読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

会社の辞めかた。会社を退職するには

転職

会社の辞めかた

何らかの理由で今の会社を辞めようと考えた時、気になるのが会社の辞め方じゃないでしょうか。

ぼくは何回か転職し、その回数だけ会社を退職しています。円満退職もあれば会社の悪口を言って、グダグダで退職したこともあります。

この記事にはそんな実体験をふまえ、スムーズに会社を退職する方法を紹介していきます。

 

辞める前にもう一度理由を考える

ぼくが転職を繰り返した理由は、初めて退職するときに、後先考えず勢いだけで辞めたからです。「俺はもっと出来る!」そう思っていました。

この記事を読んでいるあなたも、会社を辞めたいと考えているはずです。だからこそ辞める前にもう一度、何故辞めたいのかを考えてください。

辞めたい理由は人間関係の悩みでしょうか?

待遇が悪いからでしょうか? 

給料が安いからでしょうか?

 

その悩みは

自力で解決できますか? 

相談すれば解決できますか? 

時間がたてば解決できますか? 

 

順を追って考え、もし辞めなくても解決出来るのなら、今辞める必要はありません。「考えたけでやっぱりやめる!」そう思うのならせめて次の職場を決めてから辞めましょう。

次の仕事が決まるまでおおむね3カ月~6か月はかかります。

会社都合なら失業手当がすぐに給付されますが、自己都合の場合、退職してから3カ月経たないと給付されません。

就職が決まったとしても、最初の給料がもらえるまで1か月はかかります。

と言うことは最低でも4カ月、出来れば1年は収入が無くても生活できるように準備しておく必要があります。

もし勢いだけで辞めれば、最悪の場合食べることに困る可能性もあるんです。短期間で転職を繰り返せば、失業保険も給付されなくなりますから。

辞める前にその理由をしっかりと考え、辞めるとしても準備をきちんとすること。

自分自身を守るためにも、養っている家族を守るためにも、必ず深く考えてください。

勢いだけで辞めるのは絶対に避けること。もし失敗したら、後は落ちていくだけです。

 

申し出るのは2カ月以上前

退職を決意してからまず気になるのは、いつ上司に話をすれば良いのか。いつ退職願いを提出すればいいのか。ですよね。

「辞めさせてください」と言うだけでもかなり緊張するものです。

円満退職をするには、辞める日の2カ月以上前には上司に話すようにしましょう。

これは会社側が後任をきめたり、引き継ぎをする時間を確保するためです。

実際には退職規定は「希望日の1カ月前」が多いですし、民法では「退職の意思表示をしてから2週間経過で労働契約を解除できる」事になっています。

なので辞めようと思えば最短2週間で辞められます。

後の事なんてどうでもよければ、会社の事は考えず自分の都合だけで辞めても良いでしょう。

でも実際は「巡り巡ってまた仕事で付き合うことになった」と言うのはよくある話です。

それならもめて辞めるよりは円満退職が望ましいのは、当たり前ですよね。

退職願いは辞める日の2カ月以上前、最低でも1カ月前には上司に申し出ましょう。

 

会社への不満を退職理由にしない

円満退職をしたいのなら、会社への不満を退職理由にしないのは当たり前の事。

もう辞めるのにわざわざ悪口をぶちまけて、関係を悪化させる必要はありません。

ぼくは1度だけ不満を退職理由にした事があります。

退職理由を上司、と言うか社長に話すのに、会社の問題点と待遇の悪さを取り上げて「辞めます」と言ったんです。

その結果一度は「わかった、改善するから」と言われましたが、結局改善されることは無く。2回目の申し出で前株と後株を間違えて書き、ケンカ別れしました。

それはもう後味は悪いし、なにかすっきりしない感じはするしで最悪でしたね。

もちろん言われた側も「なんであんな奴雇ったんだろう」と思うことでしょう。

お互いに何のメリットも無いのが、「会社の不満を退職理由にすること」です。

嘘をつく必要はありませんが、円満退職したいのなら別の理由を考えましょう。

 

「どうしてもやりたい事がある」とか「経験を積むために新たな職場にうつりたい」「自分の可能性をもっと広げたい」など、自分の成長を退職理由にすると、どちらにも角が立たず理想的かもしれません。

 

退職願いは直属の上司に渡すこと

退職願は直属の上司に渡す。これも当然の事です。

「上司に話すのが怖い」とかいろいろな理由で、直属の上司ではなく他部署の上司に渡したり、課長をとばして部長に提出したり。

でもそれはやってはいけません。

上司としても、部下の退職を他の部署の人から聞いたり、いきなり上司から話されては管理能力を疑われてしまいます。

会社の流れとしては、実際に退職願いを上司に提出してから、さらに上の部署に打ち上げをして、「後任をどうするか」「有給の消化」や「退職時期」と言った内容を話し合い、退職日が決定されます。

それに退職願いを提出した後も、引き継ぎや残りの仕事をするために出社しますし、ひょっとすると退職した後も、何かの縁で付き合いが始まるかもしれません。

何度も書きますが、辞めるのにわざわざもめる必要はありません。

退職願いは直属の上司に提出しましょう。

また初めて退職の意思を示したとき、上司が退職願を受け取らないこともあります。

これは、退職願を受け取ってしまうと退職することを認めた事になるからです。

上司としても会社と相談して「後任」や「退職日」「有給残の扱い」などを決める必要があります。

なので、2カ月前には退職の意思を示し、1月半前に退職願を提出すれば良いでしょう。

 

引き継ぎの手を抜かない

退職が決まると誰でも気が緩むもの。退職すればその会社とは関係が無くなるんですから。

後任がきちんとやるかどうかは正直どうでも良い、と言う気持ちがわいてきます。

それに引き継ぎが上手くいかなくても、分からなければ分からないなりに何とかするものです。

とは言え手を抜くのは問題があります。

引き継ぎさえきちんとできない人が、新しい職場で上手くやっていけるとはとても思えません。

また、周りから見れば手を抜いているかどうかは分かります。

「あいつ、退職するからって適当に仕事してるんだぜ」

なんて噂話も飛び出します。

これだとあなた自身の評価も下がりますし、何より後任の方が大変になりますよね。それに大人として、社会人としての責任もあります。

退職するのにわざわざ跡を濁す必要も無いはずです。

最後まで手を抜かずにきちんと仕事をする。責任ある社会人なら当たり前の事です。

 

勢いでの退職は失敗する

最後にもう一度書きます。

後先考えず勢いだけで退職すると、必ず失敗します。

冷静になって考えてください。民法では「退職の意思を示した2週間後に、労働契約を解除できる」となっています。つまり辞めようと思えばいつでも辞められるんです。

それなら「辞めてやる!」と辞表を叩きつけて辞める必要はありませんよね。少なくとも1日2日は、頭を冷やす時間をとっても良いはずです。

 

転職の目的が「悩みの解決」にしろ「キャリアアップ」にしろ、勢いだけの退職はぼくの経験からお勧めできません。失敗するのが目に見えているからです。

今は転職サイトや転職エージェントと言った、在職中に仕事を探す手段が沢山あります。それらのサービスを利用してみても良いでしょう。

失敗しないためにも、勢いだけで辞めることだけは絶対に避けてください。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi