bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

人気上昇中!?Uターン就職、Iターン転職が増加中

人気上昇中!?Uターン就職、Iターン転職が増加中

東京・大阪など大都市に進学した学生の半数は、地元に戻って就職するといいます。
騒がしい都会ではなく、静かで落ち着いた田舎で生活したいという思いは、少しずつ広がりを見せています。

一度都会で生活し、地方に移動して就職することをつぎの3つで言い表します。

  • Uターン
  • Iターン
  • Jターン

地方が人気になるは嬉しい限りですが、都会とのギャップや、企業と就職希望者との気持ちのすれ違いから、離職率が高い現状もあるようです。

この記事ではそれぞれのメリット・デメリットについて紹介しています。
「田舎で生活したい」と考えている方の、参考になれば嬉しいです。

Uターン・Iターン・Jターンとは

これらの言葉は人が移動する動きを、アルファベットに当てはめて表現しています。

Uターンとは

地方に住む人が大都市に進学し、地方に戻ることをいいます。
新卒が就職の為、地方に戻ればUターン就職。
地方から都会に進学し、一度都会で採用された人が地方の企業に転職すれば、Uターン転職といわれます。

地方から都会に出て田舎に戻る。この流れを線で結ぶとUのように見えるからUターンと言います。

Iターンとは

都市部で生まれ育ち一度就職した後に、地方へ転職することをいいます。
転職か就職かで「Iターン転職」「Iターン就職」と使い分けていますが、都会育ちの人が地方で就職することです。

大都市から地方を結ぶ線が、Iに見えるからIターンと呼ぶのでしょう。

Jターンとは

地方に住む人が大都市に進学し、故郷とは全く別の地方で就職することをいいます。

地元に戻らず、都会を経由してほかの地方に行くことから、Jターンと呼ばれるようです。

地方の人気が上がっている

地方で生活したいと考える方が増えているのは、都市部での生活に疲れたからかもしれません。

地方であれば夜は静かですし、出勤ラッシュも都会ほどではない。
近所付き合いや町内会など、人間関係も温かい。

そんなイメージを抱いているようです。
旅行で1度訪れただけの地方に、就職を決める方もいるそうですから驚きますよね。

都会で働いた感想

仕事の面だけを考えるのなら、断然都会の方が働きやすいといえます。
たとえば東京で働くメリットは次の3つ

  • 交通の便が良い
  • 都会が拠点の企業も多い
  • 国内交通網は東京を中心に広がっている

東京は日本の中心として発展していますから、仕事は本当に進めやすい。

ですが人が多くラッシュがキツイなどのデメリットもあります。

働くなら東京。
住むなら田舎。

これがベストかもしれません。

地方で生活するメリット・デメリット

地方で生活するメリットとデメリットを紹介します。

生活するメリット

地方で生活するメリットは次の4つ。

  • 家賃が安い
  • 物価が安い
  • 人間関係が濃い
  • 空気が綺麗

人間関係が温かく、人が少ないことはあっても多すぎることはない。
近所付き合いもあるので、隣に誰が住んでいるのか分からない、ということもありません。

野菜や果物などのお裾分けもありますし、新鮮でおいしい食べ物が沢山あります。

ほのぼのとした雰囲気があることが、生活する上でのメリットでしょうか。

では働く上のメリットはどのようなものがあるのでしょう。

仕事上のメリット

地方で働くメリットは、残念ながらありません。
なぜなら仕事としては「都会」も「地方」も同じだからです。

しいていうなら、住居や就職先のあっせん・サポートを受けられる自治体があることでしょうか。
ただ行っている自治体は少ないため、メリットと言えないかもしれません。

生活するデメリット

地方で生活するデメリットはつぎの3つ。

  • 交通網が発達していない
  • 車がないと移動できない
  • ご近所付き合いが面倒くさい
  • 給与が安い

地方には都会のような交通網がありません。
電車が1時間に1本しか来ない駅もあります。

そのため車がないと移動できません。
就職するにも「普通自動車免許」は必須。
通勤も車が当たり前です。

温かいと思えるご近所付き合いも、結構面倒くさいものです。

また物価や家賃が安い分、給与も安くなります。

仕事上のデメリット

地方で働くデメリットは、次の2つ。

  • 移動が大変
  • 給与がやすい

地方から県外の取引先へ行くのは、思っている以上に大変です。
一度都市部に出ないと移動できないこともあり、思いのほか時間が掛かります。

また先ほども書きましたが、都会と比べて給与が安いこともデメリットでしょう。

地方に就職すると運動不足になりやすい

都会と違い地方は車社会が多く、一人一台車を持っています。
しかも移動はほとんど車で行い、歩くことがありません。

田舎の人が歩かず車を利用するのには次の理由があります。

  • 「車も買えない」と思われるのが嫌
  • 歩くと「不審者」扱いされる

車を使いすぎて運動不足になりやすいのも、田舎の特徴です。

地方での就職希望者と企業とのギャップ

最近問題になっているのが、地方への就職希望者と地方にある企業との意識の違いです。

地方への就職を希望する方は「その土地に住むこと」を目的としています。
そして中には「就職先はどこでもいい」と考えている方も多いのです。

地方の企業としては、「地元に住みたい」と言ってくれる人に好感を持ちますよね。
するとトントン拍子に話が進み、就職が決まるのです。

そして地方への就職を希望した方は、働きだしてからこう考えます。
「こんなはずじゃなかった」と。

なかには短期間で辞めてしまう方もいるようです。

地方だから仕事が楽なわけではない

問題なのは「地方で就職すれば悠々自適な生活が送れる」と、勘違いしていることです。

先ほど仕事上のメリットでも書きましたが、働くことに「都会」と「地方」の差はありません。
地方の企業に次のようなイメージを持つことは、大きな間違いです。

  • 残業が少ない
  • 仕事が楽
  • 休みが多い

むしろ地方の企業は「ブラック」と言われる企業が多い傾向もあります。
その理由は次の2つ。

  • 濃い人間関係
  • 外からの刺激が少ない

そのため間違った体質でも改善されることがほとんどありません。
地方特有の濃い人間関係からくる「ブラックな体質」もあるので、注意が必要です。

地方の仕事を探すには

地方で仕事を探すなら、リクルートエージェントがオススメです。

求人数が業界最多と言われるほど多く、非公開求人も多数持っています。

地方でも転職実績も多いので、登録しておきたいエージェントのひとつです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

最後に

地方は都心部よりもはるかに早いスピードで少子高齢化が進み、子供の数も減っています。
学校の統合も当たり前のように行われているのが現状です。

なので地方に戻って就職する人が増えるのは、とても嬉しいことです。

地方には地方なりの良いところがあり、都会とは違う住みやすさがあります。

最近では都市部に行く手段も増え、2,3時間あれば東京や大阪に行くこともできます。
都市部のベットタウンとして開かれている町もできてきました。

今は好きな地方で好きな仕事ができますから、IターンUターン希望者が増えるのも当然の流れかもしれません。

ですが「地方だから楽」だという幻想は持たないことです。
仕事をする上で地方も都会も関係ありません。

「楽をしたいから地方へ」と考えるのなら、都会にいた方が「楽」ですよ。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi