外回りのスケジュールを自分で組めるからこそできる技です。

バレたら最悪ですけどね。「飛込みで営業をしましたがダメでした」とでも言い訳すれば業種によってはバレないかも。

ぼくには怖くてできません。

 

おすすめの言い訳

面接で休みをもらうときのおすすめの言い訳は「歯医者」です。

次が「有休休暇」そして「親の通院」ですね。

有給休暇は1日だけ休むのであれば有効ですが、1月に2回も3回も有休を取得していたらきっと怪しまれるか、陰で文句を言われます。

その点「歯医者」なら週1回は通院することが多く、完治まで日数がかかるので休みやすい気がします。

「親の通院」も同じ意味合いで使いやすそうですが、「親」が絡むことでひょんなことからバレるしまうかもしれません。

どの言い訳を使うとしても、自己責任でお願いします。

 

応募先の会社に相談する

面接日を決める際に、応募先の会社に土日や定時後に出来ないか相談することも大切。自分の都合だけを押し付けてはダメですが、お互いに都合の良い日に設定できるよう話をしてみてください。

意外と融通が利くかもしれませんよ。

 

転職エージェントを利用しよう

転職エージェントは、そんな煩わしい面接のスケジュール管理もやってくれます。

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など転職に関わるほぼすべてのことをサポートしてくれますから、相談しても良いかもしれませんね。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、迷っている方には選択肢が広がって嬉しいですよね。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

<関連記事>

※「働き方はライフスタイルで選ぼう。派遣社員と正社員、パート・アルバイト、契約社員の違い

※「仕事を辞めていい人・悪い人

※「何も考えず勢いだけで退職。転職を繰り返して感じた良かった事、悪かった事。 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi