bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

営業がつらい理由は理不尽な調整係をやらされるから

営業が辛い理由は理不尽な調整係

営業つらい理由は、理不尽なことでも我慢して対応し、社内と社外両方の調整を行うからです。

もう営業経験10年になりますが、何年やってもなれることはありません。
営業の仕事自体は、会社の最前線に立つこともあり、とてもやりがいがあります。

ですがどうしても「調整」を取ることがつらい。

多分この辛さがあるから、営業は嫌だと考える人が多いのでしょう。
営業がつらいのは「取引先と社内の調整係」だからです。

この記事ではぼくが体験した「理不尽な調整」を紹介sします。

理不尽な対応もお詫びするのは営業

営業として働いていると、理不尽な出来事に必ず遭遇します。
これを避ける方法は、無いかもしれません。

やると言ったのにやっていない

製品に不具合が発生したため、お客様に報告をしました。
対応も相談させていただき、AからD まで終わらせて仮納品することで合意を得ます。

納期まで時間もないので、合意した内容をすぐさま社内に展開。
現場からも、納品日の朝までにAからDを終わらせることで了解を得ました。

もちろん2日前にも進捗を確認。
間違いなくAからDを終わらせる、ことを確認しています。

そして納品前日の日曜日。

商品を持ち込むために、会社に取りに行くと…Aしかやってありません。
ふと見ると、商品の上にこんなメモ書きが…。

「時間がなかったのでAだけやりました。後はお願いします。」

慌てて担当者に連絡を入れても、電話に出ません。
その後管理職に連絡を入れますが、作業員がつかまらず、どうにもできない事態に。

結局出来損ないの商品を持ち込み、平謝りで許していただきました。

お客様を訪問する前の晩は、約束を守れなかった罪悪感と、お客様の怒りが怖くて眠れません。
不具合を起したうえに、その後の約束まで破ってしまったのですから…。

明らかに現場に非があっても、お詫びするのは営業の仕事です。
これかなりつらいですよ。

問題が起きたときの社内調整

商品に問題が起きても、誰もフォローしてくれません。
多くの場合営業が、原因追求と対策の検討、始末書報告書の作成、再製作の手配まで行います。
そして、お客様へのお詫びと報告も当然営業の仕事です。

この時つらいのは、次のようなことを言われるからです。

  • 聞いていなかった
  • そんな事は知らない
  • 外注に責任をとらせろ

商品に問題が発生した場合、一番の被害者はお客様です。
ですが自社内で責任を擦り付け合い、先に進まないことがかなり頻繁にあります。

対応するには現場をなだめ、おだて、お願いしないといけない。

これが本当につらい。
人格が卑屈になっていくようで、なんとも言えない苛立ちを感じます。

上司のしりぬぐい

ありえないことですが、問題が起こると逃げる上司がいます。

その逃げっぷりは見事なもので、

  • ほとぼりが冷めるまで行かない
  • 電話には絶対に出ない
  • 取り次がないよう社内に指示をだす
  • 何も教えずに部下を行かせる

お客様から上司を出すように怒鳴られたこともあります。

慌てて上司を探しますが…。
危険を察知したのか、あっという間にどこかに行ってしまいます。

何も知らずに客先に行かされ、「何も知らずになんで来た!」と怒られたこともあります。

きちんとした会社ではありえないことですが…。

最後に

営業は会社の最前線で仕事ができる、唯一の仕事です。
業界の情報にも詳しくなりますし、人脈を築くこともできます。

ただし理不尽なことが多いのも事実。
訪問販売を行っていたときは、玄関で挨拶をしただけで、

  • 塩をまかれる
  • 警察を呼ぶといわれる
  • クサイと罵られる
  • 突然怒られる

と言ったことを、されたことがあります。

でも営業として働いていると、「受注」から「売上の回収」まで経験できるので、すごく勉強になります。
人との接し方も、自然と上手になるものです。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi