読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

記事がインデックスされるまでの時間。インデックスされたか確認する方法

ブログ運営 ブログ運営-コラム

あまりに差があって唖然とした。

たまたまかもしれないけど、やっぱりインデックスは、早ければ早いほどありがたいもの。

記事を更新して数時間でインデックスされれば、その分アクセスも集めやすくなりますよね。

 

インデックスとは

ブログ記事が検索結果に表示されることを言います。

でも、このインデックスされるまでの時間はブログによって違うんですよ。これが意外というか、かなり曲者。

長ければ数日はインデックスされないこともあります。

 

インデックスされたか確認する方法

インデックスされているのか確認したいページのURLの前に「site:」をつけて検索すればOK。

ちなみに、bunoshiでさっき「ボーナス直後は転職する人が急増」と言う記事を後悔しました。

この記事のURLに「site:」をつけて検索すると。

f:id:ranmaru-24mensou:20160507140325j:plain

公開後数時間でインデックスされています。

めちゃくちゃ早い!

たまたまかもしれませんが、これはかなり嬉しいですよ!

こっちはほぼ同時刻に後悔した別のブログの記事。

f:id:ranmaru-24mensou:20160507140601j:plain

インデックスされていないとこんな表示がでます。

ちなみにWordpressで作ったブログで、運営期間は1カ月経つか経たないかくらい。

インデックスされるまでの日数を確認してみたら、公開してから約3日でやっとインデックスされるかどうかと言ったところでした。

うーん。このブログと比べると極端に遅いな。

 

 インデックスを催促する方法

www.google.com

上のリンクに飛んで、インデックスしてほしいページのURLを送信すれば、Googleに催促することができます。

もちろん、すぐ来てくれるとは限らないし、催促しても数日かかることもあります。

でも気分的に違いますよね。

「いつインデックスされるんだろう」

と、気にしているより、催促して「これで近いうちに来てくれる」と思えた方が安心できます。

 

さいごに

インデックスが早いと色々と得なんです。

例えばトレンドキーワードを狙った場合。数時間でインデックスされるなら、速報が狙えるんですよ。

つまり、どこよりも早く記事を公開することができるから、その分アクセスを多く集められるってこと。

ちょっと試してみたくなった。やってみようかな。

 

 


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi